2009.12.2 [Wed] 長文打ってたのに消えた。

もう知らん! 今日は寝る!!

ゲームの感想アップロードはもう少々お時間をください……。
テキストエディタで打てばよかった……。モチベーション下がるわぁ。

「jubeat」やりたいです。

▲上に戻る

2009.12.6 [Sun] 時間配分を誤った。

日記にプレイ済み作品の感想を記す前にDS「レイトン教授と魔神の笛」クリア。

内容的にはいつもの感じなので特筆すべきことはコレといって無いのですが、
スタッフさんがインタビューで「ネタ切れに悩まされました」と公言しているだけあり
満遍なく産みの苦しみが見えてしまって、遊んでいるこっちが気を遣いました。

ストーリーは最初と最後だけあればいいんじゃないかというくらいに
間延びさせることに一生懸命で、ヒロインもサブキャラも影が薄すぎるし、
ラストではムリヤリ泣かせに掛かってきて卑怯だし(でも策略通りに泣かされた単純な俺。)
ナゾもネタはともかく日本語でお願いしますレベルの理不尽問題文が多かったように感じて
先に進める楽しさを見つけられずに少々苦痛に思っておりました。

今までは章ごとに用意されている、背景や町の住民が所持しているナゾを
一通り見つけてから話を進めるようにしていましたが、それらを探すのすら億劫になり、
進行上解くことが必須となっているナゾのみ回収してクリアしてしまいました。

おかげでピカラット不足で、クリア後の“ひみつのモード”の
キャラクター紹介やサウンドテストのページが一つも開いていません。こんなの初めて!

ただ、そう言いつつもそこまで悪い印象を持っていないのは、
作り手が内容の薄さを自覚しており、構成に手を抜かず、素材を丁寧に作っていることや、
本編以外のオマケ要素でカバーしようと努力している様子が伺えたためだと思います。

本編中の進行とは関係のないミニゲーム類も豊富なのですが、
本編をクリアすると「レイトン教授のロンドンライフ」というオマケRPGが開放になります。
「100時間遊べるオマケ」という謳い文句らしいので、太っ腹ですよね。

まだ序盤を触っただけですが、歴代シリーズに登場した脇役キャラが
ドット絵になってチマチマチマチマ歩いているのを眺めていられるだけでも楽しいです。
ファンアイテムとしては、むしろこっちのほうがメインになるのではないでしょうか。

「魔神の笛」を1作目として、これからまた3部作になるみたいなので
「ロンドンライフ」をのんびりプレイしつつ新作を待つことにいたします。

後続となる作品に関しては既に展開プランが立てられているのでしょうから、
今作よりも余裕を持って製作に取り掛かれるのではないかなあ、と想像しております。
ゲームシステムを変えるような話も出ていたので、それはそれでいいんじゃないかと思っています。
今回で従来のやり方では限界が見えてしまったのは明らかですしね。

しかし「レイトン」シリーズがこんなビッグタイトルになるとは
1作目が出たときに誰が予想できたでありましょうか。
今1作目をやり直したら、雰囲気が違って「あれ?」ってなりそうです。

それにつけても(?)「jubeat」のやりたさよ。
ブログパーツを見ていると、刻一刻とランキングを追い抜かれていて焦ります。
ランキングなど気にせず、マイペースに楽しめばいいだけなんですけどねえ。

とりあえず個人的な目標としては3億点までは到達したいです。
が、どうだろうなー。Lv.8でゼーゼー言っているようでは道のりは遠い。
でも、Lv.9もクリアだけなら出来るようになった曲もありますので
牛歩なりに一応進歩はしているようですよ。

つーか、こんな週一回30クレジットとかじゃなく、毎日3クレジットずつ遊びたいです……。
最後のほうのプレイでは疲れてスコアがガタガタになってしまって意味ないよ……。

▲上に戻る

2009.12.8 [Tue] えっ!?

「家庭教師ヒットマンREBORN! DS オレがボス!最強ファミリー大戦」に
バジル居るのかよ!? 早く言えよ! スルーする気満々だったけど居るなら買うよ!
ポスターとかミジンコほども要らないけど限定版を予約してきたよ! 

ええー。

プレイヤーがボンゴレファミリーのライバルマフィアのボスとなって
メンバーをスカウトしまくり好き放題やる、という何層に訴えているのかよく判らないゲームです。
「マフィアが過ごしやすい街を作ろう!」とか字面だけだと超不穏なんですけど。

# ライバルマフィアじゃなくてツナ不在のボンゴレの、代理ボス役でした。

ま、ジャンルとしては「ファミリー育成シミュレーション」となっていますが
いつものようなちびっ子向けミニゲーム集でしょうな。

系統として前作に当たる「ボンゴレフェスティバル」は割と普通に遊べたので
あんな感じにまとまっていてくれれば御の字かと思っています。
初代作の「ボンゴレカーニバル」が酷すぎたために
元から期待値が低いので、今更何が来ても別に驚きませんけど。

登場キャラクター盛りだくさん! というのも売りのひとつのようなので
バジルの埋もれ具合に俄然期待が高まって参りました。

何せ公式サイトの集合イラストの時点でヤバイ。
頭から炎(青い)を出した状態でギリギリ存在をアピール出来るか出来ないかです。
普段から注目しているので判別できますけど、普通の人なら「これ誰だっけ?」ですよ。
本当に、心から、手放しで可愛いとは思うのですけど恐ろしく地味だ。

しかもバジル本来の所属組織が独立しているために、
他のキャラクター達のように仲良しグループ的な分け方に含められず、
画像を作った人もどこに置こうか迷った様子が伺えます。
おかげで向かって右下端のまとまりの無さは異常、という感じに……。

■ 家庭教師ヒットマンREBORN! DS オレがボス!最強ファミリー大戦(オレボス) | タカラトミー
  http://www.takaratomy.co.jp/products/gamesoft/SFT/boss.html

何回も言っていますけど、何だかんだで「REBORN!」には愛着もあるのですが
「週間少年ジャンプ」本誌連載の、これ以上クソな展開はありえないだろう、という予想を
新しい号が出るたびに翻す、凄まじいガッカリ超展開ぶりからますます目が離せません。

いくら何でも漫画1回分の中で、言っていることが矛盾している箇所が3つくらいあるのとか、
編集は何をチェックしているんですか、としか言えませんですよ。
描いている作者さんが一番混乱しているのではないでしょうか。
相当笑えない状況に陥っていることは確かだと思います。

もしや、編集部としても何とかして穏便に打ち切りに持ち込むために
ワザと野放しにしているのではないか? と邪推してしまいます。
ネガキャンなんだか擁護なんだかよく判りませんが、最後まで読みますので、
しつこいですけど何でもいいから、それっぽいオチだけはつけて欲しいです。

あと、もう一個バジルの話をしてもいいですか。ダメって言われても言いますけど。
敵の攻撃技じゃなく、変身する際の衝撃波的演出攻撃で深手を負うとか雑魚過ぎ噴いた。
自分の返り血で右目が潰れてしまっているし、活躍しないフラグビンビンだよ!

いや、変に活躍されてもまた力関係がインフレして矛盾処理が追いつかなくなりますので、
どちらかというと、させようにも出来ないのは判るのですが、だったら最初から出すなよ!
と、笑わずにはいられませんでした。本来の役目は何だったのだろうなあ。

まあ、今の「REBORN!」は出番があるほどキャラ崩壊するので
描かれなかったもの勝ち、という意味ではバジルは相当勝ち組です。
俺の嫁こと、あの電波で無邪気で可愛かったハルを返してください。

「賢い犬リリエンタール」には頑張っていただきたい。

▲上に戻る

2009.12.13 [Sun] 「クロウカシス」(エロゲー)が届いた。

ってことは、12月も半ばに差し掛かっているということではないですか。
恐ろしい。年賀状の準備をしなくては……。

「クロウカシス」は初回起動時にインターネット認証が必要になり面倒くさかったです。
作業自体は一瞬とはいえ、ちゃんと購入してプレイしているのに信用されていないようでちと悲しい。
こればっかりはホント、割れ厨は氏ね、と思わざるを得ません。

あと、ゲーム画面のウィンドウがデカくて他の作業をしながらのプレイがやりづらい。
やりづらいというか出来ない。時代の流れとはいえ余計なお世話だなー。
エロゲーにそんな素敵な解像度は求めてないよ。

======

クリアするのが勿体無くてチビチビ進めていた「ルーンファクトリー3」を
いい加減終わらせないと他のゲームに手を出せない、と思って
今日1日ラストスパートのつもりでプレイし続けていたのですが、
ヒロイン達のラブ度10イベントを全部見てから終わらせようとしたため
思ったよりも時間がかかってしまい、結局未だに結婚出来ずです。

誰を嫁に貰おうかなあ。
突出して好きなキャラが居ない代わりに全員個性的で可愛く思っているので
この際独身貴族でみんなにチヤホヤされるハーレム生活も楽しい気がしてきた。

いや、それではストーリーが進まないのでダメなんですけど。
酪農やレベル上げをメインに据えての2回目のプレイなら
そんな遊び方もありなんでしょうけどね。

つーか、モニカと結婚できない時点でテンションが下がったので正直誰でもいいです。
立場上イベントが少なくて不遇っぽい、メガネ有角人のクルルファさんにしようかな。
ババア結婚してくれ!

======

「jubeat ripples」でLv.9に未クリア曲を残したまま
ついにグレードがゴールドランクに突入してしまってあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛、です。
グレードポイントはプレイ回数さえ重ねれば自動的に加算されるものなので、
腕前と比例していなくて非常に恥ずかしい。低レベル曲のスコア埋めで張り切りすぎました。

でも隠し曲の“INVISIBLE WORLD”が解禁されて嬉しいです。
ゴールドランクはグレードが上がるたびに曲が解禁になるので
早く上に上がりたいなあ、と思う反面、成長しないままプラチナムに到達しそうで怖いです。

3月にはバージョンアップで「IIDX」と連動するみたいなので
必要に迫られて「IIDX」デビューとなりそうですが、
敷居が高すぎて今更真面目に手を出す気にならないのですよね。
PS2版HAPPY SKYも未開封放置のままですし……。

ゲームで聞くより先にサントラを聴くのはポリシー(笑)に反するので
隠し曲をマッチングで揃えてしまいたい衝動に駆られますが
自分自身の「jubeat ripples」の賞味期限切れが早まりそうなので我慢しています。
まだ飽きたくない。もうちょっとこのトランス感を味わっていたいです。

======

先日のアニメ「REBORN!」はオリジナルのギャグ?回で
内容がくだらなさすぎて普通に面白かったのですが、
皆が次々とトラップ(じゃないけど)に掛かる中、一人だけ回避出来て偉いはずなのに
リアクションの機会が得られなくてむしろ何しに出てきたか判らない。

という空気絶好調なバジルには流石としか言いようがありませんでした。
ツナに向かって「しっかりしてください」ってかお前がしっかりしろよ! みたいなね。
普段より出番は多めだったのに何ということだ。素晴らしい。主に解説能力とかが。

▲上に戻る

2009.12.15 [Tue] 冬コミ・サイキックフォースサークル情報更新しました。

CD-ROM版カタログ内を「サイキックフォース」で検索しても
1件しか引っかかってこなくて焦ってしまいました。

申し込んだことが無いのでよくわからないのですが、
コメント欄に単語を記載することで検索候補に挙がるようになるのだと思うのですけど
そこに特に記載がなくても関連ジャンルが隣り合って並べられているのは
公表されない別の記入欄などがあるのでしょうか?

来年は2010年なので活動復帰される方もいらっしゃるのでしょうか。
友人は昔描いたものの本にしないで終わっていた原稿を
この機会に形にすると言っていたので、それに期待しております。

来年こそは保存会を形にするぜ、と意気込みながらも
まず毎年やろうとして出来ていない部屋の掃除を以下省略。
先日もオークションで珍しいものを譲っていただいたので
お披露目がてら情報収集させていただきたい……。

▲上に戻る

2009.12.18 [Fri] 当サイトに対する検索ワードで

「オレボス」「バグ」「フリーズ」等の単語をチラホラ見かけるようになっていたので
何かしら? と思っておりまして、本日通販で届いたソフトを早速遊んでみたら
あらあらまあまあ、修行モードのミニゲーム開始時にバリバリフリーズするじゃないですか。

1時間ほどのプレイで2回固まったため、バグ自体は存在しているようですが
何か特別なことをして固まったというわけではないので
プレイヤー側で回避行動が取れない、ランダム発生の厄介なタイプかと思われます。

しかもこの修行モードがいい感じに苦行と来たもんだ。
登場キャラクターのステータスアップのために「修行」をするわけですが、
修行しただけではアップせず、修行を1回クリアするごとに30の経験値を得て、
100ポイント経験値を溜めると1レベルアップ。

1レベルアップで成長ポイントを1ポイントゲットするので、
得意・不得意分野に合わせて1〜3のポイントを消費してパラメータを1アップ。

という非常に回りくどい成長システムになっており、
しかもミニゲーム(3種類)がまたビミョーに判定が辛くて
適当にやっていればクリアできるというものではないのが厄介です。

決して難しいわけではないのですが、画面上の変化を反射で避ける系なので
常に画面に集中していなければならず、片手間でやる、ということができないのです。

さらに何じゃこりゃと思ったのが、「修行」をするためにはお金が掛かるのに、
基本、金を貯めるには時間経過(ゲージがある)を待つしかないという理不尽仕様。
一応金稼ぎ目的のミニゲームも1つあるのですが、それも1回挑戦すると
次にトライするには短いながらも時間経過が必要です。

作っている段階で、あまりにもアッサリクリアできるようになってしまったため
上記のような手間を重ねる形でプレイ時間を水増ししようとしたのでしょうかねえ。
ちびっ子が毎日チョコチョコ遊ぶ分には長く楽しめていいのでしょうか。
「REBORN!」が好きで好きでたまらなくて、尚且つ暇な人向け、かなあ?

フリーズバグについては再現性を示すものがないので
修行をするときには、面倒でも2〜3回クリアごとくらいでマメにセーブする
というのが最終的には時間の短縮になるのかもしれません。
育てまくっていざ固まったら、物凄く凹むハメになると思います。

そうそう、ここで最もクソだと思ったのが、メニュー画面を開くためにXボタンを押すと、
メニューを開くかどうかを確認される、というわけの判らない仕様です。
作中の名目上は「見回り」モードを抜けるという意味での確認なのですが、
どう考えても要らない一手間です。

何となく、そこにもフリーズバグが潜んでいるために
この手順を踏ませて回避しているのかな、という気もしないでもないですけど。
いや、ホントに何となくですけどね。画面切り替えのモッサリ具合が気になるもので……。

そんなこんなで大の大人が遊ぶには大変微妙な出来ですが、
個人的にはとてもヤル気が出て参りました。
もし今後攻略本が出ないのならデータ集作ります。

バジルは普通に遊んでいてもなかなか出てこないみたいですが、
限定版付属のトランプに収録してもらえていたので満足です。
でもキャラクター大集合シールには居ねえー!
と思ったら、ハルと京子ちゃんも居なかった。何故に。

追記:修行モードに入る時の画面切り替えでもフリーズした……。
   これはなかなか油断ならないぞ。

▲上に戻る

2009.12.19 [Sat] 何だかんだで「オレボス」を

満喫してしまっているという悲しい現実。

フリーズバグは別に修行の時に限って起こるものではない模様。
メニュー画面の中の画面切り替え時に固まることもありました。
やはりマメなセーブを心がける以外に解決策はないようです。

レベル上げメンドクセエ! と思っていましたが
オート進行のミニゲームバトルは最大でも5回戦なので、育成キャラクターも5名程度に絞り、
そのキャラが得意とするパラメータのみを一転集中で伸ばし、
ミニゲームで求められる対応パラメータにぶつけるようにしていくと
比較的容易に進めることが出来ました。

プレイヤー操作も1戦だけ可能なので、そこではパラメータに拘らず
己のテクニックで臨機応変に勝ち抜くことも出来ます。

何で主人公のパラメータアップだけポイント消費が激しくなっているんだろう
と思ったら、そこでバランスを取っているのですね。育成の意味ない。
いや、育てなくても勝てるというのはありがたいので、別にいいのですけど。

バジル出てくるの遅ッ! そして頭から炎出てないからモブキャラみたいだよ。
クリアしてから自己満足のために育てることにしよう……。

▲上に戻る

2009.12.20 [Sun] 「家庭教師ヒットマンREBORN! DS オレがボス!最強ファミリー大戦」クリア。

うむ。評価の選択肢が「良ゲー」と「クソゲー」の2択しかないとしたら
間違いなくクソゲーですが、データを取りながらやっていたのでそれなりに楽しかったです。
「ボンゴレ式すごろく」の時にも同じことを言っていた気がするなあ。

本来は嬉しいはずの登場キャラの多さには泣かされました。
仲間にするのも、育成するのも、ひたすら面倒クサい。

クリア後に、とか言っていましたけど、取得経験値アップの日になったので
バジルもムリヤリ育ててみたものの、全く育てていないキャラのほうが
ミニゲームバトルで安定して勝ってくれたりなんかしちゃったりして意味不明。何だこの役立たず。

数値上ではどのキャラクターも大差ないはずなのですが、
隠しパラメータでキャラ差がつけられているのかなあ。
それともキャラクターに対する先入観でそう感じるだけなのか。

初期パラメータの「賢さ:1」(しかも不得意項目)には笑わせてもらいました。
どういうことだ。設定上ではそれなりに聡明なキャラのはずですよ?

尚、最初から最後まで、キャラクターパラメータがどんな風に作用しているのか
全く判らないまま何となくで勝ったり負けたりしておりました。
育成部分は本当に、数値が上がること自体に喜べる人向けの自己満足要素じゃないですかね。
運さえ良ければ誰でもクリアできる、という意味ではこれもアリ……なんだろうか。

匣アニマル(作中の動物型兵器という設定のペット的存在)の修行は成否がランダムで
おいおい、ここにこそミニゲーム入れようや、と思ったものの、Lv.4まで育てたら
1度の修行で貰える経験値が4ポイントになってしまい驚愕しました。

100貯めたら1レベルアップですよ? おかしいだろ。
パラメータ的にはさほど強化されていないだけに、
カンストさせるにはどれほどの手間を求められるのか想像もしたくない。

一応「エサやり」で修行を必ず成功判定に持ち込むことは可能ですが、
金が掛かるし、何よりいちいちメニュー操作をしなくてはいけないのが面倒です。

操作全般でそうなんですけど、カーソル位置を記憶しないのが繰り返し作業に優しくないです。
例えば、仲間の30人目を修行させるときには、毎回30行目までカーソル移動しないといけないという……。

アイテムコンプとか、レベルカンストとかマゾすぎるやり込みは
やりたい人だけがやらかしたら良いのではないでしょうか。
そしてこれもなー。集めさせられる割に快適に一覧出来るモードが無くて不親切なんだよなー。

原作の流れをザッと追う形にはなっているので、好きなキャラクターの登場を楽しみにしつつ、
サラッと遊ぶのが精神衛生上よろしいのではないかと思いました。
仮に同系統の次回作が出るのなら、もっとスローライフゲーム的な
のんびりしたものにしたほうがいいのではないかと思います。

って、誰がそんな手間のかかるゲームシステムで形にしようとするかよ。
テキトーなものをサクサク出して、ファンから搾り取るのが「REBORN!」ゲークオリティーだろ。

総括としては、キャラ総出演だとか、着せ替えモードだとか、
お祭りゲームとしての着眼点みたいなものは悪くないと感じましたが、
プレイの快適さに対する気配りがなく、褒められる点がありませんでした。

尚、ワゴンで入手したと書いた「フェイトオブヒート(FOH)2」は
あまりにも「1」より劣化していたために序盤でヤル気を失い、放置中です。
「オレボス」のエンディングで「FOH3」の存在も匂わせていましたけど
これ以上あの世界をどう広げようというのだろうか。まずは戦闘システムを見直してくれよ。

今週は「jubeat」我慢したぞー。おかげでランキング下がりまくってるー!

▲上に戻る

2009.12.24 [Thu] こんな誤植は嫌だシリーズ(最終回)

クリスマスッパティー!

僕は何の疑いもなく“party”=「パーティー」と読みますが、
「パティー」と表記されることもあるそうですね? 余裕でゲシュタルト崩壊です。
両者を交互に眺めていると、「パーチィー」が脳裏を掠めたり
「ティ」の部分に違和感を感じ始めることウケアイ。ホッホウ!!

は? 貴方の聞きたいクリスマスソングぅ?
BUMP OF CHICKENの「星のアルペジオ」一択だろ!!!

以下近況報告覚書。

■ 祝日は年賀ハガキをプリンタに押し込んで終了しました。

■ DS「ルーンファクトリー3」はクルルファさんとの感動的な告白イベントを経た後、
  街をうろついていたダリアさんと成り行きで結婚してしまいました。

■ DVD「ゲームセンターCX」の6巻視聴完了。特に感想なし。
  面白かったですけどネタ切れ感は否めないかと。
  やっぱりDVDじゃなくて本放送を見ていないとダメなのかなあ。

■ 「クロウカシス」は攻略が出揃ってから進めます……。
  「殻の少女」以上に全くプレイヤーのことを考えていないストレスフルな作りに尿漏れ。
  最初の聞き込み捜査では反射的に「タバコ すう」と思ってしまいました。
  エロゲーなんだから、無理して探偵ADV風にしなくてもいいのよ!

■ 以前書きかけて消えたDS「アイマス」の感想を再度打とうとするも、
  筆が進まずで更新するする詐欺状態。すみません。
  冬コミカットでは涼ちんがダントツ人気で笑う。

■ 「jubeat」がやりたい。
  好きなものを吐くまで食い続ける悪癖を何とかしたい。

私信:郵便事情が落ち着いた頃、「CX」「レイトン」「ルーン3」を発送しますので
   どうぞよろしくお願いいたします。

▲上に戻る

2009.12.28 [Mon] 年の瀬も押し迫っているというのに

会社の人に年賀状印刷を依頼されて「jubeat」をやりに出掛けられもしない。

ウチのプリンタがインクジェット葉書をマトモに給紙できないと知っての狼藉か!
つーか、そんなときにばっかり頼ってくるんじゃないですわよ!
しかも印刷だけじゃなくてオリジナルデザインまでって、金取るぞオラァ!!

と思ったりなんかしてしまいますが、
戸籍上はいい年こいた分別の付く大人のはずなので黙って引き受けました。

しかし、こうやって素人が家庭でそこそこの物を作れるようになってしまうと
印刷屋さんも商売上がったりだよなあ、と心配になります。
高画質をウリにするとか、大部数印刷に対応することで住み分け出来ているのでしょうか?

外に出られない悔しさを、DS「インベーダーエクストリーム2」(借り物)に癒してもらっています。
元祖「スペースインベーダー」を基にしながらも、
大胆なアレンジで全く別のゲームに生まれ変わった好例ではないでしょうか。

基本がシンプルなので適当にやっていてもそこそこ進めるし、
高得点を目指すためのスコアアタック要素が豊富にあってとことん追及できるし、
Wifi対応で世界ランキングに挑戦出来たり、DS版なら相手さえ居ればですが
同じくWifi対応で対戦相手を探せたりと、何気に至れり尽くせりです。

ルールを説明しても面白さを上手く伝えられないので
まずは公式のPVをご覧ください。

……と思ったのですけど、そちらを見てもあまり凄さが伝わらないのでした。

ショットの打ち込み音等が、テクノ系BGMに合わせた効果音として
リアルタイムに反映される(インタラクティブサウンドと名づけられているようです。)ため
その画面と音とのシンクロ具合で非常にキモチヨクなってきます。
プレイ感覚としては「メテオス」「ルミネス」「Rez」あたりに近いでしょうか?

普通に遊ぶ分にはそこまで難易度も高くないので、シューティングというよりは
シューティング風パズル、といった印象を持ちました。

一通りクリアして、スタッフロールを拝見しましたけど、
プロデューサーは「サイキックフォース」製作スタッフでもあった青木氏なのですね。
ボイスコーディネーターの項目にウォーターオリオンさんと
福島おりねさんの名前が連なっているのにもちょっと感動してしまいました。

タイトーさんも不況の煽りを受けてか、なかなか厳しい状況に立たされているようですが、
こんなに面白いソフトをプランニングする底力をお持ちなのですから
なんとか踏ん張っていただきたいなあ、と思う次第です。

それにしても、「スペースインベーダー」と「アルカノイド」は
リメイク時にも比較的優遇されているというか、丁寧に作ってもらえている印象があるのですが、
どうしてその心構えが「バブルボブル」と「レインボーアイランド」に働かないのかと
非常に不思議に思ってしまいます。笑。

■ スペースインベーダーエクストリーム2|株式会社タイトー
  http://www.taito.co.jp/csm/sie2/

そうそう、DS「WORLD DESTRUCTION」もクリアしました。
世間の評価通り、あまり出来のいい作品ではありませんでしたが、
エンディングで登場人物たちが嬉しそうにしていたせいか
個人的にはこれはこれで良かったんじゃないの、と満足しています。

といっても、ワゴン救出品であること、既に攻略が出揃っていたこと、
最初からあまり期待していなかったこと、など、
不満に繋がりにくい環境があったためだろうなあ、とは思っているのですが。

ストーリーに関しては話半分に聞き流していたので特にストレスも感じていません。
主人公とヒロインの利害が上手いこと一致したので気が付いたらあんなことになっていた、
くらいでOKかと。深く考えたら負けです。

最後まで一体何時、何が理由で二人があんなにラブラブになったのかが
さっぱり伝わってきませんでしたが、本人達が幸せそうなのでいいのか、っていう。
おかげで周囲どころか、世界丸ごと振り回されてエライことになってしまいましたが。

話の展開自体はともかく、物語終盤でパーティーメンバーの団結の意思を
ダイジェストで一気に見せられるなど、いろいろと端折りすぎて
プレイヤーの感情移入が追いつかない部分が多かったので
殊更主人公とヒロインの行動に納得が行かない方が多かったのではないかと思います。

ヒロインは世界を滅ぼしたい、主人公は世界を滅ぼしたくない、
という背反した思いがあるはずなのに、そこに対する葛藤なしで滅びの道を驀進してしまったり、
かと思いきやよく判らないうちに踏みとどまってみたりと、結局どっち!?
と混乱させられる部分もありました。

作り手としてはこう受け取って欲しいんだろうな、というのは何となく伝わってくるのですけど、
全く描ききれていないので意味不明になってしまっているのですよね。
(余談ですが、現在進行中の「REBORN!」の未来編もそんな感じですな。)

ただ、ヒロインが素で極悪人なのはちょっと面白かったです。
終始、世界を滅ぼすだの、口癖は撲滅する(要は「ぶっ殺す!」)だのと
荒々しい行動の裏に悲惨な過去でも隠されているのかと思ったら
全然そんなことは無かったぜ! みたいな。

そこに何か理由付けが合ったなら、まだ同情の余地も生まれたのかもしれませんが
……いや、彼女はアレでいいんだよ。多分。逆に潔い気もしないでもない。

20時間程度でクリアできますので、暇つぶしにやりたいなら別に止めはしないけど、
敢えて人にはオススメしない。そんなゲームでした。

それからこれもスタッフロールを見て気が付いたのですけど、
製作はイメージエポックさんだったのですね。
大変申し訳ないですけど、DS「ルミナスアーク(1)」の悪印象が強すぎて
そりゃ出来には全く期待出来そうに無いだろう、とクリアしてから改めて思ってしまいました。

メニューがパクリ新納イズムだなあ、とも思っていましたが
同じSEGA販売の「セブンスドラゴン」繋がりかと思ったら、
スタッフロールにも名前が出ている辺り、それなりに直繋がりだったみたいですね。
どうせならシステム構成にも口出ししてくだされば良かったのに。

それからキャラクターデザインに、言わずと知れた
「サイキックフォース」製作スタッフの坂本氏こと、かどつかさ氏のお名前が。
えっ? どの辺に? 全然判らなかった。ラスボスとかかなあ。

▲上に戻る

2009.12.30 [Wed] 部屋の掃除もそこそこに

午前10時の開店ダッシュでプレイスポットに突撃し、
午後8時まで「jubeat」やってました。えへ、えへへ。

そんな目で俺を見るな!

音ゲーをある程度やりこんだことのある方なら経験があると思うのですが、
突如覚醒して1曲に付き3〜5万点スコアが伸びました。
おかげで当初目標としていた3億点に到達です。いやー、良かった良かった。

……とはならなかったわけで。
何だコレ。3億点ってまだまだ序の口じゃん。
Lv.7以上が全然詰め終わっていないのですけど。

順位(jubeat ripplesの順位は純粋に合計スコアの高さで決定されます。)も
3億超えたくらいでは5,000番台を抜けられないのですね。
プレイ中に自分自身がチョッキリ5000位になった瞬間があったので、
思わず携帯電話でメモを取ってしまいました。

ちなみにこれを書いている時点(午後9時30分)では4990位になっていますが、
1週間後にはまた5500位くらいに落ちているんだろうなー。
jubeatプレイヤー頑張りすぎ。ていうかjubeat廃人が多過ぎですよ。
中毒性、及び極めたくなる気持ちは痛いほど判りますけれど。

プレイ過程に目標設定に使える要素が沢山あるので、
遊んでいてモチベーションの維持が比較的容易というのも
頑張ろうと思える理由じゃないかなあ、と思います。

たとえば序盤はBASIC(いわゆる簡単レベル)全曲クリアを目標にして
慣れて余裕が出来たらADVANSED、EXTREME(それぞれ難しいレベル)に挑戦するとか、
曲ごとにクリアスコアでレーティングが付くので、
Sランクを目指す、SSランクを目指す、と徐々にハードルを上げていくだとか。

はたまたスコアには拘らず、フルコンボ自体を目標にするとか、
ひたすらグレードランクを上げてみるとか、人それぞれの遊び方があると思います。
もちろん好きな曲のEXCELLENT(フルコンボ・フルパーフェクト)を目指して
ひたすらやりこむのもアリでしょうしね。

それらを達成するごとに称号が貰えるため、
称号を全部集めることもやりこみ要素になる、というのが
繰り返しプレイを誘う要素として一役買っていると思います。

とまあ、書いてみたものの細かい理屈は抜きにして
「jubeat」面白いよ! みんなやろうぜ!! っていうね。

来春3月の「jubeat ripples APPEND」が出たらどうなるか判りませんが
今ならまだ作品としての初期段階に当たりますので、
曲も無理ゲーと言われるほど難しいものもなく、飛び込むなら今がチャンスだよ!

Lv.10ボス曲「Evans」はジャケットが青いので
ついついキースを連想してしまって自己嫌悪。

ちなみに超名曲です。今後jubeatがシリーズを重ねても
この曲は延々と語り継がれるのではないでしょうか。
初見殺しは伊達じゃない。

▲上に戻る