2011.7.25 [Mon] バーンの誕生日と夏コミカタログ。

日記タイトルもどんどん安直になってきて自分に腹が立つなあ。

ギリギリ生きてます。バーンさん誕生日おめでとう!
友人は昨日おめでとう! バジルさんはおとといおめでたかった! 忘れてないYO!
バジルと観鈴ちんの誕生日って同じ日だったのですね……。

さて、夏コミカタログが届いたので早速「サイキックフォース」サークルさんをチェックしまして
サイトに反映させようと思ったのですが、パソコンを新しくしたために
今まで使ってきたWebオーサリングツール・GoLiveが入っておらず、
またWindows 7で動くのかもわからず、という状態で更新出来ておりません。

明日あたり、古いパソコンを接続しなおして、取り急ぎ何とかしたいところです。
手元にあるAdobe社製品は、軒並みWindows XPまでしかサポートしていないため
デュアルブート環境を作ろうと思っているのですけど
そちらも難航しており手が止まってしまっています。

新しく買ったパソコンはいわゆるBTOパソコンなのですけれど、
マザーボードにクセがあり、ありとあらゆる点で苦戦を強いられています。
安くてそれなりのスペックなのは助かるのですが、
素人が拡張することは考えていない作りなのかもしれないですね〜。

大人しく大好きなNEC製品を買っておけばよかったか、とも思うのですが、
同程度のものをNECさんのサイトで組んでもらうと酷い値段になる上に
選択できるCPUが個人的に好きではないものだったので、回避せざるを得なかったのでした。
これもまた勉強と思って、徐々に慣らしていきたいです。

ともかく、まずはGoLiveの箱を掘り出してこよう。
XPではフリーズして使い物にならなかったバージョンのCS2が
7だと快適に動くとかいう奇跡が起こらないかなー……。

■ DS「ノーラと刻の工房」BADエンドで終了。

もう一周して何がしかのエンディングを見たら売ってくる。

うーん。映像的なものとキャラクター造形は凄く丁寧なので
嫌いじゃないのですけど、操作性がイマイチなのと
周回プレイの引き継ぎ要素が無いに等しいのとで
繰り返し遊ぼうという気力が湧いてこない惜しいゲームでした。

主軸はガストさんの「アトリエ」シリーズみたいなものなので
(関わっているスタッフさんが初代シリーズの方なのだそうです。)
面白くないわけではないのですけど、エンディングまでの時間制限が短いわりに
行動で消費される日数が多いので、終始バタバタしている感じがしました。

進めども進めども、導刻(従来作の錬金術、合成システムみたいなもの)で
一度に作れるものの数が増えたりするわけでもないのでちっとも楽にならないし。

いや、厳密には増えているのですけど、ほんのちょっとなので成長が感じられにくいっつーか、
今まであったドッサリカタルシス(?)みたいなものがないというか。

何より導刻に必須となるアイテム“水溶液”の所持量限界が低すぎて、
まとめて作って一気に導刻、というのが出来ないのもテンポを削いでいたように思います。

家具を作って配置することもできるのですが、
配置画面的なものが用意されているわけではないので
置くときに微調整が利かなくてイライラするし、
周回で引き継がないのでインテリアに凝ろうという気にもなりにくいです。

折角素敵なドット絵でたくさんのアイテムを登場させているのだから
どうせやるならこの家具配置システム自体にもっと力を入れて、
今流行りのスローライフゲーム的なことに特化するとか、
配置したものによって導刻システムにもパラメータが変動があるとか、
やり込み要素の方向に持って行けたと思うのですよね〜。

アイテムの数が多いのに一覧性に欠ける、というダメな点を考慮に入れても
決してクソゲー・ダメゲーの類ではないのですが、
どう見てもコツコツ型の作業ゲーなのにプレイヤーの努力が累積しないのは
何を思ってこんな仕様にしたのだろうと疑問に思ってしまいます。

中古対策に長く遊ばせるためですかね?
ゲーム内時間の経過が異様に早く、クリア自体は7時間くらいで出来てしまうので、
周回前提なのでしょうけど、それなら尚のこと引き継ぎ要素が
お金しかないのは意味不明っていうか……。

用意されている要素自体はいいと思うのですが、
もっと作りこめたんじゃないかなー、みたいな残念さがありますね。
脱・アトリエシリーズを狙ってみたものの、脱しきれない上に
変えなくてもいいところまで変わってしまったように思いました。

キャラクターは本当に可愛いし、主人公を取り巻くほのぼのした雰囲気もいいし、
声の演出も凝っていて、音楽も良かったので、
次回作があるならこの辺りの丁寧さはそのままに、
システムを洗練させてくれたらいいな、と期待しております。

▲上に戻る