2008.12.2 [Tue] 「CLANNAD アフターストーリー」のDVDが届いた。

箱がデケー! デケー…デケー……(エコー)
帯の背が春原兄妹だ。やっぱり兄単体では間が持たないのだろうか。
アフターストーリーの予備知識は仕入れないようにしておりましたので、
これから8ヶ月間、新鮮な気持ちで楽しめちゃうゾー☆

DSの積みゲーを崩し終えたつもりになっていましたが
「世界樹の迷宮II」を序盤で放り投げていたことを思い出しました。

今は「レイトン教授と最後の時間旅行」をプレイしているので、
これが終わり次第手を付けたいような、もう面倒なので売っちゃおうかなー、みたいな。
遊ぶ余裕がないならやり込み型のRPGなんぞ買うなっつーのよ。マジで。おうう。

「レイトン教授・時間旅行」は思い切ってファンタジー要素を取り入れたことによって
話の引っ張り方が上手くなったように感じます。

今までは問題を解かせるためにストーリーを追わせていましたが、
今回はストーリー進行に合わせて問題を配置している風の演出になっています。
前作を手放してしまったので比較できないのですが、
立ち絵切り替えなどの映像的な演出面もさりげなく強化されているような?

問題を解くときのメモ機能もグッと充実した上に、
ヒントも最高4段階まで見られるようになっていて大変親切です。
その肝心のナゾも全て新規製作とのことなので、
ラストに相応しい力作に仕上がっているのではないでしょうか。

とは言え、まだプレイ途中ですので、最終的にどんな評価になるかは判りませんけど。
最初から3部作というのが決まっていたためか、
無理なく綺麗な進化を遂げたようだなー、と思っています。

ルーク少年が「動物と会話できる」という特技を
3作目にしてやっと発揮できたことに笑いました。

▲上に戻る

2008.12.4 [Thu] 余計なことを言い過ぎて

ランチアに当て身を食らわされて昏倒していたバジルには噴かざるを得ない。

▲上に戻る

2008.12.6 [Sat] 「レイトン教授と最後の時間旅行」クリア。

話の内容が滅茶苦茶なのは、この3作目に限った話ではないので別にいいのですが、
9章あたりから突如、雰囲気が変わってしまったのが残念でした。
ファンタジーならファンタジーで貫き通して欲しかったし、
現実味を帯びさせるならそれなりの説得力を持たせるための背景が欲しかったです。

前作までの内容を踏まえ、話のオチは何となく見えていたのですが、
そこに持っていくまでのイベントが唐突で、表現方法もオーバーだったように思います。
プレイヤーを驚かせることに力を入れすぎたって感じでしょうかね。
冷静に考えると被害規模がデカすぎて引いちゃうんだよな。見なかったことにしろってか。

あと、芸能人を声優起用するためだけに入れられたと思われる一部のサブキャラクターが
「レイトン」の世界に馴染めていないように思いました。
ストーリーには関係のない部分なので、話題作りとネタ的に遊びを入れているのかもしませんが、
若干不快でもありました。ぶっちゃけ、このキャラ要らなくね? みたいな。

プレイヤーの慣れもあるし、ネタ切れもあるのでしょうが、
ナゾの難易度は全体的に下がっているように感じました。
途中で詰まらずに済んだのは好都合ですが、物足りないと感じる方も多いかもしれません。
クリア後にオープンになるナゾのほうで調整してくれているといいのですけれど。

と、あまり良くないところを上げてみましたが、
前2作品よりもシステム的に遊びやすく、ちゃんと面白かったです。
ストーリーも先が気になる運び方になっていて、今まで感じた中だるみがなかったように思います。
ラスト間際の展開やムービーでは、あざといと思いつつも涙腺が緩んでしまいました。

何よりカバンの中のオウムが可愛かったので満足しています。
「この道をまっすぐ進ンで悲しみガ見えタラ右折です。」
深い! ような気にさせられる!

さて、次は何をやろうかな。
「ボンゴレフェスティバル」も届いたけど、まずは「ロストマジック」かな。

Wii「428〜閉鎖された渋谷で〜」も届いていますが、本体を持っていないので出来ません。
何やらファミ通レビューで満点を取ったと伺いましたが……。
それは逆に不安要素なんですけども。どうなの。実際のところ。

Wiiは1月に「FRAGILE 〜さよなら月の廃墟〜」や「アナザーコード:R 記憶の扉」が出るので
そろそろ本体を入手するべきかと思っていますが、
すぐに遊ぶ時間がないのなら特に急ぐ必要もないのですよね。
Xbox360も眠らせっぱなしだし。

ところで、上記に挙げたゲームには
みんな思わせぶりなサブタイトルが付いていて何だか中二病的です。
“最後の時間旅行”だけが割と普通に見える。(笑)

▲上に戻る

2008.12.8 [Mon] 「親たちが〜あるってことだ」の電話コードの夏野は

スプンタ・マンユの胴体に形状が似ている。
それゆえ格好いいと感じるのではなかろうか。

▲上に戻る

2008.12.9 [Tue] 普通の日記と「ジャンプSQ」の一行感想を

交互に更新しようとしたのですが、取り立てて言うことがないので終了。

先月頑張って読んだため、話が続いている分読みやすく感じました。
これからも読み続ければ、どの作品にもそれなりに愛着を持てるようになるのだろうな。
あ、「かおすキッチン」は迷走し始めた気がしないでもないです……。

年末に向けて、今年何度目かの部屋の片付けをしているつもりになっています。
エロゲーを手放すための第一歩として「リトルバスターズEX」をながらプレイ中。

一通りのCGや追加テキストを確認したかったので
世界の秘密は知らないことにして開始したのですが、
無印自体をかなりすっ飛ばしてプレイした割には内容を覚えていて、ダルいです。
個別ルートに入る前の共通パートが長いよ……。

そしてこれが噂のBGM、しゃらら えくすたし〜♪! つかえねー!!
はるちんルートで初めて聞きましたが、本当にいきなり来るから笑ってしまいました。
早くざざみとくちゃくちゃしたい。沙耶シナリオも評判が良いみたいなので楽しみです。

▲上に戻る

2008.12.10 [Wed] テンション上がるゥ。

PS版「サイキックフォース」オープニングアニメのセル画を譲っていただきました。
OVAのセル画もそれはそれでいいのですけど、原作であるゲーム関連物ともなると
その存在感と希少価値は格別となるように思われます。

一般に流通したのは懸賞品になった10枚前後だと思うのですが、
残りはタイトーさんでキチンと保管してくださっているのでしょうか。
マスターROMは完成したからもう要らない! ってアッサリ処分されていたら悲しいなあ。

今回譲っていただいたものには裏紙が付いていなかったので、
何度か人の手を渡り歩いているものではないかと思っています。
過去にキースのセル画を入手したときには、裏紙付いてた……よな?
ちょと、記憶が、あいまい。(おさわり風)

「サイキックフォース2」の時はデジタルアニメに移行していたでしょうから、
こういう原版的な“モノ”は存在していないのでしょうね。
不謹慎ですが、関係者が時効を盾に絵コンテとか流出させねーかなー。
と思ってしまいます。

▲上に戻る

2008.12.11 [Thu] ゲームアーカイブスに

「シルバー事件」が来た!
……DS移植はどうなったんスか。いや、いいけど。別に。

あと、「サイキックフォース2」用のセーブデータも配信になっているので
最新情報ページにてご紹介差し上げました。よろしければご覧くださいませ。

「サガフロンティア2」も配信開始かー。買おうかなー。
って、既にクリア済みの懐ゲーに浸るより、積みゲーを消化しないとな。
真面目にやっているはずなのに「テレジア」が全然進みません。難しい。

「リトバスEX」は今まさにざざみシナリオに入ったところです。
既存ヒロインの追加テキストも、思ったよりボリュームがありました。
以前のものでは判りにくかった部分に説明が加えられているようで、雰囲気を楽しみました。
理解は出来ていません。誰か解説してください。お願いします。

エロシーンはマジBGMでぶち壊し。
女の子のボイスよりもコーラスの方が頭に響くよ。
クドとのエッチは台詞の特徴的な語尾から
タラちゃんを思い出してしまってショボンぬでございました。

▲上に戻る

2008.12.13 [Sat] 残すは沙耶シナリオ。

となりました「リトバスEX」。
専用BGMが「駆ける」なのは卑怯だと思います。

あー。何だろうなー。無印をやっていたときにも思いましたけど、
麻枝氏担当分のテキストだけいろんな意味で他と段違いすぎて、浮いていますね。

贔屓目ももちろんありますけど、明らかに文章のテンポが
テキストアドベンチャーを書くことに手馴れている人のそれなので、
安心して読めるし、勢いもあるからぐいぐい読まされるもんな。

シナリオの舞台設定が「九龍妖魔學園紀」を思い起こします。
本当はRPGが作りたいというのは本当なんだなー、だーまえ御大……。

▲上に戻る

2008.12.16 [Tue] 冬コミのサークル配置を転記しました。

注文していたカタログが届くのが遅かったので、出遅れた感満々です。
毎度のことですが、参加なさる方はお体にお気をつけて楽しまれてきてください!

そして「リトバスEX」オールクリア。
しかし何故かギャラリーがフルコンプ出来ておりません。
馬鹿理樹差分は3周目で回収するからいいとして、
1ページ目の2つ目って何だ? 小毬?

沙耶シナリオは「リトバス」世界の背景を借りつつも縛りから脱しているため、
別に「リトバス」でやらなくてもいい話のようにも思いましたが、
結果として面白かったので良かったです。泣かないし萌えないけど笑いました。

隠し要素のためか構成もエンディングも破格の待遇でしたね。
ミニゲームの存在は物語をプレイヤーに追わせる(もしくは背負わせる)
という効果があったのではないかと思っています。面倒でしたが。

とか何とか言いつつ既に2周しています。スクレボENDも見ておきたい。
ちなみに「MOON.」は移動がダルくて1周で止めました。

理樹(主人公)と、それを取り巻く環境が苦手だったのですが、
沙耶シナリオでは既存の理樹の皮を破って違う一面を見せてくれていたので
少しだけ好きになれたような気がしている……ものの、
あの性格が出るのは限定的すぎて、もはや別キャラ扱いだよな。
全編であの調子がチョコチョコ出ていたなら良かったのに。

ざざみシナリオは途中で都乃河氏のスメルに耐え切れず
未読スキップしてしまいました。泣きましたけど。
でもこの涙は自分ちの犬の死に目を先取り妄想したせいですな。
若干ネタバレですが、途中で動物ネタが出てくるのです。卑怯だ!

かなたんシナリオは後付のように思えてしまい、素直に楽しめませんでした。
無印に最初から収録されていたらなあ。
はるちんの株は上がりました。もろちん性的な意味で。

魚に罵られつつ手酷いことをしたいです。
お口で溶けずに手で溶けるS&M'S。


パソコンの調子が悪いので、近々また再セットアップが必要になりそうです。
慌ててバックアップをしていますけど、果たして間に合うのだろうか。
ともすれば今にも落ちそうだ。乱暴に&稼働時間的に使いすぎなのか。

▲上に戻る

2008.12.20 [Sat] 半分私信で半分本当にただの日記。

いつも大変お世話になっている文通相手(別に嘘ではない。電子メール。)の方に
貸し出ししていたものを返していただき、新たに色々貸していただいたのですが、
「アイドルマスター」の「太陽のジェラシー」、いい曲ですねー。
サビが大江千里さんの楽曲っぽくて懐かしい感じもします。

「ぴちぴちピッチ」が好きな方は、この曲にシンパシーを覚えることでしょう。
歌詞もそのままマーメイドプリンセス風味だし、ストレートなアイドル歌謡の曲調も凄くそれっぽいです。
実際ネタMADにも使われているみたいで、そちらも紹介していただいたのですけど
正規音源に差し替えても楽しめそうでした。脳内でやります。

「アイドルマスター」もいつかプレイするつもりではいるのですが、
本気で取り組むと大変なことになるのは判っているので、手を出すタイミングを測りかねています。
曲だけを楽しみたいならサントラ類を購入してもいいのですけど
やっぱり最初はゲーム作品中で使われているところを確認したいですしね。

PSPでも関連作品が沢山出るみたいですよね?
発破を掛けるためにソフトだけ先に買っておこうかなあ。
ハマッた時の己の痛々しさを想像すると、居たたまれないものがあります……。

それからPC用の「サイキックフォース2012 キャラクターパズル」のBGM。
自分自身もこのソフトは持っているのですけど、未開封品なので稼動させたことはありませんでした。
オルゴール風アレンジで全キャラ分の曲が収録されているのですが……。

「サイキックフォース」シリーズの曲自体が渋めだと思うのですけど、
そこにオルゴールの粛々とした演奏効果が加わったために悲壮感が漂いまくりです。
コレを流しながら黙々とジグソーパズルだなんて、軽く欝になるのではないでしょうか。

曲自体は素晴らしいのですけどね。原曲はもちろん、このアレンジも。
オルゴールの刹那の曲は探偵ADVの緊迫した場面で流れていそうな気がする新発見。
カルロの曲は探偵ADVの探索パート風だと毎度思ってしまいます。

レジーナの曲は歌詞が乗っていてもおかしくないですね。演歌っぽくなりそうですけど。
何度も話題にしていますが、タイトルはもうちょっと考えて欲しかったです。
刹那のテキトーぶりも気になります。笑。
カルロのは英語が苦手すぎて意味を汲み取れません。つまりどういうこと?

それにしてもカルロ・レジーナ・刹那の取り合わせは何故こんなにも笑いを誘うのでしょう。
今こうやって名前を列記しただけでニヤニヤしてしまいます。

ついでに「刹×カル・カル×刹流行れや!」と暴言吐いたことを思い出してしまいました。
類義語に「キー×カル・カル×キー流行れや!」もあります。
別に本気で言っていたわけではありませんが、何かに反抗してみたかったのでしょう。
友人には申し訳ないことをしました。できれば忘れていただきたい。

貸し出ししていたことをズッポリ忘れていた「REBORN!」のアニメも
久しぶりにチラッと見てみるかー、と思って適当なところで止めてみたら
バジルが長文の解説台詞を物凄い早口で言わされていて笑ってしまいました。
台詞自体は少ないのに、そんなんばっかじゃん。声優さん大変だっただろうな。

しかしバジルは青いなあ。いろんな意味で。
いつか「これしきの傷、なんともありません!」と言ってくれないものかと
マニアックな願望を抱いてしまいます。

ちなみに最近の「REBORN!」アニメの放映分はラストのハルハルインタビューだけ見ています。
本編が原作に追いついてしまいそうなので、オマケコーナーなのにどんどん長くなっているような。
個人的には嬉しいからいいのですけど。でもこのコーナーも登場キャラ数が限られてくるから
そのうち限界が来てしまいますよね。どうするのだろう。

惰性でDVDは揃えているので、気が向いた時にまとめて確認するつもりです。
と言いながら、既に手元にある巻を開封すらしていないという現実。何とかしろ。

他にもPSPの「銀河お嬢様伝説ユナ」と「サクラ大戦 活動写真」等もお借りしたので
のんびり拝見したいと思っています。どうもありがとうございました!

▲上に戻る

2008.12.24 [Wed] 年賀状の印刷で四苦八苦。

毎年のことなのですが、何故ウチのプリンタは
インクジェットプリンタ用ハガキだけをきちんと給紙してくれないのでしょうか。
もう何周空打ちしていると思っているんだい。
分解するぞコノヤロウ。(これも毎年言っている。)

久しぶりにオタ年賀状でも作ろうかと思いましたが、そんな余裕はありませんでした。
来年こそはきちんとサイトを切り分けて、絵とかも掲載出来る日記に変貌したいです。
恐ろしいまでにジャンルがぐちゃぐちゃになりそうですが……。

というか、そんなに描きたいと思うものもないような気がするのですが。
オタクだけど創作技能はないので、やれることが見つけられません。

ハガキを指で押し込む作業に戻ります。

▲上に戻る

2008.12.30 [Tue] 大掃除をしているフリをしています。

思えば自室の在庫処分セール(?)をしたのは今年の正月明けだったのですよね。
調子こいて一気にオークションに出品しまくったから、大変だったなあ。
あれからもう1年経つのかー。はえーなー。

で、それ以来余計なものは買い込まないように気をつけていたはずなのですが、
部屋のスペースに全く空きが見つからないのが不思議でなりません。

更なる「要る・要らない」の篩いに掛けているのですが、
上記の片付けのときに相当厳しくチェックしていたため
これ以上要らないものなんてありません。

現在の手放す候補は、岡田あーみん先生の単行本以外の漫画と「CLANNAD」関連物です。
大変悩ましい……。が、それ以外はサイキックフォース関連物です。
そっちが捨てられないのだから、それ以外を処分するしかありますまい。

正月は仕事がありますので、今日明日の休みで何とかしなくてはなりません。
現実的に考えて無理ですけどね。来年末まで持越しだぜバーカ。

そんなこんなで相変わらずのどうしようも無さですが、
皆様は良い年末をお過ごしくださいませ。
本年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

▲上に戻る