2010.1.1 [Fri] 明けまして2010年。

玄真さん53歳のお誕生日おめでとうございます。

……じじい、じじいって言われてたけど、
53歳ってジジイじゃなくない? おっさんじゃない?

▲上に戻る

2010.1.4 [Mon] 今年は本気出す。

といい続けて6年ほど経ってしまったので
2010年ばかりは本気で本気出す、と思い、部屋の掃除をしております。

着手するのおせーよ。去年のうちにやっておけよ。
というのは聞き飽きているのでノンノンです。

毎度の事ながら、空間に対しての物量が
明らかに飽和状態でどういうこっちゃ。

でも聞いとくれ! 今年のアタイは一味違うヨ!? 凄い! 偉い!
何と床が見える状態にまで持っていくことに成功しました!

堆く積み上がっただけですけどね。
そんなこんなで、2ヶ月くらい掛けて本格的に掃除に専念しようと思います。
「サイキックフォース」以外のモノは極力、ゴミだと思い込ませて捨てることにします。

日記の更新が無かったとしても、「jubeat」のブログパーツが動いていたら
生きていると思ってやってください。

つーか、今年の1月は仕事と趣味がアレなことになっており、そんな余裕も無いかもしれない。
どうしてこう、バラけて手元に来ないものか。乗り切れるか不安です。
通常時の暇具合が尋常ではないので平均化させて欲しい……って何回言っているのかこの台詞。

それから「REBORN!DS FOH2」(省略しても長い)をクリアしました。
全体的にモッサリ操作のグッタリおつかいゲームでしたが、
文句を言いつつもクエストもバトルコロッセオも自力で可能な分はコンプしてしまい、
ここまで来たならと現在バトルカードコンプに向けて消化試合中です。

実はオールコンプリートするために必要なパスワード的なものが
メーカー側から未だに公開になっておらず、どんなに頑張ってもこのままでは埋まることは無い模様。
本気で忘れられているのでしょうか? 問い合わせしてみようかなあ。

リング装備によるパラメータ補正が強すぎて
キャラクターのレベルアップがあまり意味を成さない上、
逆に新しいリングの精製作業を忘れると、下手をすると
詰む場面もあるのがちょっとなあ、という感じでした。

上昇値はもう少しマイルドでも良かったのではなかろうか。
と言いたいところですが、この強力な補正なしでプレイさせられるのはダルいので、
もしかすると最終的なバランス調整でヌルめになるように設定したのかもしれませんね。

上昇する様子に関しても大味だったので(とりあえず着けときゃ全体的に上がる)、
リングにもっと特徴を持たせるとか、嵌める指で上昇具合も変わるとか、
装備するキャラクターによっても上がり方に個性が出る等して欲しかったし、
属性値パラメータを変動させられる点を生かしたバトルカードなどがあって欲しかったところ。

「FOH3」が本当に出るのなら、その辺に新しい試みを実装していただきたい、
ですが、どうだろうなー。ぶっちゃけバランス取るの面倒クサイですよね。

以前にも言いましたが、リング・属性・匣兵器はやりようによっては
面白いアイテム合成システムが作れそうだと思うので、
どうにか活かしてもらえないものかとゲームが出るたび、ちょっと期待してしまうのですけど。

そんな本格的にRPGっぽい要素は「REBORN!」ゲーには必要ないのだろうか。
登場キャラクターが異様に多いのも特色と言って良い部分だと思うので
ゴチャキャラバトルとか楽しそうですよ? いっそ自分が同人ゲームで作りたいですよ?

ま、言うだけならタダなので。

▲上に戻る

2010.1.5 [Tue] 「サイキックフォース」シリーズ・プチオンリーご紹介

■ 超常結界〜サイキック・エリア〜
  http://pf2010.web.fc2.com/

■ 同志よ、我が元へ集え!
  http://pf-love.from.tv/index.html

「ファン活動紹介」ページのほうではバナー付きリンクも張っておりますので
よろしければご確認くださいませ。

単独でオンリーイベントとなるとなかなか難しいジャンルでも
プチオンリーなら、と企画を立てられる方も多いようです。
主催者様方には是非とも頑張っていただきたいですね。応援申し上げます。

自分も何か参加できたら……とは思うのですが、どうにも厳しいですね。
何つっても新刊を作るにはマトモなネタがないですし。
「レジvs刹」の在庫5冊持って、ってのもアレだし。

「サイキックフォース」は最大の聖域補正が掛かっている作品なので
うかつにエロ妄想も出来やしません。
自分で考えて自分の寿命を縮めることもしばしばです。(何やってんだ。)

うーん……。
しかし今年と2012年はいつもよりアクティブに生きると決めたので
何とかどうにかしたい気も……。悩ましい……。

それにしてもさすがは2010年。
皆様活動が活発になっているようで、ネット上でも
いろんな企画が計画されているようですね。

何の気なしに登録させていただいているサーチを拝見してみたら、
そういえば当サイトのバナーデータを紛失してそのままだったことを確認してしまいました。
やべー。何か作らないと。でもこれもコレといって新しいネタが無いいいい。
仕方が無いので昔のものを配置しておきました……。ショボイ!

▲上に戻る

2010.1.12 [Tue] 有意義だった三連休。

傍から見ればただのダメ人間でした。

写真は頂き物の冬コミのお土産品です。ありがとうございます。
夏コミの申込用紙もいただいたので後で読んでみますよ。
申込み締め切りは2月の頭かー。うーん。

しかし天下の七瀬葵先生もCGになると途端に没個性で勿体無いですな。
昔の絵柄のままだとそれはそれで古臭いので
時代の流れに従っているという意味では正しいのでしょうが。

「jubeat」は4800番台にねじ込んで帰ってきたのに
今日見たらもう4940位まで引き摺り下ろされていて Nooooo!! という気分です。
己の限界が見えてきたぜ。「Evans」EXTREMEムリムリムリムリ!

「クロウカシス」(エロゲー)を攻略を見ながら進行中です。

いくつかノーマルエンドとバッドエンドを見ましたが、
今作は過去作に比べてグロさと狂気が圧倒的に足りておらず
全体的に薄味に感じます。濃いのは主人公の性欲だけだよ。

洋館に閉じ込められる作中3日間で、上手いこと立ち回れば
4〜5回ゴニョゴニョ出来るのではないでしょうか。吊り橋効果様々や〜。

相変わらず主人公の行動が物語を解き明かすことに殆ど関与しないので、
このメーカーさんのナンチャッテサスペンスアドベンチャー風シナリオは
そういうものなのだと割り切って遊ぶしかない、という諦めの境地に達しました。

個人的には音楽と絵買いメーカーなので構わないのですが。
雰囲気は最高だから作業用BGMには丁度いいんだよね。

膨大な聞き込み選択肢と移動範囲選択の9割が物語進行には無関係、という
大胆な構成には度肝を抜かれました。作り手はプレイヤーに何を求めているのだ?

しかもフラグ立てに重要なモノが直感しにくい状況が多く、
最後の最後で手に入るアイテムで物語の全容が一気に明かされるので、
回答は判っているのに事件解決に辿りつくまでの経緯を構築できない
という非常にストレスの溜まる状況に陥りました。

自力でちゃんと解ききった方は偉すぎます。
それでも「殻ノ少女」の時のような、探索パートでの選択回数制限がなくなった点は
多少改善されたと思えばいいのかなあ……。

「アルカノイドDS」(借り物)もプレイさせていただきました。

こちらは「スペースインベーダーエクストリーム2」とは違って
昔ながらのブロック崩しで可も無く不可もなく、という感じでしょうか。
それなりに楽しいものの集中力が続かず途中で断念。助けて大山のぶ代さ〜ん!

「利己的な遺伝子(増補新装版)」読了。

奥付を見ると発行日が2006年5月になっており、
和訳の「すべからく」の誤用に萎えて放置してから
実に4年近く経過してしまったことに愕然といたしました。

文章自体は非常に読みやすいので、手をつけてしまえば
最後まですんなり読み進められたのですけどね。

この本の一番凄いところは、30年前に書かれたものである、
という点なんじゃないかと思っております。

初版は1976年頃だそうですので、自分が生まれる前に既にあり、
自身の知識はこの「利己的な遺伝子」以降のものなので
特に不満も疑問もありませんでしたが、その当時には
相当センセーショナルな書物であっただろうことは想像に難くありません。

あとがきや書評類も同時に収録されているのですが、第2版が発行された当時、
和訳では『生物=生存機械論』というタイトルだったというのには悪意と商業戦略を感じますね。
そりゃドーキンス先生も紳士的な文章で綴ってはいるものの、
「ちゃんと文脈読めよ!」とキレたくなるでしょうに。

内容自体には特段目新しさを感じることもなかったわけですが、
恥ずかしながら、アブラムシが単性生殖可能、しかも胎生ということは知らなかったので
それが一番印象に残る結果となりました。

1本の植物に群がっているアブラムシは、それ全てで1匹みたいなものなんだなあ。
子供の頃に知っていたら、夏休みの自由研究課題に出来たのではなかろうか。

にしてもこの「すべからく」の、ちょっと使ってみたくなる魔力? みたいなものは何なんでしょうね。
「すべて」に語感が似ているのがいけないのでしょうか。
そのうち「確信犯」の誤用のように、新語として辞書に載るようになるのかな。
以前話題にしたときにもリンクを張りましたが、もう一回。

■ 「すべからく」は「全て」ではない(改訂版) - 言語郎−B級「高等遊民」の妄言
http://d.hatena.ne.jp/hiiragi-june/20080227

「REBORN!DS FOH2」も、ほぼコンプリートしました。

ネット上をよく探してみると、メーカーに問い合わせた方の投稿記事があったので
入手できなかったバトルカード等も回収できたので満足です。
あとはコンビネーションアーツ(いわゆる協力攻撃)を全部見るくらいですが、
これはやろうと思えばいつでも出来るし、面倒だから敢えてコンプしなくてもいいかなあ。

つーか、何気に30時間も遊んでしまっている……。
さっさとクリアして売るつもりだったのに、
ここまでやり込んだら名残惜しい気がしてくるじゃないか。

いや、バジル居ないから売るけどネ!
結果として、980円にしてはハイコストパフォーマンス、
満喫できて良かった、とは思っております。

原作「REBORN!」の迷走具合は、止まる所知らずである意味凄いです。
ラスボス的存在の隠し玉である、最強最悪を謳われる敵キャラが、
全裸で戦場に降り立ったのには不覚にも笑ってしまいました。

お披露目時点で全裸、というのはインパクト重視とか
神秘性を表現する際によく使われる技法かと思うのですけれど、
そのままの状態で飛んできて参戦というのは度胸がありますね。
つーても現時点ではそのキャラに感情があるのかも不明ですが。

そして「WaqWaq」を思い起こすのはどうしてかな、と思っていたのですが
コト(ラスボス)もお披露目の一幕だけは全裸だったからでした。
「REBORN!」もこのまま打ち切り、もしくは全部うやむやのまま
新章突入するんじゃないかと思うと反吐が出るぜ。

お前はファンなのかアンチなのか、どっちなんだ。

▲上に戻る

2010.1.15 [Fri] ウェンディーたんお誕生日おめれとう。

微妙に言い辛いな、ウェンディーたん。

初代「サイキックフォース」のポリゴンウェンディーは怖すぎる、と
その昔ボロクソに言われていましたが、当時はポリゴンキャラに馴染みが薄かったせいか、
そうかなあ? 取り立てて可愛くはないけど、言うほどでもなくない? と思っていました。

最近見直したら

ああっ!? ウェンディー、チョー怖っ! 特に鼻の形、怖っ! 
「2012」の美麗ポリゴンに慣れた今、コッチに戻るのは辛すぎるよ!
でもシマシマぼっこ足可愛い。ゴツい手ってでチョップされたい。
そしてやっぱり声は白石さんがいいな。

と思いました。
ゲームを遊ぶ分には全く支障は無いので、別にいいのですけどね。

にしても、せっかく2010年になったというのに
「サイキックフォース」の最新作は「COMPLETE」っていうのがな。
今から始めるならコレから! というオススメがしづらいじゃないですか……。

▲上に戻る

2010.1.16 [Sat] 「jubeat ripples」でGold Lionに。

ああああー。うあああー。
あと一回のグレードアップでプラチナムになってしまうー!!

ですが、本日のプレイで全曲解禁させられたので、購入して大事にしまっておいた
「jubeat」のサントラ2枚を聞けるようになって嬉しいです。
しばらくはこれを作業用BGMに出来るぞ。ウホホーイ!

しかし、何だかんだで一応ちょっとは上達しているらしく、
未クリア曲はLv.10に2曲を残すところとなりました。

そのうち1曲はもちろん「Evans」なのですが、
それでも初見40万点台から、本日60万点台まで持ってこれたので
クリア圏内には入ってきたんじゃないかと思っています。

Gold Lionボーナスの隠し曲、「Macuilxochitl」もLv.10の割に簡単で、
初見でもギリギリクリアだけなら出来ました。
ただ、ここからスコアを詰めるのはゾッとしない。

APPENDが出るまでには全曲クリアを目指したいところです。
専用のブログスペースも借りたので、まだしばらくは頑張ります。

■ jubeatの記録
http://mp.i-revo.jp/user.php/fjpldicy

いっそ日記をそっちに統合したほうがいいのかなーとも思いましたが、
スゲー見づらいので3秒で却下です。CGI最高。

▲上に戻る

2010.1.17 [Sun] ああ… 俺って、駄目だな…

DS「ラストウィンドウ 真夜中の約束」を間違って2本購入してしまった。

CINGさんへのお布施だと思うことにする。
そのまま売り払うのも勿体無いので、いつもお世話になっている方に
プレゼントと称して押し付けます。先に謝っておこう。ごめんなさい。

で、その「ラストウィンドウ」ですが、DS「ウィッシュルーム」の続編です。
振り返ってみると、前作の発売から3年も経っているということに驚きました。

つーか、よく続編が出せるところまで来たもんだと、そこにも驚きました。
販売本数は把握していませんけども、前作の評価は普通の良作という様子だったので
爆発力は無かったと思うのですが、ジワ売れタイプだったのかな?
昔からのメーカー及びシナリオライターさんのファンが地道に買い支えているのでしょうか。

思わず昔の自分の日記も読み返してみたのですが、
我ながら非常に的確な感想を述べていて少し感心しました。笑。
そうそう、そんなゲームだったよね〜。

そして今回も大きく変わった様子もなく、そんな感じなのですが、
システム周りが改善されているように感じます。 

「電話を取る」のと「ドアへの移動」が、場面によっては、
いちいちその場所まで歩いて目的の物をタッチ、ではなく、
画面下部のアイコンタッチで成立するようになったのが一番の改良点ではないでしょうか。

おかげで、早くストーリーを進めたいのにモッサリ歩かされてイライラ、というのが少なくなりました。
ついでに文字送りも少し早くなった気がしますし、目立って変わったようには見えなくても
細かい部分で修正が施されているのではないか、という感触があります。

また、チャプターを終了するごとにプレイ内容が小説形式でまとめられ、
振り返ることが出来るのが面白い試みだと思いました。

さらに、そこに同時に追加される“袋とじページ”には、
主人公・カイルの人となりを紹介するという名目で
次のチャプターの謎解きのヒントが隠されているのがニクイ演出です。

ただ、その小説の文章が、状況をただ順に書き出したみたいな感じで
あまり読みやすくないのが少々残念ではありました。

収録できる容量にも限界があるだろうし、本来オマケであるモードの描写に
異様に力を入れても本末転倒になってしまうので仕方がないのでしょうが、
途中でダルくなってチャプター3にして既に読み飛ばしてしまいました。

流れとしても、直前のプレイが反映されていることもあり新鮮味を感じにくいので、
思い出に浸るためにはクリアしてから一気に読み返すほうがいいのかもしれませんね。

前作はチャプター5に入ってから物語のエンジンが掛かる、と
自分が言っていた(笑)ので、焦らずじっくり進めていこうと思います。
赴くままにプレイして、バッドエンドも見ておきたいですしね。

クラブニンテンドーのポイント期限が2012年でドキドキしました。

▲上に戻る

2010.1.18 [Mon] 「フェイトオブヒート3」、本当に出るのかよ!

しかもバジル居るのかよ!! じゃあ予約して買うよ!

今週の「REBORN!」も凄かったなあ。なんだこの急速なまとめ方。
一番戦歴を挙げているのは、例のラスボスの隠し玉キャラじゃないか。
オウンゴールしまくり。あとツナ様最強伝説もいい加減食傷気味じゃないのかなー。

バジルは今回もトンチンカンな行動をさせられていてションボリです。
わざわざ出したはいいけど使いどころを逃したので
とりあえず動かさなきゃいけないけど何をさせればいいのかワカンネー!

という作者さんの悲鳴が聞こえるようです。
大人しく解説させていてくだされば結構ですよ? いやマジで。

「リリエンタールの犬」(違う)の掲載順がヤバイ。面白いと思うんだけどなあ。
今のちびっ子にはこういう地味めなハートフル漫画はウケないんだろうか。
でも、作者さんが本来得意としているのはブラックネタなんじゃないかという気配を感じる。

▲上に戻る

2010.1.20 [Wed] おや? そういえば

明日はPSP「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE−THE BATTLE OF ACES−」
の発売日じゃないのかい? 注文してみようかな。

と、Amazonを物色しに行ってみたら、
すでに限定版と特典付き通常版が高騰していてゲンナリしたので
誰もが忘れた頃に入手することにしようと思いました。

んー。まあ、発売日に地元を駆けずり回れば
定価で売っているところもありそうな気がするのですけど、そこまでしては、ね。
つーか、特典なしの通常版は普通の値段なので、別にそれでOKなんですが。
ゲームを遊ぶ前に原作アニメも観ておくべきだろうか。

「クロウカシス」、コンプリートしました。

面白かったのは面白かったのですけど、繰り返しプレイが辛すぎて
物語があまり心に残っていないです……。
普通の選択肢式ADVにしてくれていればまだ耐えられたんだろうけどなあ。

今作もメインヒロインが程よい棒読み演技で興奮しました。
前作ヒロインの声優さんもサブヒロイン役で起用されているので
非常に快適な棒読みライフを送ることが出来ました。

珍しくエロシーンも飛ばさないで見ちゃったよ。
主人公はそんなところでばかり張り切っていないで
事件解決のためにキリキリ働きなさいよ!

DS「ゲームセンターCX 有野の挑戦状(1)」プレイ中です。

ファミコン時代のシンプルなゲーム性を狙って再現しつつも、
ちゃんとクリアできるように、また飽きさせないように現代風の調整がしてあって
遊んでいて気持ちがいいです。製作した方々は真面目な人に違いない。

===

しかし、何でこの真冬の北海道に雨が降るかなあ。
温度が下がったときに道路がテッカテカになるじゃないか。
jubeatやりに行きたいけど事故るのが怖くて運転できない。

週末の天候に望みを託すぜ。
爪が割れるほど触りまくってやるんだから。

▲上に戻る

2010.1.28 [Thu] 「jubeat knit」発表。

http://www.konami.jp/products/am_jubeat_knit/

ホアアアー!! マジすか!
APPENDもまだ全容が見えていないのに新作予告って
どんだけ俺から金を搾り取るつもりなんだKONAMIさんよォォォ!

と思いながら、他のファンの方はどんな反応をしているのかな、
と2ちゃんねるを覗きに行ったら(語る相手が居ない可哀想な人の典型)

===

67 名前:爆音で名前が聞こえません 投稿日:2010/01/28(木) 21:58:12 fr5MZ8tC0
3作目のイメージカラーが黄色の音ゲーって他に何かあったな〜…と良く思い出したらキーマニだった…
まあ指は大丈夫でしょ。今一番勢いがある音ゲーだし

===

ホ、ホアアアーー!! キキキキーマニさんディスってんじゃねーぞ!!!
……不吉なことを言わないでください。頼みますから。

個人的には大好きな「KEYBOARDMANIA」ですが、
今思い返してもいろいろと無理のあるゲームでありました。
何せ地味だし。でもいい曲も多いんですヨ。ホントだヨ。

「jubeat」に馴染みが早かったのもキーマニをやっていたからだと思っています。
パネル一枚一枚をピアノ弾き出来るので、横スライド曲は比較的得意です。
その代わり広範囲に散らばる乱打譜面は苦手です。
手が小さいから、端から端まで移動するのにも余計なタイムラグが出てしまう。

======

引き続き部屋の掃除中です。

スキャナと同じ位の値段がする凄い断裁機を購入するという本気の出しっぷり。
秘蔵の成人向け裸婦写真集がみるみるシュレッダーに吸い込まれていくよ。
べ、別に泣いてなんかいないんだからねっ。

DS「ラストウィンドウ」クリア済みです。

前作よりいろいろ親切になったせいか、難易度は低め。
かと思いきや一部の仕掛けがちょいと意地悪でしばらく悩みました。

作中では人は死なないものの、目的が過去の殺人事件の真相解明なので、
全体的に雰囲気が重めで、緊張感がありました。
と言っても前作で好評を博した、うっかりミスでアッサリゲームオーバーに陥る
お間抜けカイルさんぶりも健在なので安心です。

前作はインターフェイスがグダグダすぎて
人に薦めるにはちょっと迷う部分がありましたが、
今作では適度に面倒くささを残して昔ながらのADVっぽい雰囲気を作りつつも
イラつくほどにはダメじゃない感じで良かったんじゃないかと思っています。

あと小説部分は、やっぱり全部クリアしてから
ちゃんと読まなくてもいいのでパラパラと流し読みするのがいいと思います。
災難は忘れた頃にやってくる。

次はDS「AGAIN FBI超心理捜査官」に行きます。
DS「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」は“ハグルマン3”まで来ています。
収録ゲームを全てクリアするのは後回し。挑戦を全部達成するまでとりあえず突っ走るぜい。

▲上に戻る

2010.1.30 [Sat] 「jubeat ripples」でPlatinumに。

なったったったったったったああああー。ああああー。
結局「Evans」だけはクリア出来ませんでした。
3月までにどうにか出来るのかー。

そして右手の人差し指が、度重なる打鍵のストレスにより
爪の下の皮膚を硬化させ、もう一枚爪を作ろうとしています。
ノー! そんな進化は要らない!! 痛いよー。

こういう無茶を続けていると老後に大変なことになるんだろうな。
と思ったりなんかしておりますが、多分しばらくやめられない。
そんなjubeat中毒。

Wiiでの「ゼノ」シリーズ(とは言わないのかもしれないですが)
新作発表おめでとうございます。

■ XENOBLADE ゼノブレイド
  http://www.nintendo.co.jp/wii/sx4j/index.html

DS「ゼノサーガ」は無かったことになりましたか。そうですか。

▲上に戻る