2012.10.30 [Tue] 生きてる!!(何回目?)

詳しくはサイトトップの更新履歴をご参照いただきたいところですが、
「サイキックフォース2012」がNESiCA×Liveで配信決定されたそうです。

やったー!!!!!!

ソフトが遊べる家庭用ゲーム機器は古くなり、アーケード基板も次々壊れていく中、
今度どうやって次につなげていけばいいのかと
不安に思っていたファンの方も多かったことでしょうが、
これで何とかサイキックフォースの歴史が潰えずに済みますね。

この企画を押し出すのにも相当な苦労があったであろうと想像します。
そして2012年に実行しないと、もう次は無かっただろうしなあ。
タイトーさんの中の人たちには感謝するばかりです。

続報や実際に自分自身がプレイした感想等も
また随時掲載していけたらな、と思っています。

2012年も終盤を迎えつつありますが、個人的には生涯現役ジャンルですので、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

▲上に戻る

2012.1.21 [Sat] あけまして2012年。

遅いよ!!

というか、本格的にTwitterに書き込む回数のほうが多くなってしまっていて
日記の更新頻度が非常に下がっておりますな。

今年はまた「サイキックフォース」について発言することも多くなるでしょうし、
音ゲーアカウントでそれを垂れ流しにするのも何だかな、と思ったので
別のアカウントを取得してみました。

上にブログパーツを掲載しましたので、javascriptがONになっていれば
何か表示されているはずです。多分……。

さて、本日はUstream配信番組で「2012」の楽曲が取り上げられるそうなので
そのご紹介をひとつ。

======

USTREAM: ゲームミュージックナイト 〜[H.] VS ZUNTATA〜

■2012年で結成10周年となるセガサウンドユニット[H.]と、結成25周年となるタイトーサウンドチームZUNTATAの合同USTREAM番組『ゲームミュージックナイト 〜[H.] VS ZUNTATA〜』が、2012年1月21日[土]午後10時より放送決定!!

======

……だそうです。動画の短縮URLは http://t.co/yjdxGdZM です。

今夜はこれを見ながらTwitterを眺めております。
きっとサイキックフォース好きの方々も集まっていると思うんだ〜。

▲上に戻る

2011.12.19 [Mon] あと2週間で2012年、到来。

うわあー。マジですかー。焦るわー。
というわけで生きております。

久しぶりのサイト更新も毎度おなじみのコミックマーケットのサークル情報です。
あと2010年にも開催してくださったプチオンリー主催者様方が
2012年での企画も進行中とのことでしたので、そちらへのリンクも張らせていただきました。

相変わらずjubeatばっかりやっていますが、2012年は最後のハジケ時だと思うので、
いい加減本当に部屋の掃除をして、もうちょっとサイトを形にしたいですね。
これも毎度のことなのですけど、昔の自分が打ったHTMLソースが汚すぎて腹が立つ。

去る12月17日は「ダライアスバースト アナザークロニクル(以下DBAC)」の稼動1周年記念日だったので
本州のゲームセンターではイベントが行われ、Twitterでも賑わっていましたね。

その様子を拝見していて思ったことは、
やはり新作が出て、継続して遊べる環境が存在するのは重要だな、ということでした。
親子二代で「ダライアス」ファン、という方もいらっしゃるそうで。
新規プレイヤーと古参プレイヤーが一体となって盛り上がっている様子は羨ましい限りでした。

ちなみに好んで使っているのは追加機体だった2ndシルバーホークです。
世代的にも性能的にもこれが一番しっくり来るので。
でも、もしかしてまたニッチなところに落ち着いているのか……。

ぼっちプレイなのでもちろん2P席です。青い。
そして別に上手くない。1コインクリアなんて出来ません。

思い入れがあるのは「外伝」ですが、何だか使いにくかったし、
PSP版「ダライアスバースト」を遊ばせてもらったときに
バーストカウンターのタイミングが全く判らず、撃沈しまくったので
“「DBAC」の機体”には手が出しづらいのでした。

2010年の「サイキックフォース」はそのまま「サイキックフォース」でしたが、
2012年の「サイキックフォース2012」はタイトルに年号が入っていることもあり、
思い出してくれる人も普段より多くなることは確実だと思うので
公式側から何かアクションを起こしていただくなら、この年しかないと思うのですけどね。

しつこいですけど、別に続編・新作とまでは申しませんので
現行機でまともに遊べる移植作が欲しいです。

そういや2010年は「サイバーダイバー」や「ミュージックガンガン」に
BGMが収録されたのでしたっけね。
前者は当方の遊びに行ける範囲からは撤去されてしまったので、
また同様の企画が持ち上がったら、札幌まで出なくてはいけないのではないか、とか。

ここで予想の斜め上をすっ飛ばして「DBAC」にBGM収録とかされないですかね。
無理ですか、そうですか。

じゃあ、「サイキックフォース」関連の単語をもじった新しい星系を追加とかどうですか。
クイキッサ星系。スーキエリア、ンーバエリア、ォウンエリア。

……み、苗字を使うといいと思うよ!

▲上に戻る

2011.9.25 [Sun] jubeat copious稼働中。

生きてる!!

日記が放置状態で誠に申し訳ございません。
毎日jubeat、jubeatで何がなにやら。

本日、緑エクセ埋めが完了したので画像アップとか。
今回の新曲の緑譜面は殆どにクセがなく、1発で取れたものも多数ありました。
もう初代やripples時代のようなアレな譜面は出てこないのかなー。

赤譜面や黄譜面との難易度の区別をハッキリと付け、
緑譜面はあくまでも入門用としての色を押し出すようにしたのでしょうね。

初めてプレイする方には自信を持ってオススメできますが、
少し物足りなく感じるあたり、自分もマゾくなったものだと……。
これからは黄色エクセ詰めと、赤譜面のスコアアップに勤しみます。

jubeat plusだけでなく、海外版jubeatであるjukebeatもiOSアプリに登場したので、
海外アカウントを取得してiPadで遊んでいます。
jubeat plusの緑譜面も詰め完了しておりますが、jukebeatはまだです。

jukebeatこそズレまくり譜面だらけで、
これがアーケードに来ていたら大変なことになっただろうな……。
しかしこれらをこなすことが出来るようになれば、
またひとつステップアップできると思うので、頑張りたいと思っています。

家庭用ゲームは、3DS本体を購入しまして、
DS「デビルサバイバー2」や3DS「デビルサバイバーオーバークロック」をクリアしました。
PSPのゲームもモリモリ届いていますが、今はちょっと遊ぶ余裕がないですね〜。

jubeatやりたい!

▲上に戻る

2011.7.25 [Mon] バーンの誕生日と夏コミカタログ。

日記タイトルもどんどん安直になってきて自分に腹が立つなあ。

ギリギリ生きてます。バーンさん誕生日おめでとう!
友人は昨日おめでとう! バジルさんはおとといおめでたかった! 忘れてないYO!
バジルと観鈴ちんの誕生日って同じ日だったのですね……。

さて、夏コミカタログが届いたので早速「サイキックフォース」サークルさんをチェックしまして
サイトに反映させようと思ったのですが、パソコンを新しくしたために
今まで使ってきたWebオーサリングツール・GoLiveが入っておらず、
またWindows 7で動くのかもわからず、という状態で更新出来ておりません。

明日あたり、古いパソコンを接続しなおして、取り急ぎ何とかしたいところです。
手元にあるAdobe社製品は、軒並みWindows XPまでしかサポートしていないため
デュアルブート環境を作ろうと思っているのですけど
そちらも難航しており手が止まってしまっています。

新しく買ったパソコンはいわゆるBTOパソコンなのですけれど、
マザーボードにクセがあり、ありとあらゆる点で苦戦を強いられています。
安くてそれなりのスペックなのは助かるのですが、
素人が拡張することは考えていない作りなのかもしれないですね〜。

大人しく大好きなNEC製品を買っておけばよかったか、とも思うのですが、
同程度のものをNECさんのサイトで組んでもらうと酷い値段になる上に
選択できるCPUが個人的に好きではないものだったので、回避せざるを得なかったのでした。
これもまた勉強と思って、徐々に慣らしていきたいです。

ともかく、まずはGoLiveの箱を掘り出してこよう。
XPではフリーズして使い物にならなかったバージョンのCS2が
7だと快適に動くとかいう奇跡が起こらないかなー……。

■ DS「ノーラと刻の工房」BADエンドで終了。

もう一周して何がしかのエンディングを見たら売ってくる。

うーん。映像的なものとキャラクター造形は凄く丁寧なので
嫌いじゃないのですけど、操作性がイマイチなのと
周回プレイの引き継ぎ要素が無いに等しいのとで
繰り返し遊ぼうという気力が湧いてこない惜しいゲームでした。

主軸はガストさんの「アトリエ」シリーズみたいなものなので
(関わっているスタッフさんが初代シリーズの方なのだそうです。)
面白くないわけではないのですけど、エンディングまでの時間制限が短いわりに
行動で消費される日数が多いので、終始バタバタしている感じがしました。

進めども進めども、導刻(従来作の錬金術、合成システムみたいなもの)で
一度に作れるものの数が増えたりするわけでもないのでちっとも楽にならないし。

いや、厳密には増えているのですけど、ほんのちょっとなので成長が感じられにくいっつーか、
今まであったドッサリカタルシス(?)みたいなものがないというか。

何より導刻に必須となるアイテム“水溶液”の所持量限界が低すぎて、
まとめて作って一気に導刻、というのが出来ないのもテンポを削いでいたように思います。

家具を作って配置することもできるのですが、
配置画面的なものが用意されているわけではないので
置くときに微調整が利かなくてイライラするし、
周回で引き継がないのでインテリアに凝ろうという気にもなりにくいです。

折角素敵なドット絵でたくさんのアイテムを登場させているのだから
どうせやるならこの家具配置システム自体にもっと力を入れて、
今流行りのスローライフゲーム的なことに特化するとか、
配置したものによって導刻システムにもパラメータが変動があるとか、
やり込み要素の方向に持って行けたと思うのですよね〜。

アイテムの数が多いのに一覧性に欠ける、というダメな点を考慮に入れても
決してクソゲー・ダメゲーの類ではないのですが、
どう見てもコツコツ型の作業ゲーなのにプレイヤーの努力が累積しないのは
何を思ってこんな仕様にしたのだろうと疑問に思ってしまいます。

中古対策に長く遊ばせるためですかね?
ゲーム内時間の経過が異様に早く、クリア自体は7時間くらいで出来てしまうので、
周回前提なのでしょうけど、それなら尚のこと引き継ぎ要素が
お金しかないのは意味不明っていうか……。

用意されている要素自体はいいと思うのですが、
もっと作りこめたんじゃないかなー、みたいな残念さがありますね。
脱・アトリエシリーズを狙ってみたものの、脱しきれない上に
変えなくてもいいところまで変わってしまったように思いました。

キャラクターは本当に可愛いし、主人公を取り巻くほのぼのした雰囲気もいいし、
声の演出も凝っていて、音楽も良かったので、
次回作があるならこの辺りの丁寧さはそのままに、
システムを洗練させてくれたらいいな、と期待しております。

▲上に戻る

2011.6.29 [Wed] 6月終わる。

そんなこんなで生存報告、兼、近況報告です。

■ 胃カメラを飲みました。

って、これ5月の話なんだけどな。
最近あまり体調がよろしくなく、念のため、ということで飲んできました。
結果は何でもなかったのでそれは良かったです。

鼻からカメラを入れましたが、思ったよりも平気……なようでいてやっぱり辛かったです。
胃に入ってしまえばじっとしているだけですが、
鼻・喉を経由するときに反射的にえずいてしまってマジ涙目。

カメラの直径は5mm程度とのことですが
これが4mmになったら劇的に楽な検査になるのではないかと思いました。
あと、僕の右の鼻の孔は左よりも小さいらしい、ということもわかりました。
麻酔用のチューブが入らなかったんじゃい。

■ 新しいパソコンを買いました。

現在もそちらでこの文章を打っております。

超デカい! 超早い! でも割とお値打ち!!
7年前に買って使ってきたものと比べると、このスペックでこの値段は嬉しいです。
技術の進歩はスゴイなー。この7年後にはどうなっているのだろう?
パソコンというモノ自体が変容して、違うモノになっているのかもしれませんが。

ちなみに突然元のパソコンのモニタに何も映らなくなってしまいまして、
いろいろやってみたところ、モニタそのもののバックライトと
グラフィックボードが壊れたっぽい、ということは分かったのですが、
今から改めてモニタだけ買いなおすというのもなー、と
思い切って全て新調してみた次第です。

Windows7の64bitなので、今まで使用していたソフト類の中に
動かないものがあるのがちょっと困りますが、
今週末あたりにWindowsXPとのデュアルブート環境を構築する予定です。

Vistaや7が先に入っているパソコンに後からXPを入れるのは面倒だと
知識としては知っているので少し不安もありますが、
HDDも2台搭載しておりますので、OSセレクタ的な何かを駆使すれば
うまくいくのではないかと楽観しております。

■ Key新作「Rewrite」プレイ中です。

パソコンを新しくした理由の一端を担っています。
テキストアドベンチャーゲームなのに、視覚的な演出の強化や
画像サイズの大きさから、求めるスペックが高めなので
元のパソコンだとカクカクしてどうしようもなさそうだったからです。

結構真面目にプレイしたはずなのに、一回目はバッドエンドに行ってしまいました。
教えてもらって知りましたが、一部のヒロインにはシナリオロックがかかっていて
他のヒロインをクリアしないと進められないようになっているのですね。

「リトルバスターズ!」の時もメインヒロインがそうだったので
今回もそうなんだろうな、と思ってはいたのですが、
実はロックされているのは他のヒロインだった、という話。

気を取り直して今度はルチアシナリオをクリアしましたが、なげー!!
ビックリするほど長かったです。
シナリオが長いのか、乗り気じゃないから長く感じたのかはよくわかりませんが
最後のほう、ちょっと飛ばしちゃってすみませんでした、竜ちゃん先生……。

別に面白くなかった、というわけではないのですが。
「CLANNAD」でいうところの魁先生ポジションって感じですかね?
ちょっと空気読めてないゾ★ みたいな。主人公の性格が変わりすぎ。

現在は小鳥シナリオ進行中です。これも同じくらい長かったらどうしよう。
内容・キャラの性格はこの小鳥のほうが好みだな〜。
メインヒロインなので、おそらくロミオ先生担当と見た。

とか言ってたら終わった。あれ? これで終わり?
きっと周回で何か変わるんだよね。ですよね? ね?

■ 「大富豪パーティ」でエミリオを出しました。

使用キャラクターそれぞれに設定されている
“実績”を規定数達成することで新しいキャラクターが解除される、
というケータイアプリです。

大富豪アプリなのでひたすら大富豪。黙々と大富豪。
10個の実績を達成すると1キャラ出てくるみたいで、
エミリオは3人目なので30個解除で出てきました。
隠しキャラはあと2人残っているけど、もう終了してもいいよね!

レベルアップの瞬間の挙動等を録画するつもりでいますが、
チャンスがガチンコで1回しかないので、
怖くてまだ攻略に着手できておりません。

しくじったら一回アプリを削除して、最初からやりなおし?
もしサーバにユーザー情報が記録されるタイプなら、
それすらも叶わないかと思うと怖いです。端末から買いなおせと?
これだから携帯電話のゲームは嫌なんだよ〜。

経験値の積み重ねを記録して、レベルアップの瞬間を見逃さないようにしつつ
録画のタイミングを計らねばならないので、
心身ともに余裕のある時に腰を据えてプレイしたいと思います。

プレイするたびに通信で課金状況を確認するタイプなので、
早く終わらせないと毎月300円を支払い続けなくてはなりません。
あまり悠長にも構えていられませんね。7月になったら本気出す。

▲上に戻る

2011.6.6 [Mon] 誕生日過ぎてた。

33歳になりました。おかげさまで生きています!

2012年に33歳になるならガデスと同い年なのに、惜しいなあ。
とか「2012」が出た当時に思っていたのですが
第二次超能力戦争が2012年6月4日までに勃発するなら
まだチャンスはあるんじゃないの? イケル!

などとアホなことを考えながら、昨日は一日中、
タイトーさんのケータイアプリ「大富豪パーティ」を遊んでおりました。
(これについてはまた改めて書きます。ホントです。)

それにしても時間が経つのが恐ろしいほど速過ぎます。
先の日記で東日本大震災のことに触れていますが
地震があった日からもう3ヶ月が経とうとしているだなんて……。
その割に先日も震度5が来たんだもんなー。早く落ち着いて欲しいです。

モチベーションが落ちたとか言っていたわりに
相変わらずjubeatやjubeat plusをやりまくりで、
忙しくも充実した毎日を過ごしておりますが
自分の人生これでいいのか? と思ったり思わなかったり。

この先いつまで生きていられるのかも判らないし
今のうちに行きたいところにいって、やりたいことをやって
会いたい人に会いに行こう、という気持ちがさらに高まり、
札幌やら美瑛町やらに突然繰り出すなどの奇行に走っております。

さらに今夏中には小樽に行きたいな、と思っています。
来年といわずに今年中に本州に飛び出したいなーとか。
大阪はもちろんですけど、神奈川県とか千葉県とか。
まあ、予定は未定ですが……。

で、4〜5月は詰んであったエロ・ギャルゲーも
結構真面目に消化しておりました。以下一言感想。

======

■ 殺戮のジャンゴ

  三人のヒロインが共闘したり裏切ったり裏切られたりの
  テンポの良いシナリオ進行で楽しく読めました。

  強姦要素もありますが、基本的に心身ともに強い
  女性主人公で進行していくおかげで、読み口がスカッとしていて良かったです。
  でもまあ、その辺が普通のエロゲーユーザーに受け入れられなかったのも
  判らないでもなかったです。処女厨お断り、みたいな。
 
  ただ、ビッチヒロインと銘打ってあるけど、
  淫乱なだけで別にビッチでもないような。

  ラストは「俺達の戦いはこれからだ!」みたいな終わり方で
  ちょっと笑いましたが、ここで終わってよかったのかもしれないです。
  世界設定が壮大っぽいので、もっと話を広げる余地はありそうですが、
  人種とか政治とかの話題になったら重たくなりそうなので……。

■ アザナエル

  エロゲー界の「街」や「428」を目指したかのようなザッピングシナリオ。
  選択肢が無い周回方法は、シナリオにマッチしているし、新しくて面白い試みですが、
  肝心のシナリオに周回したいと思えるほどの牽引力がないのが残念でした。

  どのエンディングも登場人物の状態が少し違うだけで
  最終的にたどり着くところが同じなので、エンディング回収がダルいだけだったのです。
  まあ、コンシューマゲームみたいな作り込みを期待するのは酷でしょうけどね。

  あと一部の主人公キャラが、別に主人公扱いじゃなくてもいいのと、
  最後の落とし方がちょっと納得いかなかったです。
  ずっと前向きだったキャラが、そこでそれに頼るの?
  後悔したことをやり直すんじゃなくて、阻止できれば良かったのに、と思いました。

■ STEINS;GATE

  うーん、ネタバレになるのであんまり言えることないや!
  この手のゲームをやり慣れているせいか、世間で言うほど感動できませんでしたが、
  凄くキッチリ作ってあって、最後まで安心して読めました。

  でも恋愛要素は要らなかったなー。そこだけが個人的に残念です。
  次に出るファンディスクでバランスを取ってくれるなら、まあいいのかな?

  システムの使い勝手がちょっと悪かったのですが、
  Nitro+さんのゲームはいつもそんな感じなので仕方ないですか。

■ NETANNAD

  「CLANNAD」が出る前に作られた伝説の同人ゲームです。
  「STEINS;GATE」で思ったよりも感動できなかったのは、
  多分、直前にコレをやっていたからだと思います。

  キャラは「CLANNAD」の容姿と設定を借りた別人ですので、
  もっと違和感が出るかな、と思っていたのですけど
  読み始めてしまえばコレはコレで、という感じでした。

  ラストのつなぎが上手いなあ、と感心しつつちょっと泣きました。
  「CLANNAD」の発売前ではなく、プレイ直後でもない、
  落ち着いて見られる今、プレイして調度良かったような気がしております。

■ 穢翼のユースティア

  こちらは「STEINS;GATE」の直後にプレイしたのが失敗でした。
  「STEINS;GATE」のエンディング回収の仕方と似た系統の進行ですが、
  メインヒロインを攻略できるようになるまでが長すぎました。
  (話の内容は全然違います。念のため。)

  おかげでちょっとダレてしまい、後半に行くほどどうでもよく……。
  主人公自身のモチベーションも駄々下がりになってくるし……。
  あ、でも後半にある、リシアシナリオは面白かったです。萌えというより燃え。
 
  話の筋自体は悪くないと思うのですが、
  もうちょっと簡潔にまとめて欲しかったです。
  読んでいて、だから結局何だよ!? と思った場面も多かったですし。

  世界設定と背景美術、音楽やシステムは良かったです。
  良かったけど少し物足りなくもあったりとか、うーん……。
  オープニングムービーの出来が良すぎたのが
  期待値を高めてアレだったのかもしれないなあ。

  と文句を言いつつ、オールクリアした後にちょっと寂しく感じたので、
  それなりに思い入れはあるみたいです。

■ 咎狗の血

  攻略サイトを見ながらその進行順にプレイしましたが、
  半分くらいスキップしてしまってすみません。
  まともに読んだのは最初にやったリンシナリオだけだし、
  それで把握したつもりになって満足してしまいました……。

  BLゲームは主人公が突っ込まれ役なので、
  喧嘩が強い設定なのにすぐ丸め込まれるのが納得行かない。笑。

  シナリオは、言っていることはわかるけどそれでいいんか?
  みたいな印象が強いです。エロシーンの捻じ込み方が唐突。
  あと他の何でもそうなのですけど、中途半端な医療描写が出てくると萎えます。

  ツイッターでも全く同じことを言いましたが、このシナリオが世間的にアリならば、
  「天使ノ二挺拳銃」ももうちょっと許されてもいいんじゃないかな!?
  いや、にちょけんがBLゲームだったらよかったんだね! 惜しかったね!!

  という点では、何となく憎めない作品にはなりました。

■ Se・きらら

  普通の学園ラブコメかと思ったら、違った!
  他のヒット作を参考にして作ってみた、という感じがしました。
  ライターの中に葉鍵フォロワーな方が居るような気がする。
  どうせやるならラストに向けてしっかり伏線を張り巡らせて欲しかった。
 
  通常テキストよりもむしろエロシーンのテキストが
  異様に読みやすい不思議なゲームでした。言葉遣いのテンポがいいのかな?
 
■ ナルキッソス/ナルキッソス2nd

  悪くは無い。むしろ面白かったけど中途半端な医療描写が出てく(略)。
  虚無感溢れつつ人情味も溢れている雰囲気は最高なんだけどなあ。
  PSP版ではオープニングムービーが改悪されていて凹みました。

======

積みゲーはまだまだたくさんあるので、引き続きザクザク崩して参ります。

PSPのゲームは「コープスパーティ」と「クイーンズブレイド」をクリア。
コンプはまだです。面白かったけど周回が面倒なのでやらないかも……。

「AKIBA'S TRIP」はセガさんあたりが作ってくれていれば良かったのに、
とか思ってしまった残念ゲーでした。雰囲気は嫌いじゃないよ。

▲上に戻る