2008.1.4 [Fri] 過去ヲ殺セ

は、言わずと知れた「シルバー事件」のキャッチコピー。
携帯電話用コンテンツで「25区」が再配信されることになったので
浮き足立って慌ててマイメニュー登録したのに
904iにはまだ対応されていなかったのが昨年最後のガッカリエピソードです。

再配信自体は以前の配信期間にプレイしたくても出来なかった身として
本当にありがたいのですが、元々はDSに移植されるために配信終了
という経緯だったと思うので、それが再び同じ形で出されてくるっつーのは
もしかして大人の事情って奴スか? と不安になります。

さて、明日死ぬと仮定して、今日中に処分しておかなくてはならないものは何だ。
と己に問いかけたところ、自分で描いた原稿だろうということになったため、
ネタ帳に落書き、完成原稿までの一切合切をシュレッダーにかけました。

あんなに苦労して描いたアレやコレやも
哀れ70リットルゴミ袋にギュウ詰め3袋分の紙屑に。
でも自分の絵だから全く悲しくないのが逆に後ろめたい。
普通、もっと魂込めて描くものなんじゃないのか?

ただ、「レジやんVSせっちゃん」だけは
友人の原稿と合わせて一セットなので残しておきました。
時間が出来たらデジタル・リマスタリングとかやってみたいですね。
友人の許可が得られるならPDFで無料配信とかもいいかも。

「ヴァルキリープロファイル」はラストダンジョンを攻略中です。
様子見としてゲームレベルはEasyで始めて、
クリアしたら速攻売ろうと思っていたのですけど
結構面白いのでNormalをクリアしてから貸し出しして、
返ってきてから売ることにしました。

プレイしていて何かを髣髴とさせると思ったら「ジェネレーションオブカオス」でした。
○×△□ボタンにキャラを対応させる戦闘システムとかが。
アレがしっかり作りこまれると「ヴァルキリー」になるんだろうなあ、みたいな。
発売順は逆ですけども。

ついでに「Riviera」は「ヴァルキリー」みたいなゲームを作ろうとして
あと一歩踏み込み損ねたんじゃないかとも思いました。

ちなみに「スペクトラル」シリーズや「ジェネレーション」シリーズでおなじみの
アイディアファクトリーさんは、ギラリと光る微妙ゲー発信基地として注目していたのですが、
段々プレイするのが苦痛になるレベルのボリュームになってきてしまい残念無念。

別にクソゲーじゃないんだよなー。でもそんなにやってられるかァ!!
と途中で投げ出したくなるんだけど、ある日突然単調作業に覚醒して
いつの間にかクリアしている。

凄く売れている、というほどではないようだけど
文句を言いつつも目を放せないファンを多数抱えているメーカーのような気がします。
近年の作品は雑誌記事を見ただけで作業感を脳内体験して満足するようになり、
購入すらしていないのですけど、どんなモンなんでしょうか。

微妙と言えば「REBORN!」のゲーム。
Wii版の「ドリームハイパーバトル」にバジルもサポートキャラで出てくるそうで。

使える技は「死ぬ気丸 三錠」。
基本的にバジル用に調整して作られた薬品で、
(製作したのがツナの父親なので、他にはツナが飲めるくらいっぽい)
2つ飲むのでさえ危険だと言われていているデカいアレを一気に3つは無茶だと思うよ。
……ん? 相手に飲ませるのか?

過去の日記で「(多分出ないから)出てくるなら買うよ」とか言っちゃっていましたが、
居るのが判っても全く購入意欲が湧かないです。Wii本体も持ってないですしね。
今をときめく人気ハードで出る都合、なかなか値下がりしなさそうだなあ。

Wii・「ノーモア・ヒーローズ」も発売されましたが当然遊べていません。
ジャケットでトラヴィスがさりげなくおっぱい触ってるのが気になってしょうがない。
股間のビーム・カタナでメッタ斬るぃ! ←河南子ボイスでお願いします。

▲上に戻る

2008.1.9 [Wed] バリバリ身辺整理中。

オークションにて出品作業中に付き、音信不通気味で失礼しております。

コレだけ出しても全く部屋のスペースが広がらないのは何故なんだろう。
一体どこにどうやって詰まっていたのか。不思議不思議〜。

▲上に戻る

2008.1.14 [Mon] 2008年が始まってから

1月も既に半分が終わろうとしている恐怖。

年が明けてから掃除をするのは運勢的にあまり良くないらしいですね。
汚れと一緒にツキも逃げてしまうのだとか。
逃げるような素敵な運なんざ、元々持ってないから別にイイケドネ!

とりあえずオークション出品分の1巡目の発送準備が終わったので
慌てて日記を打ったりなんかしちゃっているわけですが、
この後も続々どうでもいい小物をワラワラ出す予定です。

もう面倒なので、捨ててしまってもいいような気もしてくるのですけど、
先に出したどうでもいいもの達もそれなりに巣立っていくのを見ると
やっぱり捨てなくて良かったなあ、とか思ってしまいます。

不用品を片付けてしまわないことには「サイキックフォース」関連物の
整理整頓のしようがないので(部屋に物を展開するためのスペースがない。)
処分へのモチベーションが続いているうちに一気にやってしまおうと思います。
あとは今後、余計なものを買い込まないようにしないとな。

つって、新年早々エロゲーを買ってしまって
アンタ一体この積みゲーいつ遊ぶ気なの? 何がしたいの?
みたいな。でも廉価版パッケージはDVDトールケースだから
初回版よりも場所を取らなくて助かるよねー。

えーと、それから何だ? ビデオに取っておいて
観ているつもりで観ていなかったアニメの「REBORN!」をデータに変換しながら、
また観ているつもりになりました。

指輪編の終盤だからか、絵的には随分安定したようですが、
相変わらず構図や脚本のテンポがグダグダで、ひたすらダルかったです。
まあ、個人的にはバジルが画面の端っこに突っ立って、
思い出したように解説したり驚いたりしているのを確認できればOKです。

8日放映分で指輪編が終了したため、イタリアに帰還させられてしまい少々寂しいですが、
(あのデカイ死ぬ気丸をゴッソリケースに入れてツナに渡していて笑った。)
次回からはまた日常編に戻るみたいなので、以降は楽しく見られそうな気がしています。
ハルやランボや獄寺などが真価を発揮できるのは、やはり何でもありの日常編だと思いますので。

未来編もアニメになるのでしょうか。
追いかけるのが辛くなってきたのでキリのいいところで終わって欲しいです。
最近はアニメにするための原作ネタが不足しがちという噂なので、
番組枠を埋めておくために、終わらせるにも終わらせられないという、
大人の事情もありそうですけれど……。

シナリオ新規書き起こしで「WaqWaq」がアニメ化すればいいのにな。
流血シーンで血が真っ黒でも、問題ないどころか原作どおりです。
まさに打って付けじゃないですか。いや、マジで。

掃除をしたら、なくしたと思っていた単行本が出てきて嬉しいです。
動く護神像が見たい。主に父ちゃんアールマティ。

ゲームはまだ「ヴァルキリープロファイル」をやっています。
戦闘に軽いタイミングアクション要素があるので、
自分で動かしている、という感じがしてとても楽しいです。

Hardモードは趣味の領域なので流石にヤル気が起きないですが、
Normalはそれなりに極めたくなってきました。

▲上に戻る

2008.1.20 [Sun] 寒くて何も出来ません。

自室にアイスクリーム置いておいても溶けないよ。

背に腹は変えられないとはまさにこのことだ、と
今まで控えていた暖房を入れざるを得ない冷え込み具合でございます。
しかし暖かいのは暖房器具の周辺のみなので
パソコンの前に居るとあっという間に指先がガチガチに……。

1月でこれなら2月はどうなっちゃうのだ。冬将軍・キースのアホ!!
と、空想と現実の区別が付かなくなるくらいに(そんなの10年前からだよね。)
意識も朦朧としてきます。寝たら死ぬぞです。

全く作業が進まないので、寝床で携帯ゲーム機で遊んでばかりいます。
というか、やっとゲーオタ的生活の感覚を取り戻したと言ったほうが正しいか。
ウヒョー、ゲームたーのしーい! 時間の無駄だと揶揄されたって
やめられないもんはやめられないもんねーだ!!

借り物ゲームに関しましては、携帯ゲーム機分は全て消化いたしました。
楽しかったです。どうもありがとうございました。
感想を書かせていただこうと思っていたけど、どんどん記憶が薄れていきます。
近いうちに何とかしたいものですが。

今は自分で購入した分の積みゲーに手を出しています。
「パタポン」と「勇者のくせになまいきだ。」を交互におさわり中。
「ヴァルキリープロファイル」でPSPの動作に慣れたせいか、
PSP本体にも愛着が沸いてきました。

今までクソロードとか言って邪険にしていてごめんよ。
確かにロードはクソだけど、ゲーム自体は面白いものも沢山あるんだね。
それでも自分はローディングの長さに関しては元々耐性があるほうなので
文句は言うけど妥協はしている、という感じだったのですけど。

つーか、PSPで最初に遊んだ「バブルボブル」と
「レインボーアイランド」が度を越えて最悪だったんじゃ……。
お借りした物に言うのも申し訳ないですけど、ホントあれは無かったよ。
でもこの2作に触れておいたおかげで、他のソフトのロードが
全て許容範囲に感じられるのはもしかしてラッキーですか?

「ヴァルキリー」では読み込みのタイミングを調整しているらしく、
ムービーや、ダンジョンとフィールドマップの画面切り替えといった
一般的にも大きな読み込みが入るであろう箇所でしか待たされ感はなかったので、
PSPもソフトのほうで工夫しようと思えば何とか出来るものなんだな、
ということが判って良かったです。

特にムービーを多用していたスクウェアさんのソフトは
PS時代からローディング速度の技術に力を入れていたみたいなので
その辺のノウハウがPSPソフトにも伝わっているのでしょうか。

PS版の「ヴァルキリー」の時から軽快動作だったのだとしたら
エミュレーション関係で上手いこといっているのかもしれませんが、
エニックスさんのPSソフトは遊んだことがありませんのでよく判りません。

エミュレーションといえば、PSP・PS3のゲームアーカイブスで
「BAROQUE〜歪んだ妄想〜」が配信になっていたので、
やっと機会を得てダウンロードし、チョコッと触りました。
昔遊びすぎているので今やりこもうとは思えなかったけど、
ザラついたポリゴンから懐かしさと安心を得られました。

PS2版「バロック」は未だ開封していないのですが、
Wiiにも移植されるそうなので、そちらを待ったほうがいいのかな、とか。
プレイヤー視点モードが追加されるのは楽しみです。

後はバグフィクスをキチンと行っていただきたいです。
既存のものはヤル気を削ぐのに十分すぎるバグり方だったので、
そちらを潰すのはもちろんですが、視点関係で
新しいバグが生まれることのないようにお願いいたします。

しかし技術の進歩は本当にスゲーなー。
言葉どおり「プレイステーション」を「ポータブル」できるのですね。

非公式のエミュレータに御株を奪われがちですが、
公式のソフトラインナップがもっと充実してくれれば
それだけでPSPを持っている意味も生まれるでしょうに。
今の対応ソフトはSCEI系列の主力だったソフト以外は微妙なモノが多いと思います。
「ふしぎ刑事」があったのには笑ったけど。

タイトーさんもまだライバルソフトが多くないうちに
「サイキックフォース」の1と2を配信してはいかがですかー。

▲上に戻る

2008.1.23 [Wed] 自分で言ってみて気になったので

PSの「サイキックフォース」がPSPで動くのか、試してみました。
当然手持ちのソフトと機材を使用しての作業ですので、悪しからず。

スゲエ。本当に普通に遊べる。
しかもパソコンのエミュレータで動かしたときよりスムーズに動いている気がする。
変に規制しないで、もっとこの辺のポテンシャルを売りにしてしまえばいいのに。

って、それが出来ちゃうとゲームアーカイブスの売り上げが
ウンともスンとも言わなくなるから駄目ですか。
公式配信データの利点といったら、PSPで閲覧する用の
説明書データが付いてくるくらいだもんな。

手持ちのソフトを稼動させるだけでいいならば
わざわざ改めて配信データにお金を出そうという人はいないですよね。
自分みたいなコレクター気質持ちなら別でしょうけれど。

ちなみに写真は壊れても構わないつもりで
カスタムファームウェア導入専用に購入した新型PSPです。
メインで使っているのは青い旧型機。フェリシア・ブルーなんざ青いうち入らねー。

ところで割と最近、自分の周囲の複数の方が
「PSPのエミュレータで昔のゲームやってみたい!」とおっしゃっていて、
エミュレータの存在も随分と一般に浸透してきているのだなあと驚きました。

しかし、正当に動かすにはそれなりの知識と投資が必要になってくる、
という情報が欠如している様な気がしてチト怖いです。

まだ、ROMデータをアップロードするのは違法だけど、
ダウンロードするのはグレーゾーンなんでしたっけ?
2年ほど前にWinny騒動が起きたときも、会社の同僚の方達に
やり方教えてー、って言われてスゲー困ったことを思い出しました。

倫理的にあまり良くないと思いませんか? と説明しても、
その仕組みについてよく判っていない方にしてみれば
「タダで手に入るに越したことなくない?」という感覚でしかないのですよね。
まあ、そりゃそうだよなー。その辺は価値観の違いだからどうしようもないです。

むしろ法的に罰せられるわけではないとしても、
悪いことをしていると自覚しつつやっている方は
完璧に自己責任の世界なので好きにしたらいいと思うのですが。

便利な言葉だぜい、自己責任。

そのテの情報雑誌もアングラ臭が薄れてきていて何だかなーです。
携帯ゲーム機本体とこの本があれば、すぐにでもエミュレータでゲーム遊び放題!
と勘違いさせるような謳い文句になっているのもね。まあ、商売ですしね。
騙されちゃいけないYO!

▲上に戻る

2008.1.24 [Thu] サボっていた各方面の

2ちゃんねるログ倉庫を更新中。
話題にしそびれましたけど、「旋光の輪舞」も2の開発が始まっているのですよね。
前作はバランス調整に相当苦心されて、それでも結局未完成で終了した感じが否めなかったですが、
新作ではデータが累積した分、より良いものになってくださることに期待しております。

新キャラは容姿だけでは前作ほどのインパクトはないですね。
とりあえず、新キャラの白髪のキャラが若だったらすごく嫌だなあ。(笑)
リリがいなさそうなのは仕方がないけど、櫻子さんはどうしましたか。

本日の絵は「学トラ」のキャラット殴り書きです。
彼女のデザインの素敵な部分は手が敢えて化け物仕様である所だと思います。
猫耳っ子にありがちな天然ボケのフワフワキャラじゃなくて
天真爛漫かつ性悪狩人気質なのも面白かった。
「八つ裂きにゃー」とか言ってるから早々に殺されたわけですが。

いや関係ないか。

▲上に戻る

2008.1.27 [Sun] 私信、兼、日記。

大阪の方に某北海道銘菓をお土産に差し上げたら
お返しに「白い大阪」をいただきました。いやっほーう!?
つーか大阪の白いところって何? グリコの電光看板??

ちなみに某偽装事件期間中、北海道では
「私の恋人」が微妙に幅を利かせていた模様。
今度探して送ります。消えてなければ。

以下、借り物メモ。

・DVD「映画・ふたりはプリキュア スプラッシュスター〜チクタク危機一髪!」
 何気に初プリキュア。今観ています。
 というか、コレを打っている間に見終わりました。

 TV版もイチから見てみようかなー。
 これだけしか知らないと、主人公二人の友情や絆とかが
 あまり実感出来なくて勿体無い。

 アニメ本編のほかにミニコンサート映像も収録されていてお得な感じ。
 オープニング曲は勢いがあって可愛いですね。

・DVD-BOX「マーメイドメロディ ぴちぴちピッチ ピュア」
 ジャケットがマーメイドプリンセス勢ぞろいで華やかです。
 デジパックは水着姿でサービス満点、
 しかし一人くらい貧乳キャラが居てもいいのにな!
 貝殻ブラジャーが取れてしまうから駄目ですか。

 それはさて置き、今作でもかれん様の歌声をお聴きすることは出来るのでしょうか。
 彼女は笑顔も無駄に偉そうで何か笑える。

・PSP「ユグドラ・ユニオン」体験版
 GBA版はゲーム性云々の前に操作性が最悪で、
 繰り返しプレイしたくても一挙一動にヴァー!!となりましたので、
 そこら辺が改良されているといいなと思っています。

 後に完全版が出そうな気がして製品版は予約しませんでしたが、
 この体験版をプレイして、買うかどうしようか改めて考えたいです。

・DS「らき☆すた 萌えドリル 」
・「らき☆すた〜陵桜学園 桜藤祭〜」の特典グッズ
 >バルサミコ・酢トラップ
 >蔵出しボイス並盛CD-ROM〜ドキッ!セーラー服だらけのかくし芸大会!〜
 >ごめんね格闘ゲーム「らき☆ばと!」

 ばるさみこすぅ〜。何故かPS2版本編をやらずして特典のみが手元に。
 PS2ソフトの特典ソフト、なのに2枚とも対応機種はWindowsなのですね。
 未開封のように見えますが、後ろから開けてもいいのでしょうか?
 
 何となく「らき☆ばと!」は、使用キャラが増えた製品版が出そうな気がします。
 事実「萌えドリル」の特典だった「桜藤祭」が製品になっているのですから。
 もし、みゆきが使えるようになるなら買ってもいいかも。

ちなみに以前からの借り物でまだ積んでいるのは

・DC「セガガガ」
・PS2「モンスターワールドコンプリート」

ですな。マジでめっきり据え置き機から遠ざかりまくりで
なかなか手を出す機会を作れないでおります。

PSPは「パタポン」をクリアしました。
公式サイトを覗いてみたら、ファミ通プラチナ殿堂入りしているのだそうで。
個人的には面白かったですけど、プラチナはねーな。
いかにレビュアーが序盤しか遊んでいないか、ということが丸見えですぜ。

最初は珍しさと勢いでこれは名作!?と思わせてくれるのですけど、
最後までやることが同じなので、一気にやると飽きるのが早いでしょうし、
人によっては飽きる以前に全く楽しいと思えないような気がします。

どんなゲームなのかは公式サイトの動画を見ていただくのが一番なのですが、

・○×△□ボタンを音楽に合わせた4拍子でタイミングよく押す
・ボタンを押す組み合わせがプレイキャラクター・パタポンへの命令となり、行動を制御
・攻撃・防御・退避・力溜めを状況に合わせて命令し、敵を倒していく

というシンプルなもの。一見誰でも楽しめそうですが
タイミングを合わせるのが意外とシビアで、
パタポンは戦闘を繰り返してもレベルアップで強くなるということが無いため、
操作に慣れられない方にはいつまで経っても先に進めない可能性があります。

一応、装備アイテムで補強したり、キャラ作成の時点で素材アイテムを用いて
基本性能を底上げすることは出来るのですが、
貴重なアイテムの入手はランダム性が高く、運頼みな面が大きいです。

中級クラスの素材アイテムはミニゲームで入手も可能ですが、
果たしてゲームと言って良いのか判らないほど単純なタイミング暗記ゲームなので、
繰り返し遊ぶのはキツイというか空しいものがあります。

また、逆に慣れてしまうと出来ることがシンプルなだけあり
あまり苦労することなく先に進めてしまうため、プレイが作業化します。

曲にタイミングを合わせると言っても、音ゲーというわけではないのですよね。
そしてゲーム中のキャラの成長を見守るというよりは
プレイヤースキルを磨く方向の集中力鍛錬ゲーム、かなあ。

PATAPON (パタポン)公式サイト

とはいえ、自分の出す命令に健気に従うパタポン達は可愛いですし、
フィーバー状態に入った時の一斉攻撃も気持ちがいいです。
BGMも軽快で、単調作業でトランスできるタイプの人にはピッタリだと思います。

倒せば倒すほどどんどん強くなっていくボスキャラに
限られた戦力でどこまで対抗していけるか、というのも全て自分の腕にかかってくるので、
スコアアタックや縛りプレイが好きな方にも向いているかもしれませんね。

「勇者のくせになまいきだ。」も面白そうなのですが、
これもプレイヤー経験値が重要なゲームのようで、
まだコツが掴めておらず全く先に進めません。
楽しむ前に苛立ちが来そうだったので、いったん保留中。

ダンジョン呼び込み型RPGに見せかけたシミュレーションパズルだなー。
最終的には自分との戦いになりそう。

で、今はPSP版「THE パズルクエスト」をやっております。
DS版よりもグラフィックの解像度が高いのでPSP版を選んだのですが、
ここでもPSPのクソロードぶりが威力を発揮しております。
読み込みのたびに音楽がブツブツ途切れるのです。
ゲーム性には関係ないとは言え、曲自体は素晴らしいだけに残念ですね。

なお、シンプルシリーズにしてはよく出来ていると聞いて手を出してみたのですが、
なるほど、これはなかなか良さそうな感じです。
育成要素や収集要素が盛りだくさんで、やりこみ甲斐もありますね。

公式サイトにFlashの体験版があるので、触ってみてから判断してもよろしいかと。

THE パズルクエスト〜アガリアの騎士〜 公式サイト

ところで、以前描いたときにも変だなーと思っていたのですが、
キャラットの目の色は緑じゃなくて赤でした。
パルックも光も緑だから、ロリキャラはみんな緑だと思い込んでいた。
面倒なので直しませんけど。

▲上に戻る

2008.1.28 [Mon] 「ピッチ ピュア」を鑑賞中。

あれー……なんだか、恋愛色が前作より強くなっていて観るの辛いや。
作画監督の違いのせいでしょうが、絵柄がギラギラツヤツヤしていてちょっぴり怖いぜ。
真・ヒッポの体当たりで笑っちゃってゴメンネ!

▲上に戻る