2011.2.1 [Tue] 一月は去った。

生きております!

音ゲー関連の日記的なものはツイッターに書いているので
jubeatとかjubeat plusとかREFLEC BEATとか
音ゲーばかりやっていると、その実況をして一日が終わります。

日記のネタを忘れないようにと、他のことも書いたりすると
それだけで満足してしまうのが非常にマズイですね。
長文とネガキャンは日記じゃないと書けないので、
上手く使い分けていきたいところですが。

年末に自室の掃除っぽいことをしていたら
PSPの積みゲーが地味に溜まってきていることに気が付いたので、
今年はjubeatの合間にそちらを片付けるぞ! と決意して
PSP「タクティクスオウガ〜運命の輪〜」を開始しました。

……が。未だにクリアできていないという。
往年の名作を当時のスタッフを集めてリメイク! と謳われていた作品ですが
とてもそうとは思えない出来でして。主に操作性とか。
いつの時代のゲームだよコレ。何も直していないのでしょうか?

SFC版はプレイしていなかったため、この機会に経験しておきたかったのに
こんなものなのかな〜? 非常にガッカリ&憤りを感じます。

とはいえ、「ファイナルファンタジータクティクスアドバンス」の
プレイ経験があるせいか、それに比べればまだ許せる、と
思ってしまっているのも確かです。ロウシステムがないだけマシです。

装備やスキル設定画面も多少マシになっているのかな。
つーか、そのキャラが装備できないものはそもそも表示しないようにしてくれよ。
この不親切さこそ難易度の高さ、硬派なゲームだぜ、みたいなアレなの?

職業や属性が沢山ある割にあまり機能していないのと、
レベルアップは「キャラクター」ではなく「職業」そのものにあるので、
途中で参入してきた新しい「職業」を育てるのが苦行の極みです。

レベルによって装備品が限られてくるので、
弱いキャラに強い装備を割り当てて、守りながらレベルアップに励む、
という戦法が使えないのが面倒くさいです。

原典では、裏ワザ的な扱いですが、
かの有名な“投石トレーニング”があったのでしょう?
何故無くしましたか? プレイ時間稼ぎですか?

ていうか簡潔に申し上げて、全ての育成に時間ばっかり掛かるくせに
その見返りが少なすぎるのが楽しくない理由かと思います。
いくら僕が単調作業好きといえども、変化の無い繰り返しは流石にノーサンキューです。

新要素の武器・防具・アイテムの合成も、
出来上がったものが劇的に強いというわけでもないのに
作るまでに踏まなければならない段階が多すぎるし、
しかも合成成功率が異様に低く、その成功率を高める要素も無いと来た!

一体誰向けの要素なのでしょうか。一応やり込み要素のつもりなのかな?
そこに掛ける時間があるなら普通の武器で普通に進めるのが手っ取り早いし、
こんなのをコンプリートするのは生粋のマゾでもないとやっていられませんよ。

尚、民族間戦争をテーマにした重たい話なので、そこには引き込まれます。
敵が外道過ぎるは、主人公の意志どおりに話が進まないはで、
このアクの強さに熱狂的なファンが付いたのも頷けます。

ちなみに進めてきたのはC(カオス)ルートで
今は4章なのですが、クリアしたら周回するかどうかは判りません。

レベルを引き継いだままシナリオ分岐地点に戻ってプレイできる
W.O.R.L.D.システムがあるので、そんなに苦労もしなさそうですけど
普通のマップをプレイすること自体が面倒に感じる程度には飽きています。

もうダブルアタックで火力の強いニンジャと、
遠距離チクチクのアーチャーばっかりパーティーでゴリ押しクリアしようかな。
どんなSLGでも弓兵が安全牌なのはありがたいことです。

あ、そうだ回復魔法がクソも役に立たないことにも絶望しました……。
何故、回復量はパラメータ依存ではないのですか?
回復アイテムのほうが随分とマトモな回復力ですよ。投げ当て最高。

ここまでグチグチ書いてみましたが、やってやれないことはないので
単に自分に「タクティクス」シリーズが合わないだけなのかもしれません。
無印の「FFT」にも一応興味はあるのですが、PSP版はどうなのでしょうね。

「タクティクス」シリーズは高評価でファンも多いシリーズという認識なので、
好みはあれど面白くないなんてことはないような気もするのですが……。
う〜ん……。読んでいてご気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

▲上に戻る

2011.2.21 [Mon] iPod touch買っちゃった。

jubeat plusが……iPhone/iPod touchに対応したんです……。
週末はアーケード版、家では二機種でplus、体裁だけはjubeat廃人そのものです。

写真(↓ご参照のこと)は合成じゃなくて、実際にiPadにiPod touchを乗せて撮影しました。
iPod touch小さすぎ! 出来ないこんなの!! と思ったけど何とかなりました。
同時押しはパネル部分だけではなく、パネルとパネルの間を触っても取れるのですが、
誤爆したり暴発したりで、このエクセにも結構掛かってしまいました。

小さい画面を凝視しなくてはならないので、酷く目が疲れます。
iPad版は緑譜面を全エクセ、というのを目標及び現時点では達成できているのですが
流石にiPod touchでやろうという気にはなれません。

しかし、いわゆるトップランカーと言われる方々は
機種を問わず人外なスコアを叩き出していて怖いです。
このスペースでどうやってEvansを……ブルブル。

尚、アーケード版も緑譜面全エクセを目標に掲げ、
残り5曲のところまで来ました。人間やれば出来るものです。

って、まだまだ安心できないどころか、もうすぐKnit APPENDが出てしまうので
それまでに詰められるかどうかの瀬戸際に来ております。
プレイスポットが近場にあればな。毎日ちょっとづつ慣らしていきたいのに。

DSの「うたっち」もお借りしているし、
PSPの「DJMax Portable」シリーズにも手を出してしまったしで
ここのところ本当に音ゲーしかやっていません。
ますます積みゲーが溜まる一方!

ていうか、PSP「タクティクス・オウガ」も進めているのに
全然終わらないのは何でなの。敵がなかなか進軍してこないから
1面クリアしようとしている間ですら寝落ちしそうになります。
正直もうやめたい……。時間が勿体無いです。

あとエミリオの誕生日でおめでとうございました。
これはアレだな、iPod touchは誕生日祝いの勢いってことにしておいて!
通勤時間というものが無いので、何に使ったらいいのか判りません。

▲上に戻る