2006.12.4 [Mon] ココアシガレットを食ったら

蕁麻疹でたよー。

これでまたアレルゲンが特定不能に。
念のため、外箱の材料名を見てみましたが、
砂糖に香料を加えて固めたようなモノなので
これといって珍しいものは……まさか、乳化剤が原因とか言わないよね?

今回はいつもと出方が違ったのでちょっとビビリました。
ひとつの麻疹が直径1センチくらいあるんだもん。痒かったぜい!

おじさん職員の方たち(自分ももう若くは無いですが。)は
懐かしいなー、と言いながら召し上がっていましたが
自分自身は初めて食べた駄菓子で、しかもウマイとは思わなかったので
単純にそのストレスで出たのだとしたら困ったチャンですね。

つーか全然ココアの味しねえ!! 嘘つき!

ドトールで友人と過ごしていたときに
自分自身はコーヒーを飲んでないのに蕁麻疹が出たのは
周囲のコーヒーに対する警戒反応だったのかもしれん。

全然話が変わりますが、普段ゲームをやらない人々がWiiに興味シンシンで、
質問を投げかけてくることにドキドキしております。
なんせウチの父ちゃんですら、「これ(ゴルフ)面白そうだなー」とか言ってるもんよ。
すげえ。こいつが今までとは違う層の開拓ってやつなのか。

CMの作り方も上手いもんなー。DSソフトと冒頭のジングルを揃えてあるから
あの音が鳴ると「おっ?」って思いますし。相乗効果テキメンじゃん。

先日の日記の補足になりますが、
ゲームの本質から見直すというのが目的であるのならば、
既存のゲームファンはむしろ切り離していきたい部分なのかもしれませんね。
もしくは、レゲーのダウンロード販売があるのだから、
それで遊んでいてちょうだいな。的住み分けを薦められているというか。

奥が深いぜレボリューション(仮)。

▲上に戻る

2006.12.5 [Tue] 一瞬パティかと思いました。

と、知人様が下さったケータイメールの写真には
「アルカナハート」の廿楽冴姫【つづら さき】が。

アッー! ホントウダッー!
「アルカディア」12月号の記事で見ていたはずなのにっー!
全然読む気が無かったから、全然気づいていなかたっー!

息詰まりそう。

いやはや僕のサイキッ力【さいきっりょく】も衰えたものだ。
以前なら真っ先に日記のネタにしていたでしょうに。

だって、折り返し前髪の青髪に黄色いヘアバンドで赤チョッキ風味ですよ?
パチー感丸出し! 「アルカナ」見っけたらこの子を使うよスゥイートハート!
でもきっと旭川には入荷されずにブロークンハーッ!! 

逆に、入荷されても引きますけどね。
もっと他に入れて良かったゲームがあるだろう、と。

アルカナハート公式ホームページ

画面中央下部の青い髪の女の子です。
顔つきは別に似てないですな。音珠も無いし。
雷属性キャラらしいので、ついでにソニアを連想してニヤニヤしました。

あらかたの属性は出ているけれど、光や氷担当のキャラが居ないので
隠しキャラなどもいるのかもしれませんね。(今時居ないわけが無いですが。)
ストーリーに「聖女」という単語が出てくるので、微妙に「学トラ」も思い出します。
あと精霊システムは「精霊異境 REBISS」を思い出すな。

スタッフさんの中に深海工房ファンがいるのでは
と妄想過多な深読みしちゃうぜ。

で、改めて「アルカディア」の記事を見てみたのですが、
何気に登場人物、小学生〜中学生ばっかりなのですね。

こういうギャル格闘というと、主人公とライバルキャラが16歳or17歳で、
ティーンにロリータ、お嬢様にお姉さま、各種取り揃えておりま〜す☆
みたいな布陣が王道だったと思うのですけど。

ついに真理に辿りついたと言うべきか。
やはり日本人は幼女が好きなのだな。

とか書いてはみたものの、正直、ビジュアルでは好みのキャラがいないです。
絵柄自体があんまり……って感じだからかな。目鼻のバランスが怖いッス。
ゲーム画面のキャラのほうがデフォルメされている分、可愛いかも?

ゲームシステムは凝っている中にも初心者に配慮がなされてるという噂なので
ギャルを呼び水に対戦が流行って、ゲーセンに少しでも活気が戻るといいのですが。
うまいこと見かける機会を得られたら、ワンコイン入れてみたいと思います。

いつのまにか「アルカナハート保存会」になっていても驚かないでね!

▲上に戻る

2006.12.6 [Wed] 先日発売された

Xbox360の「カルドセプトサーガ」はバグ満載、とのことだそうで。

まだ遊んでないのに意気消沈でございます……。
360の場合は後発のアップデートでなんとか出来るかも?
ってところが、不幸中の幸いなのでしょうか。

がしかし! 我が家にはパッチを当てる回線環境がありません。
パッチ配布がオンラインオンリーで展開されるならば、
僕の360ライフは今後絶望的な気がしてきました。

オフラインの人向けに、対策はなされるものなのでしょうか。
雑誌にいろんなゲームのパッチを収録したディスクが付くとか、実費負担で配布されるとか。
本体すらまともに触ってないから、サポートの知識なんてありゃしませんです。
既にその辺のことはどこかに詳しく書いてあるのかな。

しかし何というか、後でパッチで対応できるという甘えが生じて、
ボロボロのバランスで発売されるゲームばかりになったらどうしてくれるってなもんで。
エロゲーじゃないんだからさあ。

メーカーも馬鹿じゃないから一応気をつけている、と信じたいものですけど
気をつけているなら「サイキックフォースCOMPLETE」だってあんな出来にはならなかっただろうし。
これこそ360で出ていたら良かったのにね?

そして、何気に「COMPLETE」が発売になってから
1年近く経とうとしていることにギョッとしました。
やべぇ。1年間で3回くらいしか起動させてないや。

隠しキャラも電源入れて放置すればいいだけのはずなのに
自力で出す気が全く起きず、セーブデータを譲っていただきました。
しかもそれを確認すらしていないあたり、終わっていますね。
(あおみん様、ありがとうございました。そして申し訳ございません。)

「COMPLETE」は「サイキックフォース」じゃないんだよ、きっと。
あんなの「パイキックフォロエ」で十分だ。

某同人情報誌の誤植ネタ。あれも酷かったなー……っていうか、
何で「サイキックフォース」が総出を上げてフィーチャーされていたのかよく判らん本だった。
そのくせにあの誤植の嵐と来れば、もうネタとしか思えない。

そりゃ2号で廃刊にもなる。

▲上に戻る

2006.12.7 [Thu] 「ローゼンメイデン ゲベートガルテン」

2ちゃんねるのサイキックフォーススレッドでも話題に出ていましたが。
タイトーさんの「サイキックフォース」っぽい版権モノ対戦格闘ゲームですな。
「X」の悪夢再びとなるのか、それとも……。

拾ったCM動画では、まだ、キャラが表示できてちょっと動かせる程度の状態のようでしたので
これを見ただけではなんとも、と言った感じだったのですが、
「X」と比べて、少なくとも画像はずっと綺麗だし、キャラモデルも丁寧に作られているように思います。
(プラットフォームの違いによるところも大きいでしょうけれど。)

技も「サイキックフォース」シリーズのデータをコンバートしただけ、というのではなさそうなので
それなりにキチンと作ってもらえているような印象を受けます。

今のところは。

当方としましては、これまでの経緯があまりにあんまりでしたので、
実物が出て、周囲の評判を相当数見聞きするまで
どんなに上手にプロモートされても信じてなんかやらないですよ。
さすがに限定版を買う気は起きないですし……。

「ローゼンメイデン」を「サイキックフォース」のシステムで対戦格闘にして欲しい
という要望は、どこかでチラチラ見たような気がするのですけど、
今頃その発言をされた方々は、よしキタァーッッ!と有頂天になっておられるのでしょうか。

予想に反して愛情あふれる出来になっていたら、ちょっとだけ見直すんだけどなあ。
発売はタイトーさんだけど、開発は別のソフトハウス、というケースかもしれないですが。
別に、クソゲーになって叩かれまくってもそれはそれで面白そうです。俺も乗る。

これが初めて目にした『サイキックフォースっぽい版権ゲー』だったら
もっと動揺したり怒ったりしたのでしょうけど、考えうる限り最も悲惨な前例と、
見た目だけまんまサイキックフォースなのに別のゲームとして生まれ変わったアレがあるので
もう何が起きても驚かない、っつーか、好きにしたらいいさ、という感じです。

「X」の時は遠方の方にはメールしまくったし、
友人もまだ「サイキックフォース」に飽きていなかった時期でしたから
愚痴をタレまくったりしたものです。超・迷惑ですね。
でもそうでもしないと落ち着けなかったんだよ……。

今となってはこのビミョーな憤りを分かち合える相手が身近に居ないのが寂しいです。
「ゲベートガルテン」が流行ったら、サイキックフォースも再注目されるかなあ。

▲上に戻る

2006.12.8 [Fri] CM動画ではそれなりっぽかったのに

2006年12月08日・GAME Watch様〜CG対戦格闘でドールたちの戦いを再現!
  タイトー、PS2「ローゼンメイデン ゲベートガルテン」


ええー? 何をどうやったらこんなキッタナイ画像が用意できるのー?
販促用資料がこんなのでいいのか? ヤル気無さすぎにもほどがありますよ。
2ちゃんねるの書き込みの、以下のやり取りを拝見して思い出したのですが

======

195 名前:俺より強い名無しに会いにいく 投稿日:2006/12/08(金) 15:53:18 VsYlSDpD
ポリゴン粗いなー
これPS1じゃないのか?

196 名前:俺より強い名無しに会いにいく 投稿日:2006/12/08(金) 16:32:02 b2qIsJ3C
多分PS2版のエンジン流用してるんじゃないかなぁ…

======

「サイキックフォース2」と「X」はPS1のゲームだから
同じような形式のゲームとはいえ、PS2用ソフトにそのまま持ってくるのは
流石に無いか、などと軽く考えておりましたけど……。

そうか。「サイキックフォース2012EX」は一応、
PS2用としての「サイキックフォース」の『新作』なんだもんな。

忘れてた。
昨日の日記で槍玉に挙げて非難しているのに
存在そのものを脳から排除する気満々でした。

「ゲベートガルテン」の製作発表からCM展開、発売までの
スピードだけは異様に早いような気がするので、
元になる部分はずっと前から形になっていたってことなのか……?

むしろこういう横流しがいつでも出来るようにするために
「2012EX」を作っておいたんじゃないのかと余計な被害妄想までしてしまうよ。
今のタイトーさんならやってもおかしくない。
とか、思えるまでに信頼がガタ落ちなんですけど。マジ怖え。

ただ、PS版「X」が発表になり、雑誌で取り上げられた際に、
同じシステムの原点作品ということで、記事の端っこに
「サイキックフォース」の紹介文と画像が小さく掲載されていましたので、
今回も同じ用な感じで取り上げられたらいいなー、というところにだけは
ひそかに期待していたりなんかして。卑屈ですみません。

▲上に戻る

2006.12.11 [Mon] 冬コミこみこみ。



夏コミはカタログの入手自体をすっぽかしてしまったので
この冬は通信販売申し込みの開始を今か今かと待ち構えておりました。
で、CD-ROM版を注文しましたので、我が家への到着は本日となりました。

トップにサークル各位様の情報を転載させていただいております。
この機会にアンソロジー企画様へのリンクも張らせていただきました。

それから、12月には東京では大会があるそうで。
各地での皆様の頑張りを拝見しておりますと、
やっぱり自分も何かやりたいなあって気持ちになりますね。

まず手近なところで自サイトのリンクページの整頓をしたいです……。
サイキックフォースサイトを全て網羅、というのは
サイキックストリート様のご活躍にお任せするとして、
俺ベストサイト様のご紹介とか何とか。

油断しているうちにお世話になっていたwebリングが閉鎖されていて
どういう経緯で無くなってしまったのかなどが確認できずで、結構ショックでした。
どこかに移転された、というわけでもないのかなあ?
管理人様、お疲れ様でした。今までどうもありがとうございました。

参加させていただいている同人ゲーム作成のお手伝いについては
4月末が僕の最終的な締め切りになるみたいなので、
それが終わり次第、止まっているいろんなことを進めていきたいです。

つーわけで、今月は日記がまた滞る予定でございます。
中途半端に塗り方の試行錯誤をしたら、自分の塗りが出来なくなって焦っています……。

▲上に戻る

2006.12.12 [Tue] 「天使と悪魔」読了。

これまた、自分は日本人で良かったな、って感じです。

テーマが「宗教と科学の対立」で
敵対する勢力それぞれの言い分がどちらも正しいと言える内容なので、
悩める青少年が読んだら何かと影響されそうですね。

「ダ・ヴィンチ・コード」のような派手さはありませんが
視覚的なことも含めて、構成はこちらのほうが繊細でよく練られているように感じました。
また、事件については当事者たちの中で決着が付くので、
読後感も明瞭だったように思います。ワッフルワッフル。

ただ、進行の都合上仕方が無いのですが
やりきれない展開が多く、涙は出なかったものの心の中で泣きました。
その辺も含めて、印象に残ったのはこちらのほうでしょうか。
グイグイ引きこまれて一気に読んだ、という点については
「ダ・ヴィンチ・コード」のほうが吸引力があったのですけどね。

どちらの作品も美術品とその背景が丁寧に描写されているので
現地を訪れて実物を見てみたい、という気持ちになりました。
でも海外旅行は一人じゃ怖いや。生水飲めないらしいしなあ。

作中舞台はイタリアだったりフランスだったりするのですが、
英語すら喋れないのに、いきなりその二カ国に挑戦ってのはハードルが高いです。
添乗員付きのツアーとかで案内されるままについて行くのなら
ちょっとは安心できるのでしょうか。

人様の言葉を借りるところの
「イタリア、ウチに来ないかなあ」ってなもんです。

カルロ。

さて、「beatmaniaIIDX12」の特別版を注文しました。
スミレ目当てでIIDXデビューというのはいくらなんでもどうだろう、と
家庭用の購入は今まで自粛していたのですが、
Happy Skyだし、ちょっと見るだけ、と通販サイトを覗いてみたら
特別版の収納ケースが大層青かったので即買いです。
発売日購入の予定は無かったのに、予想外の出費だ。

専用コントローラを持っていないので
プレイするのは随分先の話になりそうですけども。
普通の専コンとアーケードスタイルコントローラ、どちらのほうがいいのでしょうね。
「beatmania」自体、ゲーセンでは1回しかやったこと無いし
あまりこだわらなくてもいいのかな?

「pop'n」のアケコンも買ったはいいものの3回くらいしか使ってないです。
ガチャガチャうるさいからねえ。改造するのも面倒くさいですし。

同日(12月14日)にはついにDSの「ぷよぷよ!」も発売します。
基本、一人で遊ぶことになるので自分にはあまり関係ないとも言えるのですが
新ルールの対戦バランスと、Wi-fi環境の安定性に注目したいところです。

▲上に戻る

2006.12.14 [Thu] ぷよぷよ!届いたよ!

予想以上にいい感じで驚きました。

通常ルール(初代・通・フィーバー)はもちろん、
新ルールも新鮮で、かなり良く出来ています。
また、インターフェースが洗練されて演出部分が節約されたためか
動作が軽快になったように感じます。物足りない、とも言えますが。

全体的にジェルっぽい透明感のあるデザインなのも好みです。
(メニューの色がちょっと薄過ぎるように見えるのは僕のDSがおかしいのか。)
ゲームオブジェクトとしての“ぷよ”のぷよぷよ具合も
今までのシリーズの中で一番綺麗に仕上がっていますね。
携帯機の画面でこれ以上やったら見難くなるギリギリのラインで頑張っています。

ルールごとに細部のデザインが変わるのも芸が細かいですな。
初代ぷよのなんとぷよぷよしておらぬことよ。

でもやっぱり、フィーバー時のフィールド揺れは要らなかったかなあ……。
そこも含めて「フィーバー」ルールなのかもしれないですけど
小さい画面だと余計に見づらいんですわ。

つい最近、PS2版の「フィーバーチュー(2)」も遊んだのですが、
やっぱり青ぷよと紫ぷよの区別が付きにくく
色味に関してはDS版のほうが優秀なのではないかな、と思いました。

ただ、「チュー(2)」にはぷよのデザインが2種類用意されているので
デフォルトじゃないほうのデザインを選べば
ぷよ感と引き換えに判別のしやすさは得られるのですけどね。
逆にDS版ではそのデザイン切り替えがあまり意味を成していなかったりするのですが。

漫才デモ台詞にはボイスがなくなってしまったのですけど、
掛け合い自体はほのぼのしていてとても可愛いです。
すべてのキャラにストーリーが用意されているみたいなのでボリュームもたっぷり。

なら尚のこと、ボイス付きなら良かったのかな?
キャラクターが増えて対戦中ボイスが幅を取っているためか
僕でさえ音質の劣化には気づいてしまったのですけど、
この辺は単純に容量の問題でどうしようもないところなのかもしれません。
据え置き機で出るときに修正・強化されることに期待しておきます。

あ、プレイヤーがシグでCPUがアルルの時の、彼女の台詞にちょっと泣けました。
今回は魔導キャラも沢山復活しているから、きっと寂しくないよね……。

肝心の新ルールについては、今までのシリーズを長くやっていればいるほど
違和感も大きくなるのではないかと不安に思っていたのですが、
モノによっては本当に全く別のゲーム性になるため
これはこれ、と割り切って遊べてしまうので問題ありません。

特に水中。やべえ、3連鎖が限界だ。
大回転もそうですけど、連鎖の組み方に柔軟性を求められるので
これらのモードに慣れておくと通常時の組み方の練習になる……かも?

今作は新ルールがいい意味で大雑把な分、接待ゲームとして優秀な予感がします。
フィーバー連鎖のタネの種類が増えたので「ずっとフィーバー」ルールも画面栄えしますね。
大回転やサーチライトあたりはチビッコがキャーキャー言いながら遊んでくれそうです。

廃人プレイヤーレベルになると「通」か「フィーバー」ルールで安定かな、とも思うのですが
その通常シリーズルールも手堅く仕上がっているので
対戦相手さえ居れば末永く遊べそうですよ。Wi-Fiはどうなのかな〜。

ぷよぷよ! Official Web
ぷよぷよ15周年カーニバル
セガダイレクト・ぷよぷよ!特集ページ
icon

個人的には初代ルールで
CPUを速攻5連鎖で潰すのが懐かし面白い。

▲上に戻る

2006.12.16 [Sat] ここで愚痴っても何の意味も無いのですけど。

他のヒトの仕事を張り切ってやりすぎて
昨日、ついに会社の上司と大衝突を起こしました。

他にやること無いのか、って、無いですよ……。
自分の仕事は既にすべて片付き、ブラブラするわけにもいかないから
他の人から仕事分けてもらったんじゃないすか……。

俺のことより毎日無意味に残業しているてめえの動きを省みろよ。
とは思ったものの、ここはキレた者負けだと思ったので
「じゃあ何か仕事ください」と下手に出ておきました。

今は取り急ぎ無い、と言われました。
どうしたらいいですか。

一応会話の中で、ある資料の作成を依頼されたのですが
おそらく1〜2日あれば終わらせられます。
真面目な話、月末まで何して過ごそうって感じです。
だからさ、ウチの会社、事務員こんなにいらないんだって。

「無駄な作業に給料は払えない、やるなら時間外にやれ」
とまで言われたのですが、辞めちまえとは言ってくれませんでした。
チクショウ! 気が利かないヤツめっ!

それはさて置き。

気が付いたら21時頃から始めて深夜2時くらいまで
ぶっ通しで「ぷよぷよ!」やってました。
目を閉じてもまぶたの裏にぷよが振ってくる、という
落ちモノパズルではお馴染みのあの状態になっています。
でも別に上達してないな。

一通りのモードを遊んだので、先日書いた良いところだけではなく
改善すべき細かな点も判ってきましたが(っても、個人的には概ね満足レベルなんですけど。)
現在公式サイトでアンケートを取っているあたり、
PS2やPSPで改善しようという心積もりがあるのかもしれませんね。

「ぷよぷよ!」の売り上げ如何で
サントラ発売の目処が立ったり立たなかったりらしいので、
自分で3本くらい買って周りに配ろうかとか思ってみたり。

コンパイル時代のぷよシリーズも、それぞれの一番出来の良いバージョンが
Wiiにまとめて来ないかなー。題して「ぷよぷよCOMPLETE」。
……縁起悪ッ。

妹がDS版「FF3」の攻略本を買ってきたようです。DSパワーマジスゲー。
一般人がRPGに目覚める瞬間が見られるかも。いや無理かも。

▲上に戻る

2006.12.18 [Mon] 「ぷよぷよ!」にもバグがあったそうで。

まだSEGAさんから公式見解が出ていないのですが、
プレイを繰り返すうちにセーブ機能が壊れることがあるみたいです。
ただし、バグが出る直前までのセーブデータ自体は残るのだとか。
オートセーブのみ、という仕様が招いた欠陥でしょうか?

2ちゃんねるのスレッドの書き込みによると
「電源を一度も切らずに長時間プレイをしすぎるとバグるのでは?」
という説が出ていますが、小まめに電源OFFにしても出る人は出るし、
遊びまくっていても今のところ問題ない、という人もいるようで
原因が今ひとつハッキリしないみたいです。

再現性が明らかになっているならば、バグが起こらないように
プレイヤー側である程度気をつけることも出来るのでしょうが、
ロットナンバーに依存しているわけでもないとなると
完全に運任せになってしまいますね。

セーブが出来なくなったことに対して
セーブデータを手動で初期化してはどうかと試した方の中には、
さらにバグってWi-Fi対戦やストーリーモードが
遊べなくなってしまった方もいるそうなので、
かなり厳しいレベルのバグのように思います。

ただ、これも全員がそうなるとは限らないらしい。
一番ヤラシイタイプの出方ですね。

どのように対応されるかで、メーカーの誠実さが見えてきますなー。
セーブデータの中身まで保障しろとは言いませんが、
これを「仕様です」と流されては困ってしまいます。
ユーザーの混乱も大きいので、素早いご対応に期待したいところですね。

ウチのカートリッジは問題なく動作しておりますが、
ストーリーも一通り確認しましたので、ごく個人的には
セーブできなくなってもフリー対戦が可能なら別にいいや、みたいな。

「COMPLETE」のおかげで、バグに対してエライ寛大になってしまっています……。

▲上に戻る

2006.12.20 [Wed] ノートパソコンを購入しました。

PC9821だけどな!! 1万3000円也。

高校時代に担任の先生が、液晶を大破させた98ノートを譲ってくれたことがあったっけ。
結局直さなかったし捨ててしまいましたけど、
今を見越して、部品を抜いておけばよかったかなあ。

本体の厚みとモニタの小ささがひたすら懐かしいです……。
僕が今でもNEC製のパソコンにこだわるのは
この時代のイメージが刷り込まれているからだと思います。

現在公開されている9821エミュレータも良い出来らしいのですが、
普通に作った「魔導物語ARS」のイメージデータでは動かず、
(ちゃんとホンモノ持ってますよ。オワニモもあるよ。)
フロッピーディスクドライブから直接読み込もうにも規格のせいなのかやはり動かなかったので、
他の古いゲームの保全も兼ねて一台持っていてもいいかな、って思っていたのですよね。

中古ショップを見ても2万〜5万円くらいするみたいなので
上記の金額で買えたのは幸運だと思います。
オークション出品者さん、良いお品をどうもありがとうござました。

昔はご家庭にこんなにもパソコンが普及するとは思っていませんでしたよね。
パソコンでゲームってのもエロか戦略シミュレーションか、ってところでしたし。

画像自体はモニタの解像度が高いから綺麗だけれど、
ジャンルの豊富さやアクションの操作しやすさなどから
やっぱりゲームはコンシューマ機でやるのが一番、などと思っていましたが
今やパソコンでも3Dアクションだって当たり前に動くし、
周辺機器もいろいろあって、何でも出来るようになりましたね。

というわけで、明日は「イース・オリジン」の発売日です。
また調子こいて限定版を予約しちゃっています。キャンペーン中で安かったんだ……。
セブンイレブンに早朝7時に届くそうです。どうせしばらく出来ないですけど。

それから、「ぷよぷよ!」のバグについてはSEGAさんから公式発表が出ましたね。
ひとまず店頭在庫の回収と、既に購入された分は交換対応予定ということらしいです。

ニンテンドーDS用ゲームソフト『ぷよぷよ!』に関するお詫びとお知らせ

ちゃんと認めて、真摯な回答を出してくれることが
ユーザーのためにも後々のメーカーのためにもいいはずですよね。
損して得取れ、とでも言いましょうか。
まあ、大きなバグを出すこと自体は良くないことなのでしょうけど。

しかし全部回収、交換対応となると、初動6万本で利益は出るのかなあ。
誰が責任取らされるんだろう。勝手にスタッフさんのクビが心配になってきました。
頑張ってくだちい……。そして修正版がちゃんと売れますように。

「カルドセプトサーガ」はまだモメているみたいですね。
こちらも一応、ネット環境の無い人にも何らかの対応はしたい、という話らしいのですが。

今はインターネットがあるから、売ってしまえばこっちのもの!
とはなかなか行かなくなってきましたな。口コミ効果恐るべし。

▲上に戻る

2006.12.22 [Fri] 「聖剣伝説4」が発売になりましたが

やべえ、軽く炎上してるクサい?(2ちゃんねるのスレッドが。)

アクションRPGというよりは、もろアクションゲーム、
しかも難しい上に面倒なだけで楽しくない、という状態だとか何とか。
「何コレ、キーッ!」ってなる以前に、冷静に「駄目だこりゃ」と言っている方が多い印象。
つーことは、本当にダメダメってことなのではなかろうか……。

DSで出る予定の新作(Heroes of Mana)は、画面を見た限りは
ちょっと面白そうな気がしていたのですが、
開発がブラウニーブラウンさんだという説が出ているので
そうだとしたら様子見確定って感じです。

いやね、関わられた既存作が総じて操作性劣悪じゃないですか。
いくら慣れや耐性があるほうだとはいえ、
イライラするのが判っているのに特攻かますのは
いい加減避けるべきかと思いまして。お金も時間ももったいないですし。

と、そうやって見過ごしたときに限って普通に遊べる作品に仕上がっていて
入手困難になられても困るので、確実に買えるようにと予約してしまうんですよね。
ある程度クソっぷりを覚悟してから手をつけるなら、それなりに楽しめることも多いですし。
……こういう駄目な信者がメーカーを付け上がらせるんだよなー。

ともかく、「4」を手放すのは早いほうがよさそうなので、
明日届いたら早速触ってみようと思います。

▲上に戻る

2006.12.23 [Sat] 明日売ってくる。

いや……なんだこれ……。
まさにDS「聖剣COM」の正統後継っつーか……
どうしようもないぜ……。

音楽が伊藤賢治氏なので、クソゲーだとしても
それで乗り切ろうと思っていましたが、無理です。
素直にサントラを待ちます。

下手に据え置き機で3Dなもんだから、
「COM」の時みたいに作業と割り切って進める気にもなりません。
「キングダムハーツ(1)」も見づらいなあ、酔いそうだなあ、と思いましたが
それ以上に最悪、ていうか、手動任せにするにも程があるカメラワーク。

足場が無くなりそうな場所に来ても自動で視点が下に向けられないので
どこまで踏み込めるのかが判断できません……。
まだ序盤で簡単なマップのはずなのに登っては落ちを繰り返しました。

一応2章までクリアはしましたけど、この調子で何章まであるのでしょうね。
慣れれば何とかなるのかもしれませんけど、そこまでやりこみたくないなあ。
とりあえず細かい突っつきはまた明日……できるかな…。

ポリゴンキャラは可愛かったです。
リチアのおっぱい。

▲上に戻る

2006.12.24 [Sun] 4600円。

Amazonの通信販売で予約しましたので、
いくらで買ったんだったかなー、と思って確認しに行きましたら
カスタマーレビューのネガティブ評価盛りだくさんっぷりに憂鬱になりました。

ちなみに約6000円で購入していました。
差し引き1400円の損害で済んだだけマシですかね。
おそらく週明けから買取・販売価格共にガタ落ちすることでしょう。
2000円を切ったら買ってもいいんじゃないかと思いますよ。
主にグラフィックと音楽の値段ですが。

ただし、金払ってでもストレスを溜めたいという
よっぽどマゾでお暇な方にしかお勧めしません。

DS版「聖剣COM」でもあった不満点が何も改善されていないのは
もはや、何かそういうポリシーがあって作っているのだ、
とでも思わないと納得できない。したくもない。

ゲームとしての構成がRPGと言うよりは面クリア型のアクションに近いので
古くからの「聖剣伝説」シリーズを期待して始めると
確かに相当ガッカリなことになりますね。

「聖剣伝説」はGBの一作目からプレイしていますが、
スクウェアファンだったので出たものは全部やろうとしていただけでして、
このシリーズの大ファンだというわけでもないのです。
もちろんそれなりに思い出や思い入れはありますが。

ですので、今までの作品と雰囲気が違うとか、
ゲームデザインが違うとか、その辺に関しては特別文句は無いのですが……
変えるなら変えるでちゃんと作ってくださいよ、と。

ストーリーに関しては、最後までやっていないのでよくわかりません。
昨日も書いたとおり、ポリゴンモデルは可愛かったのですが
こちらも「聖剣伝説」って感じはあまりしないですね。
一応「LOM」のデザインを意識しているような気はしますけど。

真面目に感想を書こうかと思っていましたが
全部皆様に先に言われていたので
改めて述べるのが面倒になってきました。

ですので、主な不満を箇条書き。

・カメラワークがヘン。そして近い。迷うし酔う。
 もうこれだけでヤル気がガタ落ち。動かしているうちに
 自分がどちらを向いていて、どこに向かうのかがワカランちんに。
 一応向かう先の目印として矢印が表示されますが、これも今ひとつ見づらい。
・操作形態がゴチャゴチャしすぎ。
 各種動作がボタンひとつずつに対応させられていているので覚えるまで混乱する。
 まさか十字キーの上下左右それぞれにパチンコの玉選択、
 魔法の種類選択が割り振られるとは……。
・デフォルトのキー設定がヘン。
 □ボタンが剣? 普通メインウェポンは○ボタン、サブウェポンがその他だろ。
 ついでにガード・魔法・ターゲッティング2種の割り振りもおかしい気がする。
・敵やMONOのターゲット優先順位がおかしいので
 狙いたいものを素早く選べない。普通、近いものから攻撃しないか?
・右上部の簡易コンパスが見づらい上に無意味。
・ダメージ表示の数字が小さすぎ。敵の体力ゲージも細すぎ。見づらすぎ。
・レベル上げが経験値ではなく、パワーアップアイテムを集めることによって行われるが、
 MONOを活用した攻撃方法で倒すことが前提となっており、
 普通に敵を倒してもアイテムが出現しない(正確には、しづらい)。
 しかし、画面の見にくさと操作のしにくさから
 MONOを使うのは面倒なだけで面白くない。
・その上、MONOに対して行えるムチアクションの種類は
 始めは1種類しかなく、レベルアップによって増えていくってどういうこと?
・しかもなんと、物語が完全な章区切りになっており、
 章が変わるとレベルがリセットされ、全部育て直しとか馬鹿ですか。
・相変わらず単調作業で敵を倒しつつ、鍵を探して扉を開いて次のエリアへ、の繰り返し。
 ボタン連打で倒してレベルアップできる「COM」のほうがまだ楽だったように思える。

ああ、そうそう、一応フォローしておきますと、
上記の点を判っていてプレイするのならば、それなりに遊べるだろうとは思います。
僕も時間に余裕があったなら、一通りクリアしようとは思えたのでしょうけど
早く売り払いたかったので今回は断念しました。

ご自慢の物理演算は、凄い技術なのかもしれないですけど
演出としては地味ですね。せっかくのゲームの世界なんだから、
もっとドッカンドッカンしててもいいような気がします。

リチアのおっぱいがほのかに揺れてることしかありがたみが無かったよ。
ムチ巻きつけてえー。

▲上に戻る

2006.12.26 [Tue] どんと恋!

いや来るな!!

このフレーズ、一番最初に世に出したのは誰なんでしょうね。
語感と字面のオモシロ加減からついつい笑わされてしまうのですが、
同時に「それで上手いこと言ったつもりか」という苛立ちも湧き上がってきて
情緒不安定になります。

それはそうと、年賀状を印刷しようとしているのに
プリンタが年賀ハガキを上手く紙送りしてくれず、無駄に2時間経過しました。
何かもう、出さなくてもいいかな……とか考えてしまいます。

まあ、これは毎年の苦難なのですが。
他の紙は普通に通るのに、どうして年賀ハガキだけを拒むのだろうな。
プリンタにはプリンタなりの言い分があるのだろうが、
あんまりダダをこねていると痛い目にあうぜ? んん?


「KEYBOARDMANIA 3rdMIX」のサントラを購入しました。
……って、元々持ってるじゃないか、それ。間違えました。
先に持っていたやつは引越し荷物にまぎれて
どこに仕舞ったかわからないので、別にいいっちゃいいのですけど。

シリーズのサントラそれぞれの構成を改めて見てみましたが、
作を追うごとに村井聖夜氏の負担がデカくなっていて泣けました。
Mighty Guyは1作目で唯一のキャッチーな曲だった気がするので、
当時はいろいろな期待と責任を背負わされたんだろうな。

結果としてキーマニは失敗作だというような見方をされていますが、
自分としては、楽曲にプログレっぽい雰囲気が見られるところと
演出がちょっとダサくて全体的に地味めなところが
マイナー気取り的にソソられるのです。

プレイヤーの担当パートがキーボードメインなため
伴奏に徹する感じになり、ゲーセンで1回や2回遊んでもあまり楽しくなかったのでしょうね。
単に押すモノ(キー)が多くて難しそうだ、というのもあるかなあ。

無理して遊んでもらったり、楽しいふりをしてもらうのも何か違うと思うので、
好きな人だけがコソコソ続けていければいいのではないでしょうか。
そりゃ4thMIXは欲しいけど、音ゲー自体もやや下火気味なので無理は言えませんね……。

で、本命購入は「full-sized collection」だったのですが
HEAVEN'S GATEのロングが聞けたのが嬉しかったです。
昔から好きだったし、今聞いてもいい曲だと思うのですが、
歌唱の弱さ(というかシロウトっぽさ?)が勿体無いですな。

微妙にTears&Flowの歌あり版やホ・シ・イを連想してしまいます。
他の上手い人が歌ったら味が無くなる気もするので
これはこれでいいのかもしれないですけど。

▲上に戻る

2006.12.28 [Thu] 気が滅入るわぁ……。

たこ焼き焼きたいわぁ……。

たった今、「聖剣4」と「ゲベートガルテン」に関する
ネガティブな語りを知人様にメールで送ってしまってちょっぴり後悔中。

暗い話題も面白おかしく脚色して、読み物としてそれなりに楽しめるものをお届けしたい、
というのが他人様に文章を見せる上での目標のように思っていたのですが
最近は年のせいかリアル生活のせいなのか、直球に文句をたれ過ぎで
お見苦しくて申し訳ございません……。敢えて直しませんが。

しかし先日売り払った「聖剣4」。
購入して開封することを決めた時点で、脳がアクションRPGを遊ぶ態勢になっていたため
途中で放棄してしまったことに対し消化不良と欲求不満感が溜まりまくっております。

無理しててでもクリアしておくべきだったかな。
でもなぁ。そこに費やす時間を他に回すほうが賢明だ、というのが
ニブチンの僕でも容易にお察し出来る状態でしたしねぇ。

難易度設定・ノーマルでも操作性の悪さによる妙な難しさが発生していたので、
ハードとかアルティメットモードでクリアしようとしたら
膨大な時間と忍耐力が必要になることでしょう。

っても、クリア特典のエンブレムを装備すると、
最初から攻撃力を底上げした状態で始められるみたいなので
最大レベルにまで上げてしまえば、あとは斬りつけるだけで先に進めるようになるのかな。
……それもどうなの、って感じですが。

最強セーブデータが公開になって、中古が980円くらいになったら
買い戻して再挑戦してみるかもしれません。

それこそどうなの、って感じですが。

年賀状が印刷できずにイライラしたので
既に絵が描かれているハガキを買ってきました。
宛名の印刷だけでも苦戦する予定なので、
1月1日の到着は絶望的かと思われます。すみません。

っても毎年やり取りのある方は20人くらいしか居ないのですけど。
こんな人否人、構っていただけるだけでもありがたいことですな。
ご縁は大切にしていかないといけません。感謝感謝。

▲上に戻る

2006.12.30 [Sat] やっと年賀状が書き終わりました。

明日の朝出すので、やっぱり1月1日には到着しませんね。

「Amazing Nuts!」の特別装幀版を開封しました。
シンプルながら豪華な作りで、ちょっと得した気分です。
内容次第では保存用にもうひとつあってもいいかなあ……。

様々なシチュエーションのラブストーリー・ショートアニメと
有名アーティストによる音楽とのコラボレーション、
という企画モノDVDなのですが、4作品のうちのひとつ、
「GRASS EYE」にRAMRIDERさんが楽曲を提供されているので購入いたしました。

とりあえず見るかーと思ってディスクをパソコンに入れましたら
何の説明も無く、本当にショートなアニメ4本分があっという間に駆け抜けてゆき、

何だ、アーティストのコラボレーションに重きを置くのであって
アニメ自体は雰囲気を楽しむだけなのか……。
どれも面白そうな設定なのに、もったいないなあ。
目的の「GRASS EYE」も凄く好みだし、ちゃんとした一本として作ってくれないかな。

とガッカリしかけてよく見たら、それは予告編でした。

おおおお。焦った。
というか、これで文句を言おうとしなかった自分は
悪徳メーカーのいい金蔓だと反省しました。
改めて、これから本編を観賞いたします。

その予告を見た段階の感想ですが、
「GRASS EYE」は「BAROQUE」とイメージが被りますな。
二人で一つの魂、歌、天使。
ネットに蔓延する謎の小説、滅ぶ都市。

事前情報では話の内容は詳しく知らなかったのですが、
自分はホントにこういうのが好きなんですねぇ……。
さすがは永遠の中二脳。早く大人になりなさい。

上記のとおり、危うくサワリだけで満足しかけたくらいですので、
内容に関しては特に期待せず、歪みに浸れればいいかなーと思っております。

Amazing Nuts! 公式サイト
■ Amazon:Amazing Nuts! 特別装幀版

【追記】

と思ったら違った! やっぱり見てたの本編だった!
「PVであり、予告編であり、(今回のDVDとしての)本編」なんだそうです。

僕は特別版を買いましたので、付属品としてメイキングコメントや
絵コンテ集、小説などがオマケで付いてきているので楽しめましたが、
アニメのみ収録のDVD通常版を購入するのはオススメできないです。

アーティストのファンのコレクターズアイテム、ですかねえ。
これはマジでもったいないですよー。どっかで拾って尺を伸ばしてくれないかな。
スタッフさんはご要望次第で展開させていきたい、って感じのようですけど。

▲上に戻る