2009.10.4 [Sun] 虚無。

おほう……。何もやる気がしないでヤンス……。

原因はわかっているのです。PSP「銃声とダイヤモンド」が面白すぎた。
クリアしたのは先の日記にあるとおり、ちょっと前のことになりますが、
余韻に浸りっぱなしで他のゲームに手を出す気分になれないでおります。

何を書いてもネタバレになってしまうため、感想の書きようがないのですが、
ゲームシステム的なことを解説しても、この作品の面白さの本質はシナリオにあるため
凄さが全く伝わらないしで、どうやって人にオススメすればいいやら困ってしまいます。

体験版もあるにはあるのですが、そちらでは面白さを体験できないどころか
逆につまらなさそうに見えてしまうという逆効果の恐れもあるので、
個人的には、本編をクリアした後に体験版をやってみて欲しいと思っています。

または、本編を遊ぶことは確定した状態で体験版をやる、というのもアリかなあ。
「こんなので大丈夫か?」という感想を持ちつつ本編を始めて、
第一印象の不安を払拭する構成力の巧みさに度肝を抜かれるが良い。

ちなみに体験版の内容は本編と重複していないため、
ファンならクリア後に確認しておいても損は無いのではないでしょうか。
内容はあって無いようなものですが、なるほどね〜、と思えるはず。

バッドエンディング回収の、苦行としか言いようの無い作業の繰り返しと
ラストエピソードで盛り上がりが失速してしまうのが残念でしたが、
久しぶりに凄いテキストアドベンチャーを遊ばせてもらったなあ、と満足感でいっぱいです。

それゆえいざ終わってしまうと寂しくて仕方ありません。
続編希望! 続編希望! でも恋愛要素は要らないよ!!

ビックリするほど売れていないらしいので、クリアした後、新品をもう一本買ってきてしまいました。
今なら「ねえパパ〜、『銃声とダイヤモンド』買って〜」とねだられたら、
誰彼構わずいい気分で3本買い与えてしまいそうです。
エンディングは忘れずに2つとも見てね。あと面白くなかったらごめんなさいね。

■ 銃声とダイヤモンド 公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/jyudai/

PSP「428 〜閉鎖された渋谷で〜」が届いているので序盤を触ってみたのですが、
頭の切り替えが済んでいないため一旦休止しています。
シナリオに没頭できないまま進めてしまうのは勿体無さすぎますので。

システム的な「街」の正統進化、及び続編という感じで非常に心躍るものがあります。
今回「428」が売れたついでで「街」にもスポットライトが当たり、
読み込み時間を改善したPSP廉価版が再リリースされないものだろうか……。

■ 428 〜封鎖された渋谷で〜 公式サイト
http://chun.sega.jp/428/ (Wii版)
http://www.chunsoft.co.jp/games/428/ps/ (PS3/PSP版)

▲上に戻る

2009.10.13 [Tue] アニメ「REBORN!」の新OP。

バジル、非戦闘員に格下げのお知らせ。

いやあ〜笑った笑った。
確かに、実質的に敵とは戦っていなかったですけど
スゲー頑張って解説してるじゃないかよ!(進行形)

原作の中身がスッカスカなので、OPを作るだけでも素材が足りなくて
アニメスタッフさんは泣きを見ただろうな、というのがよく判る出来になっております。
なんつーか、これは流石に同情せざるを得ないものがあります……。

===

PSP「428」をクリアしました。
連休3日費やしてやり遂げたことがコレって、どうなんだい。
でも凄く面白かったです。満足です。

例によってネタバレになるため詳しい感想は書けないのですけど
最後まで判りやすくて無駄の無い伏線が張られており、
物語の終わりに近づくにつれて畳み掛けるように現れる真相に
読み進める手を止めることが出来ませんでした。

同様のザッピングシステムを用いていた「街」も
主人公の行動が他の主人公の運命に影響するという点は同じなのですが、
物語はあくまで個々のものであり、アッサリした締めくくりであったため、
盛り上がり的に物足りなさを感じる部分もありました。

その点「428」はひとつの大きな事件の結末に主人公達が集まってくるので
プレイヤーの選択肢操作で見事解決した、という充実感が得られる形になっていました。

「街」はラストのアッサリ感がプレイヤーにその後を想像させたり
余韻に浸ったりする余地を与えてくれていたので、
どちらがいいというよりは好みの問題かな、とは思います。

「428」も、エンディング後にプレイヤーの想像に委ねるシーンが挿入されるのですが、
この辺はむしろしっかりした結末を見せて欲しかったです。
メディアミックス展開が決定しているので、そちらで語られることになるのかもしれませんけど。

何にしても、作中で広げた風呂敷に関しては
キッチリ畳んでくれているため、読後感が非常にスッキリしています。
自らTIPSでその辺りを言及しているだけのことはあります。

もし「銃声とダイヤモンド」でモヤモヤした方がおられるなら、
「428」もやってみるとよろしいかと思います。笑。
いや「銃声」も話自体はキチンと完結してるんですけどね。地味なだけで。

オマケシナリオが豊富に用意されていて、
サウンドノベルシリーズでおなじみの“栞”もあるようなので
やり込み甲斐もあるのではないでしょうか。
この後は攻略の助けを借りながら楽しみたいと思います。

しかし、確認したところPSP・PS3版「428」はあまり売れていないらしいですね。
DS本体がヒットしたおかげでアドベンチャーゲームを遊ばせる土壌は出来たか
と思っていたのですけど、PSPとなると話は別なのでしょうか。

あとは何だかんだでキャラ萌え要素も重要なのでしょうかね。
実写モノは初見の取っ付きやすさ的に厳しいものがあると思いますので。

そこをカバーする目的であろうTYPE-MOON監修のシナリオについては、
別物過ぎてあんまり……。という感想でした。正直、辛くて読み飛ばしてしまいました。
決して出来が悪いとかではなくて「428」なのに渋谷関係なくね? っていうね。

素材の関係や話題づくりのためにワザとやっている部分が大きいでしょうから
文句を言うのはお門違いなんですけど。

あとは医療関係のアレコレが出てくると個人的に若干冷めるのがアレではありました。
首からか……。やったことないけど、どうなんだ?

===

お借りしたDS「メテオス ディズニーマジック」をやっています。
プレイ前にはどうだろう、と思っていた横スライドは、
単純にプレイが楽になるのでこれはこれでアリかと思っています。

基本は同じなので面白いことは面白いのですけど、
無印「メテオス」よりもオブジェクトが派手で目が迷います。
せめて自分にディズニーに対する思い入れがあれば
見ているだけで楽しい、と思えたかもしれないのですけど。

横スライドが可能になったためか、クリア条件が厳しく設定されているものがある
(ような気がする)ので全面クリアできるかやや不安です。
エキスパートとかどんなことになってんだろ。怖ッ。

▲上に戻る

2009.10.17 [Sat] 青い!

アニメ「REBORN!」のバジルの匣が。(武器収納ボックスみたいなものです。)

ダッさ! ショッぼ!! でも確かに原作通りの茶色じゃ地味だしなあ……。
っても結局1回しか使わないんだし、そのままでも良かったんじゃないかなあ……。
来週はいよいよ出オチキャラの本領発揮かと思うとゾクゾクハァハァするね!

京子&ハルの暴走エピソードの整合性もどうやって取るつもりなのかドキドキします。
原作「REBORN!」の迷走で一番困っているのは、間違いなくアニメ関係者さんでしょう。
DVDやラジオでの声優さんのコメントにも戸惑いが見え出してきたのが可哀想です。

個人的には俄然楽しくなってきたというか、思い入れが増してきたわけですが。
どこまで捻くれた感性なんだ。一回りして何かが吹っ切れたんだよ。

白蘭と入江正一のキャラソンCDまで買ってきてしまいました。
まさか白蘭のあの歌詞が、こんな繋がり方をするとは誰も予想できなかったに違いあるまい。
偶然(?)って恐ろしい!

入江の曲は好きなんですけど、オケが寂しいのと進行が退屈なので
もう一捻りあると嬉しかったです。でも意外性があってビックリしました。
RAM RIDERにリミックスして欲しいなあと思ったりなんかしております。結構本気で。

▲上に戻る

2009.10.18 [Sun] DS「THE IDOLM@STER DearlyStars」開始。

わざわさ新品を貸し出ししていただいているので、張り切ってやっちゃうぞ!
と思っていたのですが、序盤にしてダレてきちゃったぞ!!

キャラクターは文句無く可愛いし、声も歌も素敵なんですけど、
レッスンのミニゲームが邪魔クサすぎる。しかも単純なのに難しいし。
ビジュアルレッスンにおいては滅多にA判定が取れないのですが、誰基準の難易度なんだコレは。

ダンスレッスンは「太鼓の達人」風の画面構成になっていますが、
オブジェクト判定が曲ともキャラの動きとも合致してないような気がします。
メチャメチャ紛らわしい。音を消してやったほうがいいのか?

それからメッセージスキップ的な機能が無いのが何気に辛い。
育成できる主人公キャラが3人居るってことは、複数回プレイ前提じゃないのかい?
選択肢ミスやゲームオーバーでやり直したくても、モッサリボタン連打でテンションガタ落ちです。

# メールをいただきました。
# Xボタンでスキップできるそうです。というか出来ました。失礼しました。
# 一通り操作して確認したはずですが、気付かなかったよ……。

「アイマス」のシステムってみんなこんな感じなのでしょうか。
だとするとフルコンプするには相当な愛情を試されるような気がします。
特に本家はキャラクターの人数も多いし、先人達の努力には凄まじい気迫を感じます。

とはいえ、メインはアイドル育成の雰囲気を味わうことでしょうから、
キャラクターに思い入れが出来れば、その苦労が思い出になるのだろうとは思います。

繰り返しになりますけどキャラは本当に可愛いのです。
ポリゴンが荒いのが残念ですが、それでもダンスムービーなどの仕草は頑張っているなあと思いますし、
パートボイスとはいえ、DSの割によく喋ってくれるのも感心します。

ダンスムービーの編集は本家の簡易版なのでしょうか?
振り付けパネルを曲の流れに嵌めていくだけですが、結構遊び応えがありそうな感じです。
現段階では面倒なので殆どオート設定のままにしていますが、
衣装やパネルが全て集まってからが、プレイヤーの本当の腕の見せ所なのかもしれないですね。

ちなみに現在のプレイでは主人公に水谷絵理を選択しました。
何故ならイメージカラーが青かったからです。
涼を選ぶだろうと思っていたそこの貴方は残念でした。(?)

説明書を全く読まずに開始しましたが、気弱なビクビクキャラ属性も持っているので
結果的に当たりを引いたような気がしています。喋り方に特徴があって可愛いなあ。
ヒキコモリネットアイドルという設定も今後の成長ストーリーに繋がっていくようで楽しみです。

本家「アイマス」のDVD付きCDもお借りしたのでこれから見るぜ!
ていうか、360版本家も新品でお借りしているので、まずそっちを遊ばないとなんですけどね。
据え置き機で遊ぶの辛い……。みんなポータブルになればいいのに……。

▲上に戻る

2009.10.19 [Mon] 「Colorful Days」の特典DVD視聴中。

PSP「アイマスSP」のプロモ集みたいなディスクですが、
本家「アイマス」をプレイしたことが無い自分の目から見ても
961プロのサゲサゲ感にショックを受けました。

いや、きっと進むにつれてちょっといい話になっていくんだろうと思いますけど。
とりあえず美希ちゃん可哀想過ぎる。元キャラ知らないのに凹んだ。
あと、声優さんの小芝居のテンションの高さにちょっと引いた。(笑)

▲上に戻る

2009.10.22 [Thu] アニメ「REBORN」の「キャラソンシングル大全集2」が届いたよ。

初回特典としてCDジャケットサイズの卓上カレンダーがついてきました。
ギョッとするほどいらねえ!!

未来編XになってからのDVDジャケット絵もそうなんですけど
中途半端に原作絵に近づけようとしているらしく、
アニメ本編のキャラクターデザインからも離れてしまって気持ち悪いです。

塗り方も原作の水彩風CGカラーを真似ようとしているのか
変な斑(まだら)模様が掛かっていて非常にみっともない。
色の境目がくっきり分かれているのがアニメ絵なのに、全部ぼやかして何がしたいの。

あと「ペルソナ4」の立ち絵の時にも話題にした、
顔に掛かる光源無視のグラデーション影までも装備しておりイライラは最高潮です。
斑でボンヤリグラデってるんだからもういいだろうがよ! せめてどっちかにせえや!!!

なんて怒り散らし風味を炸裂させてみましたが、別にどうでもいいです。
ちなみに何故このCDを買ったのかというと、合唱曲でバジルも一言だけ歌うからです。
いわゆるその他大勢ってやつです。居るだけありがたいと思えってな。

しかし、キャラソンCDの企画を立てる方も大変でしょうね。
これだ! という特徴を持ったキャラクターのほうが少ないので
それっぽい歌詞を捻り出すのに一苦労だと思います。ネタにもならない。

今後控えているチョイス編の敵キャラ達はどうするのかな。
今までの流れから言って出さないわけにはいかないのだろうし。
ハハンバーロー。

ま、それはそれとして作業用BGMとして活用することにします。
先の日記に書いている「アイマスSP」のCDもリピートさせていただいておりますよ。
どこかで聴いたことがあるような、と思ったら、クリスマスソングはカバー曲なんですね。

ていうかカズン!? 渋い!!?

そういえばセラニポージの“ラビットパニック”をカバーしているキャラも居るのだとか。
機会があれば聴いてみたいですけど、やはりまずは本編を遊ばないとですよね。

DS「アイマス」でもレッスンのサブイベントに既存キャラが見学に来たりして、
元キャラを知っていたらそれこそ「キター!!」って感じなんだろうなあ、と思ったりとか。
そしてここでも美希ちゃんはサゲキャラなのかい? ライバル業界も厳しいわァ。

「オーバーマスター」DVDは、ライバルキャラにだって
こんな可愛い一面があるんだから!的なフォロー映像集でしたね。
「アイマス」シリーズに第2シーズン的なものが生まれるならば、
DS版の3人と961プロの3人も育てられるようになるのかなー。

その“オーバーマスター”は歌入りよりカラオケのほうが好きかもしれません。
ファルコムRPGのバトル曲メドレーっぽい。もしくは豪華な「スーパーロボット大戦」っぽい。
そうでもないか。適当言いました。すみません。

=====

Serani Poji:ヒーローたちへ
http://www.myspace.com/seranipoji

▲上に戻る

2009.10.23 [Fri] 「plug+program」の封印を解く!

って、実際に開封したのは2週間くらい前なんですけど。そんなんばっかじゃねーか。
村井聖夜氏のアルバムです。ここ最近はこればかり聞いています。

PSP「おおかみかくし」を予約したときに注文したので
届くのも「おおかみかくし」と一緒だったのですが、
限定版グッズの下に埋もれていて、買ったこと自体を忘れていました。

慢性的なBGM不足に思いがけないボーナスを貰ったみたいで必要以上に嬉しいです。
いえ、金を出したのは間違いなく自分自身なんですけど。ニュアンスを汲んでいただきたい。

村井氏の作るメロディラインが好きで聴いている身としては
どの曲にも満遍なく村井節(?)が感じられてハズレがありません。
見方を変えるとワンパターンということになってしまうのかもしれませんが、
並びのどこから開始しても、ランダムで流しても非常に安定します。

とはいえ意図的に行ったのでしょうが、前半に盛り上がる歌モノが固まっており
後半は大人しめの曲が多くなるので、少々尻窄みに感じるような気もしないでもありません。
聞かせていただけるだけでありがたいので、別に文句を言うつもりはないのですけど
素直な感想として、そこだけ惜しいと思った次第です。

IIDXは全くチェックしていなかったので“Leaving...”はこのアルバムで初聴きです。
時代が時代なら、くまのきよみさんが歌唱担当されていそうですね。懐かしくて新しい。
「pop'n music」に移植されないかなあ。Pink Rose並に遊びまくるよ!

ていうか、コンシューマ版「pop'n」は打ち止めなんでしょうか?
IIDXもPS2で発売になるものとしての最終作が出たみたいなので、
次の家庭用BEMANIのハードが何になるのか、非常に気になっています。
Wiiはやめて……。リモコンはやめて……。

アーケードゲームに全く目を向けなくなっていたため
恥ずかしながら本当につい最近まで知らなかったのですけど、
新機軸音ゲーとして「jubeat」なるものが稼動していたのですね。

稼動開始は2008年ですから乗り遅れた感満点ですけど、
ありがたいことに旭川市にも2作目に当たる「〜 ripples」が入っているので
スガイディノスに通って遊んでいます。

■ jubeat ripples -スペシャルサイト-
http://www.konami.jp/bemani/jubeat/ripples/

ネットワーク通信対応のため全国のプレイヤーと繋がっているのを体験できて、地味に感動しました。
単純に点数を競うだけのようなので、ガチ対戦というより
協力プレイみたいなユルい雰囲気なのも年寄りには丁度いいです。笑。

まだ始めたばかりで低ランクの曲しか遊べていませんが、
e-AMUSEMENTカードも購入したので、ちょっとずつ進めていけるといいなと思っています。
村井氏の新曲も収録されているので(サントラは購入済み)、せめてそれを見られるくらいには頑張らないと。

気が早いのもいいところですが、正直、家庭用に移植して欲しいと思ってしまいますが、
出るとしても専用コントローラ必須、かつ非常に高価なものになりそうです。
もしアーケードの内容にほぼ準拠したものが遊べるようになるのなら
3〜5万くらいなら出してもいいな、と思うのですけど、それでも売り手としては厳しいでしょうか。

そういう意味では、既存の音ゲーの系譜の、延長線上にある取っ付き易さと、
アーケードゲームの専用筐体であることを追求した結果の操作性なのだろうか、と思いました。
是非とも末永く稼動していて欲しい作品であります。

つーかアレか? これこそDS向きなのか? ウソん!
現行機では同時押しの判定処理が問題になるでしょうけど
さらなる新しいDS本体が出ることがあるならば、その辺も何とかなるのかも?

▲上に戻る

2009.10.28 [Wed] ぼやぼやしてたらもうすぐ第一次超能力大戦が勃発しちゃうよ。

食べ物の賞味期限が軒並み2010年表記になっており心臓に悪いです。
何か開封するたびにウヒョッ!となります。怖い怖い。

先日「旋光の輪舞」の2ちゃんねるログ保管庫のほうを更新させていただいたのですが、
一部のコンテンツは1年ほど放置していたことに気付いて申し訳なく思いました。

「旋光の輪舞DUO」をプレイできていないこともあり、
作品に対してのパッションというか、モチベーションを維持することが出来ておらず、
ついつい「また今度でいいか」みたいな気持ちになってしまってイケマセン。

2ちゃんねる派生のまとめサイトの運営については別に義務ではないのですが、
始めたからには最後まで責任を持たなくてはなりませんよね。

足を洗うのならそれを明言して、引き継いでくれる方を探すべきなのですけど、
それなりに頑張って構築したモノ達でもあるので、そっくりそのまま譲るというのも
何となく悔しい気がして躊躇してしまう、己の器の狭さにガッカリします。

で、作業をしていて勢い付いたので、「サイキックフォース」関連の過去ログ漁りの旅に出たところ、
なんと当サイトに未収録のスレッドを22本も発掘してしまいました。
定期的に検索をかけて探していたつもりだったのですけど、どうやらザルだったようです。

とはいえ、1桁2桁のレスで落ちているスレッドが殆どなので
資料的価値は薄いかもしれません。荒廃の跡が物悲しいね。

ニュー速VIP板に至っては「サイキックフォース」というタイトルで立てて
1〜2レスで落ちているものが4本くらいあったのですが、
ゲームに対してのものなのかバンドに対してのものなのかの判別がつかないため
そちらに関しては保管対象から除外することにしました。

今週末辺りにサイトのほうにアップロードできたらいいなと思っております。

DS「アイマス」、絵理シナリオクリア、愛シナリオを進行中です。
夢子の脇から手ェ突っ込んでおっぱい揉みたい。

1日に1〜2週間分を進めるのんびりプレイで行こうと思っていたのですが、
途中で出てきた五十嵐局長が中年期のカルロのような容姿だったために
俄然やる気が出てきて25日には終わらせていました。

周回プレイではレッスンでの成長率に上方補正が掛かるようなので
グンと進めやすくなって助かっています。
前回文句を言ったビジュアルレッスンについても
あっという間に操作に慣れたので全く気にならなくなりました。

人間ってスゴイネ! その適応能力を他の事に使えるといいのにな!!

▲上に戻る

2009.10.29 [Thu] 総合トップに

「jubeat ripples」のブログパーツを設置してみました。

http://psychic.incoming.jp/

本当はこの日記ページに置きたかったのですけど、
想像していた以上にパーツサイズが大きくて断念しました。
そんなに情報量が多いわけでもないのだし、2/3くらいに縮めてくれまいか。

今日は難波と町田のプレイヤーさんとマッチングする機会があり、勝手に親近感を持ってしまいました。
サイキックフォース関連の知人様のホーム(付近)のためです。
ご当人は多分プレイしておられないだろうから、おススメしてみようかな。

現在、楽曲Lv.1を埋め終わり、Lv.2〜3を順にプレイしている最中です。
他の音ゲーもそうなのですけど、押すところが少ないと逆に難しく感じます。
BPMの低い曲ではつい余計なところに手を出しそうになります。

試しに他のレベルにも挑戦してみたところ、自分の適性はLv.6のような気がしました。
何とかクリアは出来るので、慣れたら非常に楽しそうです。Lv.7はまだ無謀かな。
というか、本格的にLv.6以上に行こうとした時の壁になりそうです。

プレイ内容によってポイントが加算されていき、
グレードアップするシステムになっているのですが、
White→Bronzeに上がれずに挫折しそうな予感がします。
飽きるまでは頑張りますけど、慣れた頃に次のバージョンが出てしまいそうで怖いな。

あとはプレイスポットがもうちょっと近くにあるとありがたいのですが……。
いわゆる“ゲーセンうちに来ないかな!”状態です。

▲上に戻る