2006.11.4 [Sat] たこ焼きはうまいなあ。

またかよ。

大阪の某チェーン店企画の、たこ焼き修行一週間コースとかに
本気で参加してみたくなってきた。いや、行けないですけどね。

さて、お手伝いさせていただいている(のか足を引っ張っているのか。)
同人ゲーム製作企画のほうで、10体近くの立ち絵塗りノルマが発生したので
しばらく日記他、サイトの更新ができなくなるかと思います。

会社から帰ってきて自由に使える時間が3時間くらいなのですが、
慣れた方ならその3時間で1体完成、くらいのことは出来てしまうのでしょうね。

しかし、自分にはとても無理な話ですので、
12月末を締め切りに設定させていただいたのですが、
正直それだけにそんなに時間を取られるわけには参りませんので
今月中には大体終わらせたいなあ、という野望を持ちつつ作業中です。

時間ない時間ない、ってお前一体何やってんのよ?
と思われる方もおられるかと思いますので、自分向けToDoリストも兼ねて
今一度進行中の趣味作業を列挙してみましょう。

* 同人ゲーム制作企画の立ち絵塗り・背景写真の加工アシスタント
* 春原の関連スレッドログ保管庫
* 春原ネタスレまとめ
* 「CLANNAD」リレー二次創作小説スレッドのまとめ代行
* 「CLANNAD」DNML保管庫作成
* 「CLANNAD」誤字脱字スレまとめ
* 「旋光の輪舞」の関連スレッドログ保管庫
* 「旋光の輪舞」の台詞まとめ
* 「旋光の輪舞」の萌え&エロ系スレッドの作品まとめ

うーむ。割と激務?

DNMLと誤字脱字まとめは各方面の方をお待たせしていて心苦しい限りです。
春原台詞の解析や春原絵掲示板のまとめも
やりたい気持ちだけはあるのですけど、当面は出来なさそうですなあ。

「サイキックフォース」関連スレッドログ保管庫も
平行作業の内に入るはずなのですが、ほとんど動きが無いのが
今はありがたいんだか、ありがたくないんだか。

自分が「サイキックフォース」に飽きることは絶対にないと断言できるため
保存会の作業には特に締め切りを設定しておらず、優先順位が低くなっております。

収集活動自体は地味に進行しているのですけどね。
最近の珍しいものとしては、雑誌記事用の「2012」キャラクターネガとか
セガサターン用「サイキックフォース」の宣伝が収録された
「セガサターンビデオマガジン」でしょうか。

後者はいわゆる店頭用デモ映像集ですが、それが製作されていた段階で
SS用「サイキックフォース」の開発が全く進行していないのが丸わかりで切なくなりました。
だって、PS版のOPアニメをそのまま流しただけなんですもの。

当時のサイキックフォース人気に乗ろうと思って発売を予告したものの、
実際に手をつけてみると意外に移植作業が難しく、出すタイミングを失って結局流れたのだろうな。

とか、勝手に内部事情を想像しておりましたが、おそらく合っているような気がいたします。
どこまでは作られていたのかとか、事情通の方にぜひ一度お伺いしてみたいものですね。

ビデオマガジンに収録されている他の作品群のデモについても、
SS周辺の衰退ぶりが見え隠れしていることへの哀愁と懐かしさが上乗せされて
ビデオの購入前に予想していた以上に楽しんで観賞出来ました。

自分としてはSS・DC共に一本のソフトの専用機になってしまっていますが
もっといろんな作品を試してみても良かったのかな、なんて
後の祭り的なことを考えてしまいます。

やろうやろうと思って未だに遊べていない「クロス探偵物語」を探してこようか。
いや、その前に「街」をやるべきか。

あ、「pop'n14」のサントラですが、延々と垂れ流していたら
スゲー良くなってきました。これがいわゆるスルメ曲ってやつでしょうか。
パーティーロック→レイジャズ→ラップ'80の流れが個人的フィーバーポイントです。
そこでスチャダラパーかよ!?みたいな。

しかしレイジャズは盲点だったなあ。世間では今ひとつの評価らしいあたりも
自分的Hit曲らしくて笑えます。(恥じろっての。)

今までの桜井氏への楽曲提供はDes-ROW氏、今回はTOMOSUKE氏ということらしいので
どちらかというと歌い手さんより作曲者重視の好みだから、好きになれたのかもしれません。
右寺氏の楽曲は平均的に辛いのです。あの独特の譜面への苦手意識も手伝って、
嫌いとは申しませんが、とにかく辛いッス。

とか言いつつD-crew名義の曲は好きなんですけど。
何にしても、聴いてすぐに作曲者が判る曲を作れるということは
とても凄いし素晴らしいことだと思います。
「pop'n」シリーズはパロディ色が強いので、遊びと本気が入り混じって
作家性がより強く出るのかもしれませんね。

そうそう。11月はウォン様誕生日月間、ということで
掲示板アイコンに就寝バージョンを追加しておいたので、ご覧いただければ幸いです。
何故就寝かというと、ポケステ上の画面が他に切り替わらないパターンなので見切りやすかったからです。

目視パクリも一度やり始めると勢いが付くのですけどねー。
人気投票を反映して、ウェンディー・ノーマルも近々追加する予定でおります。
全種制覇まではまだまだ時間がかかりそうですが、期待せずにお待ちいただけると嬉しいです。

▲上に戻る

2006.11.6 [Mon] 改めて書く、と言っていた

ゲームの感想類がことごとく忘却の彼方です。

時間が無いときこそ少しでも更新して、備忘録代わりにしておかないとなあ。
というわけで、今月は敢えて日記に時間を裂いてみることにします。

ネタがあっても無くても30分で書けるところまで書く。
読み返す暇などないので言いたいことを言いっ放す暴言月間デンジャラス。
来月ごっそり手直しする羽目になるかもしれないけれど、それもまた一興ということで。

あからさまに文章を打つ速度が落ちてきているので
そのリハビリにもなるといいのだけれど。

結局「ペルソナ3」は自分にとって何だったのだろうか。

本日の購入品。

* パカパカパッション・リミックスアルバム
* サウンドトラック・パカパカパッション2
* サウンドトラック・パカパカパッションSPECIAL
* beatmania IIDX12 HAPPY SKY オリジナルサウンドトラック

色塗り作業のBGM不足を補うために奮発しました。
今からパソコンに取り込んで掛けまくります。

「パカパカパッション」のサントラについては
いつか買うからいいや、と思っていたらゲーム製作会社自体が活動停止になってしまい、
サントラも煽りを食ってやや入手困難になり、今に至っておりました。

しかしあるところにはあるもので、
どれも新品定価で売られているのを見つけたため
慌てて購入してしまいましたよ。

オークションでもたまに見かけてはいたのですが、
数千〜1万円単位のプレミア価格で開始されることが多く
原曲がPSソフトのサウンドテストで聞けるために
そこまでするほどでもないか、と思って余計に入手が遅れていたのですが。

いやー、調子こいて手ェ出さなくて良かったね。

「IIDX12」のほうは、「beatmania」を始めるならHAPPY SKYから!
だって色々と青いからね!! と決めていたかどうかは知りませんが、
家庭用「IIDX9」サントラに収録されている“Usual Days-remix”
(ポップンミュージックからのアレンジ移植曲)を聞くために買いました。

今現在他の曲が進行中ですが、本家ビーマニは
やはりホンモノっぽい作りですね。音がサラサラしてんのなー。
自分はB級好みなので波長が合うのはポップンのほうなのですが。

ってハイ30分ッ! 中途半端でもまた明日。

▲上に戻る

2006.11.7 [Tue] 「パカパカパッション」サントラは

音色の自己主張が強すぎだと思う。
いや、一生懸命聞いてしまってBGMにならないですね。
手が止まってしまいます。

高校生〜専門学校生時代に通っていたゲームセンターには
「サイキックフォース2012」「エスプレイド」「パカパカパッション2」があったので
あれを一回、あれももう一回だけ、と後ろ髪を引かれて
ついつい帰り時を逃しておりました。

当サイトの掲示板の話題でもちょっと触れたことがありましたが
旭川市・駅前通りのスガイビルのビデオゲームフロアが
近年、メダルゲームとカードゲームスペースの拡大によって超圧縮されて以来、
新作に触れることもできなくなってしまい、ゲーセンというもの自体から足が遠のいています。

自分の目では確認してないのですけど、セガエルゴは閉店したという話だし、
パチンコジャンボ内のメビウスも店内大改装にまぎれて消滅したようだし。
今、旭川市にゲームセンターって何件生き残っているんだろう。

過去に足を運んだことのあるセガ系列店舗やディノス旭川、
タイトーINNなんかも、大型筐体やプライズ、メダルがメインになってしまっているので
ビデオゲームを遊ぶ環境=ゲームセンターとは言い難いのですよね。

もう何年も前の話になりますが、やっぱりプレイシティ24と
夢らんどが潰れたのは痛かったな。貴重な50円ゲーセンでしたから。

そして「アルカディア」の12月号を買ってきましたが、
さらに誌面がスカスカになっていて言葉が出ませんでした。
強いて言うなら「うわぁ……」だ、おわぁ。

「旋光の輪舞」や「エグゼリカ」がフルカラーページで
専用コーナーを連載できる状態ってのが何かおかしいしな。
この2作品はインカム的に見てもそんなタマではないでしょうに。
萌えネタで突っ切るにしたって少々パワー不足だと思います。

稼動当時はカルトな人気を誇ったはずの「サイキックフォース」ですら、
攻略が終わったらさっさとフェードアウトだったよね。
そうだ、今新作を出せば毎月見開きでページもらえるんじゃないか?
狙い目ですぜタイトーさん。ゲヘヘ。勘弁してくれ。

萌えと言えば新作ギャル格闘の「アルカナハート」。
見てすぐさま「闘姫伝承」を思い出しましたが、どうなんだ。これは。
周りが何とか盛り上げようと必死な感じだけが伝わってくる。

構成がどうとかライターの質がどうとかの前に、
単純に話題がないんだから、雑誌としての体裁の作りようがないのでしょうね。
コラムが減ったのも原稿料削減のためだったのかな……。

今後に投資しようにも、落とすための作品も場所もない。
実はもの凄い危機的状況なのでは。どうにかならないものでしょうか。
自分には思いつきませんけど。

ってハイまた30分。ヤッベエ。このぺースでは話題が消化できないや。

▲上に戻る

2006.11.8 [Wed] サティスファクショーン!

太ももサティスファクション!!

リアル生活が(病名としての)鬱に向けてまっしぐらなので
日記もどうも愚痴っぽくなってしまっていけません。
650円も出して買った「アルカディア」なんだから
良かった探しでもして盛り上がろうぜ……。

と思ったけど5分で挫折。そもそも何のために買ったんだっけ。
ああ、「センコロSP」記事か。未だに「SP」見たことないけれど。
Xbox360が暖房代わりにふさわしい時期になってきましたね。
結局夏以来一度も稼動出来ていないです。

冷静になって見てみると、折角専用コーナーが開設されたものの
今後これと言って取り上げられるべき話題がないのではないか。>旋光の輪舞
メディアミックス展開のオファーが無いこともないような話を
公式サイトでチラ付かせていたので、それで引っ張っていくのかな?

正直、関連グッズを漁るほどの思い入れは無いというか
小銭稼ぎでそういう方向に進まないで欲しくて応援していたわけですので
あんまりアレな感じになってしまわれるようでしたら
見限っちゃうかもよ ツィーランきゅん♪ (B−DASH替え歌ネタのパクリな。)

着メロダウンロードサイトのゲーミューポケットさんで
「サイキックフォース」の着メロが配信されるらしい、という
小さな情報記事が掲載されていたのが
結果として今号の収穫となったように思います。

公式ブログも拝見しましたが、本体はアニメ系主体のところのようで
サイキックフォースのサの字も見つけられませんでしたから、
配信楽曲や金額等の細かいことは判りませんでした。

それ以前に、自分の携帯電話が古すぎて
例えどんなにイイモノが配信されていたとしても
ダウンロード出来ないのですけどね。

最新のDoCoMo機種にも綺麗な青色のものは無いらしく……。
何で青系の携帯電話って、パステルカラーかドス青いのの二択なのでしょう。
3歩譲って緑系でもいいかと思いましたが、それでも選択肢が少ないな。

30分です……。

▲上に戻る

2006.11.9 [Thu] 予定が狂った。

Usual Days Remixのロングバージョンが収録されている
家庭用「IIDX 9th」の早期購入特典CDをオークションで落札しました。
先日買ったサントラ、必要なくなった……。

自サイトに2ちゃんねるのネタを直接的に持ち込みすぎるのも
どうかと一応思っているのですが、今回ばかりは凄すぎたのでまとめサイトをご紹介。

VIPPERが嫌いな方はご注意ください。
電波・カオス・うすた氏が好きな方は
見ておいたほうが幸せになれると思います。

■ ⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto 様
  >姉ちゃんの自作詩集発見した

途中で挟まれる他の方の副産物がショボく感じるのはご愛嬌。
天才は凄いな。笑いすぎて何も手に付かないじゃないかよ。
晒されたお姉さんはちょっとかわいそうですけど
ホント、ありがとうございますとしか言えない。リアル・ザ・エンド。

あと、サイキックフォース掲示板のほうに
大会情報をいただいたので転載させていただきます。

======

17 名前: マスターオブ名無し 投稿日: 2006/11/09(木) 03:52:45
こちらも田舎ですが、愛媛県 松山市 柳井町のゲ−ムショコラという
ゲ−センでサイキ2012が稼動しておりますね。

今月発売のアルカディアに大会情報も乗ってました。
11月26日15:00からだそうです。
詳しくは、アルカデイア12月号イベント情報ペ−ジを見てください。

======

見逃してた!!
第1回、というところに注目したいですね。
愛媛の皆さん、頑張ってください!

ついでに昨日の日記の補足。
太ももサティスファクションは実在するバンドです。

▲上に戻る

2006.11.10 [Fri] あー。今、テレビで

やってるなあ。「平成たぬき合戦ぽんぽこ」。

テレビで放映された一番最初のときに
ビデオに録画した後、家族と見ていたはずなのですが、
祖母、父、母と脱落して妹と二人で見ることになり
しかも何故かラスト(15分くらい?)が録画されておらず
未だに最後がどうなったのか知りません。

画面が砂嵐になった瞬間の、妹の絶叫を今でも覚えています。
敢えてテンプレートで言おう。正直、すまなかった。

今調べてみたら、放映時期は1994年なので
おそらく僕は高校生、妹は中学生の時の話のはず。
どうやら妹もそのときのことを覚えているようで
普段アニメなんて見ないくせに、今、茶の間で見ています。

そして一緒に居たはずの母は、やはり脱落していた。犬も寝てた。

過去に再放送(って言っていいのかな?)はあったと思うのですが、
何となく見逃しっぱなしのままなんですよね。気になるなあ……。
でも今更見に行くのも恥ずかしいしメンドイからいいや。
今日もやることいっぱいあるんだモン☆

気持ち悪いのでやめてください。

検索ついでに見つけた感想を流し読みしたところ、かなり評判悪かったんですね、コレ。
親子で見に行ってガッカリとか。散々な言われよう。

環境破壊に対する風刺ネタだったと思ったのですが、
作中の空気の懐かしさや、たぬきの一生懸命さとその報われなさが切なくて、
結構引き込まれて見ていたような記憶があるのですけど。

感想の中に、アンハッピーエンドなのが嫌だった、という記述もあったので
だとすると、まあ、確かに一般受けはしなかっただろうな、とか。
物語の中でくらい幸せな世界を望みたい、ってのが人情でしょうからね。

どうりで面白く見られていたわけだぜ!
10年越しで超・納・得!!

そういや「天使ノ二挺拳銃」が欝ゲーにカテゴライズされる(されてるの?)
理由がよくわかりません。いや、糞過ぎて欝、ってのは言われなくても判りますけど。ほっとけよ。
そうじゃなくて、物語的にキツイとよく言われてるのがどうしてだろう、と。

やっぱりヒトが沢山死ぬことに対してのフォローが無いからなのかなー。
そうだ、小巻が危ない。←ヴィム最大の失言。でもうろ覚え。

細かいところは確かにおかしいっつーか、描きこみが足りていなくて訳わかんないですけど、
話の流れ自体と、締めは悪くなかったと思うのですけどね。
むしろ風子シナリオと、ジェイさんの意味不明ぶりで十分元は取れたぜハレルヤ。

明日はプレイステーション3の発売日なんですってね。

たこ焼きを36個食べました。

▲上に戻る

2006.11.11 [Sat] 何を思ったのか

PSY-NET目視パクリを頑張ってしまいました。

掲示板アイコンとして、先日日記に掲載したウォン(通常)に加え、
ウェンデイー(通常)を更新させていただいております。
あと、今日の日記掲載分としてウェンディー(就寝)も作りました。
以前作成した、ポケステ画面上でのPSY-NET選択画像も打ち直しています。

memento春原の模写のおかげで、ドットの見切り能力が上がったような気がします。
しかもやっていて楽しいので、ひとつ打ち終わったらすぐに
また次のを打ちたい、と思えるようになっていますね。

この調子で続けてドット絵スキルを身につけ
オリジナル作品を一から打てるようになれたらいいですな。
サイトやゲームの素材類も自作できるようになりたいものです。

さて、ついに発売になったPS3。
今のところはあまり興味が無く、特に情報を仕入れていなかったのですが
ゲームオタクを名乗っているクセに無知すぎるのも恥だと思いまして
基本情報を集めて巻頭特集を組んでいたファミ通の今週号を購入してみました。

んー、自分はゲームが遊べれば十分なので、20Gバージョンでいいのかな。
でも1万強の上乗せでフル装備にできるのなら、そこでケチるのも逆に損だろうか。
とりあえず、欲しいソフトが出るまでは様子見なのですけど。

他の外部機器との連携を想定した多機能ぶりは凄いと思いましたが
それらが定着する頃にはまた他の技術が発表になっていそうですね。

PSPとの連携については親和性も高いでしょうし、面白そうだなと思いました。
具体的にどこまで出来るのかは未知数のようですが、
PS3本体からデータを受信しつつ、PSPの画面で操作ができるようになるのならば
気分的に楽チンになりそうな気がします。寝転がってレベル上げしたリとか?

他の機種のラインナップもザッと目を通しましたが
やはり今のDSの勢いには目を見張るものがありますね。

脳トレブームを引きずった、「ゲーム」かどうか微妙なものも多いですけれど
やはり、今までには無かった新たなジャンルとプレイヤー層を開拓したという点については
素直に夢と希望を持ちたいです。

えーと、これ以上は無理か。また明日。

▲上に戻る

2006.11.12 [Sun] なんだか頭が痛えと思ったら

本当に頭が痛えのかよ!

「炎の孕ませ転校生」風。改変してますけど。
興奮はわかるが落ち着けよ主人公、と思った。

ご存じのとおり(?)これを打っているのは13日なのですが
12日はもう、まさに頭痛が痛くてもんどり打っておりました。
しつこいですか。すみません。つーか、もんどり打つのも痛かったよ!

以前、水を飲むのも辛かった、という頭痛の話を書きましたけど、
それの再来って感じでした。これと言って原因は特定できないのですが
偏頭痛持ちになりつつあるのかなあ。

で、おとなしく布団に入っていたものの、時間がもったいないので
ここしばらく止まっていた「天外魔境II」を進めることに。

わぁい。どこへ行くんだったか、すっかり忘れているよ……。

昔のゲームは今のゲームみたいに
仲間や町の人が次に行く場所や、やるべきことを露骨にアピールしてこないので、
メッセージを聞き逃したり忘れたりすると、
何をするはずだったのかわからなくなりますね。

PS版の「テイルズ オブ デスティニー(1)」をプレイしていたときに
どこかの街に居るらしい凄い博士を訪ねるイベントがあったのですが、
「TOD」世界の町の名前が自分にとって妙に覚えづらく、
しかも人の話をスルーしまくって進めていたせいか博士の存在すら記憶に無く、
どうしても進められなくなって、結局文通相手の方を頼ったことがあります。

今はネットに攻略が溢れかえっているから
調べようと思えばすぐに調べられるのですけど。
なんかそれも癪なので、付近の町を洗いなおしてみることにします。
(ちなみに地獄城の肉助を倒して首輪をお供えしたところですよ。)

▲上に戻る

2006.11.13 [Mon] なんだか頭が痛えと思ったら

いつの間にか雪が降ってるのかよ!
んんんー? 頭痛は気圧のせいだったのかぁ?

昨日仰向けになってDSを遊んでしみじみ思いましたが、
具合が悪いときのDS本体って、やたら重たく感じますね。
GBA・SPのときはここまで腕はダルくならなかったぜ。

DS Lightならもうちょっと軽いのでしょうか。
個人的にはデザインに関してはノーマルのほうが好きです。
まあ、今のところ2台も必要ないので購入予定はありませんけども。

何やらPSPにも新色としてピンク・シルバー・ブルーが登場だそうですね。
しかし、写真を見た感じだと……青いPSPってダッサいな。
ピンクほどハジケておらず、シルバーほど無難でもなく。
店頭で見たらまた少し違うのでしょうか。普通の黒いのが一番いいッス。

「Riviera」のPSP版も発売になるので、そろそろ購入してもいいのかな
と思っているのですが、GBA版の「Riviera」で既に3週しているので、
いくら追加要素があろうとも、またやり直すのは少し辛いです。

攻撃の命中率に少し補正がかかっているといいのですが、どうだろ。
「ユグドラ・ユニオン」をあの状態で世に出しちゃうSTINGさんだしな。
もうちょっと手を加えるとか何とか、ねえ。

DSかPSPに「BAROQUE」を移植してはいただけないものか。
既に米光氏がSTINGさんにおられないので、余計な追加要素はなしで
システムを機種にあわせるだけのベタ移植で結構ですので。

そういや、割と最近知った噂なのですが
PS版「BAROQUE」で追加になった設定って、
同人ネタを原作者側が採用したとかなんとか……。

本当だとしたら、かなりガッカリです。
以前PS版を「こんなの偽感覚球だ!」とバロっぽく批判したことがあったのですけど、
当時の自分はその辺のニオイを嗅ぎ取ってしまっていたのかなあ、とか。

PS版のほうがバランス調整やオマケ要素がある分
ゲームとしてはいい出来なんですけどねー。

▲上に戻る

2006.11.14 [Tue] 活字離れは恐ろしい。

とても今更ですが。かなり前に父が貸してくれた
文庫版「ダ・ヴィンチ・コード」を読み始めました。

最近エロゲーくらいしか文章を読んでいないので
普通の小説の文体に慣れるのに4章目くらいまでかかってしまいました。

そういや「ダ・ヴィンチ・コード」が流行していた時期と
「ゼノサーガEp3」の発売時期が被っていたので、
モチーフの共通点をネタに、ゼノサーガスレッドで盛り上がったような荒れたような。

まだ上巻の半分くらいですが、読み終わったら
もう一度ゼノサーガも振り返ってみたいです。
PS2版のEp1とEp2も結局放置したままだしなあ。

で、寝る前に読んでいるためか、昨晩は中学時代の友人が
誰だかわからん人5人くらいと連れ立って我が家に押しかけてきて
新聞紙の切れ端を突きつけつつ、暗号を解け!解け!と
僕を責め立てる夢を見たので、全く眠った気がしませんでした。

親しい友人ならともかく、そこそこの付き合いの友人だったため、
唐突に夢に出てこられるとびっくりしますよ。何かあったのかと心配になるべ。
つーか、自分自身が古い友人に助けを求めているという暗示でしょうか……。

ただいまアニメ「瓶詰妖精」をナガラ鑑賞中。
萌えアニメって、意外と見るの疲れますな。ツッコミ不在なところとか。
視聴者が画面に向かってツッコむのが正しい楽しみ方なのでしょうが
そんな恥ずかしいマネできるかッ!

▲上に戻る

2006.11.15 [Wed] 画面は見えねど

音でわかる。

どうやら妹はDS版「FF3」をやっている模様。
チィ、先を越された。でも多分、クリア出来ずに放置すると見た!
勝利のファンファーレが懐かしい。

そういやGBA版「FF5」も出ていますね。
一応買うつもりでいたはずなのですが、何となく忘れておりました。

GBA版「FF4」は改悪が酷いと聞いていたので(これも買っていません。)
「5」と「6」の開発が決定したときにはとても不安に思っていたのですが、
2ちゃんねる内で他のスレッドに悪評が飛び火してこないところを見ると
そこそこ上手くまとめて下さっているのだろう、と勝手に安心しております。

追加要素についても、新ジョブに関しては楽しみにしています。
エクストラダンジョン的なものが増えているらしいですが
そちらに関しては「面白かったらラッキー」くらいの考えでいます。

SFC版では24時間程度あれば普通にクリアできたはずですので、
今の作品群と比較してプレイ時間を水増しされるのは仕方がないことですしね。

とか書くとネガティブシンキングっぽいですけど
実際はそこまで拘っているわけでもなかったりして。
ジョブをマスターしていく過程だけで十分楽しめるので
よっぽどおかしなバグでもない限りは何とかなるでしょう。

単調作業メンドクセーとかよく言っている割に
好きなゲームは初期FFシリーズ一の作業ゲー。矛盾したもんです。
当時からメインはストーリーよりも、システム的なやり込みって感じだったしな。
なんつっても中学生は基本、暇だったからねー。

これからのSQUARE作品では「聖剣伝説4」を予約してあります。
発売はまだまだ先だと思っていたのにもう年末か。早いな。
開封できるのは来年の夏くらいになると思われますが……それもあっという間に来そうだよ。

DS版のアレがあったのでこちらについては慎重にならざるを得ません。
周囲の評判に耳を傾けて、悪くないようなら手を出そうかな、とか。

この冬〜春は地味に個人的新作ラッシュなので
積みゲーがどんどん増えそうです。置く場所がありません。

▲上に戻る

2006.11.16 [Thu] ハードディスクの容量が足りません。

音楽CDの入れ替えが面倒なので、手当たり次第にパソコンに取り込んでいたら、
いつの間にやら物凄い量になっていました。
積んでたエロゲーをインストールする余裕が無いよ。

そんなときこそ「ツーショットダイアリー'95」!
ゲームCDさえ入っていればインストール不要で遊べちゃいます!

急にやりたくなって中古で買いました。980円。
一回のプレイが短いし、目的がエロしかないので息抜きに最適です。
最近のエロゲーは難しくなったよねえ。いろいろと。

ゲーム本体をインストールしない代わりに自動セーブが実装されているはずなのですが、
OSの違いのせいなのかちゃんと機能していないみたいなので、
いつ立ち上げても最初からやり直しになってしまいます。

確か、隠しキャラを出すには12人全員クリアが必要だと思ったのですが、
このままでは全員ぶっ通しでやるしかない……のか?

パッケージを見ると、デフォルトキャラと追加キャラの絵の違いに
写実風アニメ絵→デフォルメ萌え絵へシフトする過程みたいなものが垣間見えて面白いです。
というか今見ると、追加キャラの絵柄はどっちつかずでちょっと変かもしれませんね。
当時猛威を振るった竹井正樹氏を微妙にパクろうとして結局パクりきれてないような。

やべ、もう30分経ってしまいました。
「ツーショットダイアリー'95」はフルスクリーン固定なので
他の事をしながら進められないのが不便です。

▲上に戻る

2006.11.17 [Fri] ハードディスクのフルバックアップを取りながら

「ダ・ヴィンチ・コード」読了。

流行りモノだから、とあまり期待していなかったのですが、
上巻の終わりぐらいから話がグッと盛り上がってきて
二転三転する攻防劇に引き込まれ、特に暗号が解き明かされていく場面では
先が気になって寝る間も惜しんで読みました。

現実に存在している物や事と創作世界のブレンド具合が絶妙で
この話が本当に起こったとしたら、さぞかしエキサイティングだろうなあ。
なんて思ってしまいました。

自分自身がキリスト教に馴染みが薄いのと、外国が舞台であるために
あらゆる意味でファンタジックなものであると捉えられたため
そんな風に考えることが出来るのでしょうが。

当時、暴動が起きたというようなことが報道でも取り上げられていましたけど、
敬虔なキリスト教信者の方にとってショッキングな内容であっただろうことは想像に難くありません。

「ゼノサーガEp3」も、キリスト教圏で発売しても大丈夫なのか?
という、ネタともマジとも取れる心配みたいなものをファンの間で交わしたことがありました。
デリケートなことなので、どうこう言うつもりは無いですし
何よりネタバレになるのでここで多くは語りませんけれど。

いやー、わち、日本人でえがったー。

「ダ・ヴィンチ・コード」の映画版は観ていないので、
読みながらの脳内BGMは「ゼノサーガEp3」だったような気がします。
先日の日記に書いたとおり、宗教関係の用語等に共通したモチーフがあるので
本題とは関係ないところで感動したりしてね。

どちらの作品も一応のオチは作中でついているのですが、
最終的には「読み手に委ねます」系ですので
登場人物のその後や、この世とあの世のアレコレを
想像するのがお好きな人にオススメかもしれません。

中古で「MOON.」を買いました。

▲上に戻る

2006.11.20 [Mon] 二日も日記をサボってしまった。

昨日・おとといは別にグダグダしてなかったよ。
めちゃめちゃ頑張ってましたよ。エロ本タワー作りを!

寝床の横に積んである雑誌類がいよいよもって辛抱たまらん量になってきたので
いるもの・いらないものを選別していたのですが、分ける作業をする床スペースが無いため、
必然的に布団の上に積む羽目になりました。

あれあれ? おかしいな?
物量は変わっていないはずなのに元の山に戻らないよ?
ていうか、寝るスペースがないよ? こりゃ徹夜作業ですか?

って、このやりとり何回目じゃワレー。My room、マジ四次元。
さっきそこにあったはずの「ダ・ヴィンチ・コード」下巻が突如消え失せて
それを探すだけで1時間くらいかかっちゃいました。

家族のモノとはいえ借り物だから、そのまま放置と言うわけにもいかず
ヤベーヤベーいいながらあちこちひっくり返しました。
予定が狂いまくりですホント。手加減してくれよワラシさんよ。

ちなみに雑誌は結局何一つ捨てられず、
片付ける前より堆く詰まれたに過ぎませんでした。
お気に入りページだけスクラップしてからそのうち処分します。
多分。

買っておいて読んでいない単行本類も、雑誌の隙間からポロポロ出てきて動揺しました。
今まで内緒にしてたけど、「ブリザードアクセル」ってぶっちゃけ面白くないよね!

鈴木央氏には漫画を描き続けていただきたいので、お布施のつもりで買い続けますが。
7巻も10月に出ていますけど、買いそびれているので何かのついでに注文します。
フィギュアスケートブームに乗ってでも何でもいいので
少しでも売れてくれて、次の作品につながれば、と思っております。

▲上に戻る

2006.11.21 [Tue] このままの調子だと

塗り作業が間に合わない予感。
日記に費やす30分すら惜しい切羽詰り具合。
もうちょっと手が早ければ!

雑誌を整頓していたときに、コンプティークの付録冊子の
「リーンカドラー」プロローグ総集編が出てきました。

今や普通のエロゲーはもちろん、
ボーイズラブゲーの原画家としても大人気の
CARNELIAN女史の連載コミックですな。

一度休筆となった後に、復活します!と特集を組まれたのが
この冊子付録だったようですが、その後もうやむやになって
完結していなかったと記憶しております。
現在のCARNELIANさんの多忙振りを拝見していると、
今後も連載再開の見込みはなさそうですね。

これを見つけてさらに思い出したのが、うたたねひろゆき氏の「リスティス」でした。
こちらもなんだかよくわからんうちにストップして久しいです。
つーか、「セラフィック・フェザー」は今どうなってんの?

伊藤真美女史の連載作品群も、以前日記でネタにした時から
既に数年経過してしまいましたが、未だ音沙汰なしっぽいですね。
自分が死ぬまでに続きが読める日は来るのでしょうか。

死、といえば、最近お亡くなりになった芸能人の方に
自分が幼い頃からTV等で目にしてきたお名前が目立つようになり
妙な焦燥感でいっぱいになっております。
親も友達も、いつかは死んでしまうんだよなー。

人のことよりまず自分を心配しろって感じなのですが。
新しい輪を作ることを放棄した毎日を過ごしているので
このまま行くと将来は孤独死確定です。

老いて人様に迷惑をかける前に折り合いつけて死ねたらいいのに。
なんて、重たい未来を想像してしまうのは、今の職場の影響もあるだろう……。

ところで、「旋光の輪舞 Rev.X」でプレイヤーカラーとコスチュームに
新作が配信となった模様。(リアルタイムでスレッドが盛り上がり中。)
ダウンロード環境が無いので見ることすらかなわないです。
公式サイトの画像で我慢我慢。

週間G.rev通信

ネタに体張りすぎです!

▲上に戻る

2006.11.23 [Thu] 「トゥモローワールド」

TVでCMも打たれているのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
世界中で子供が生まれなくなった近未来を舞台にしたSF映画です。

どこかで聞いたことのある設定じゃないですか?
そうです。「天使ノ二挺拳銃」です。にちょけんスレでも話題騒然!
……3人くらいの間で。

「天使ノ二挺拳銃」は、話自体は面白そうなのに構成が中途半端で
詳細設定が用意されていないため不完全燃焼気味でしたので、
(個人的にはそれでも大好きなのですが……。)
同じような世界設定の「トゥモローワールド」がSF部分を詳細に描いているのならば
物語をダブらせて脳内補完しようと密かに期待しておりました。

が、軽く感想をあさってみたところ、
「技術の高さには驚かされるけど、結局どういう話なのかよくわからない」
という印象の方が多い様子。

あらやだ。奇しくもにちょけんと同じじゃないのよ。(良美風に)
映画館まで観に行くべきか、DVDになるまで待つべきか迷っています。

トゥモロー・ワールド 公式サイト

あと、Xbox360の「カルドセプト サーガ」とPSP版「Riviera」が到着しました。
うわぁぁー、やりてえー!! 特に前者!
360本体はセンコロとこれの発売を見越して買ったのに!

きっと今頃皆さん対戦に明け暮れているのでしょうね。いいなあ。
自分が回線を確保できる頃には過疎ってそうですよ。ううう。

▲上に戻る

2006.11.24 [Fri] 日記CGIを

バージョンアップしようとしているのですが、上手くいきません。

一年位前にもやろうとして出来なかったので
もう少し知識が付いてから再挑戦しようと思っていて、
そろそろやれるかな、と試してみたけどやっぱり駄目でした。

で、たった今気づいたのですけど
このサーバ、Jcode使えないんですね。
……チクショウ、3時間無駄にした!

また明日いじりますので、日記が見えなくなっていたら
作業中だと思ってくださいませ。

▲上に戻る

2006.11.25 [Sat] 日記のバージョンアップ完了。

【09:58】
よしよし。つーか、今までの苦労はなんだったんだ。
これから通常表示用のテンプレートをいじりますので
ヘンテコな見え方になっていてもお気になさらずどうぞ。

【13:45】
こんなもんでどうじゃろう。
お借りしているCGIのバージョンが、1.25→3.00βになりました。
どんだけ放置してたんだよ、って感じですな。
見栄え自体はそんなに変わっていませんが、調整したのは以下の部分です。

・トピックタイトルに曜日が出るようになった。
・ページ右上端に直近のバックナンバーへのリンクを設置。
・過去ログと過去ログ一覧のデザインを統一。
・Internet Explorer 6の改行バグにちょっとだけ対応。

おかしなところがありましたらご報告いただけると嬉しいです。

過去ログを見ていて、そろそろ「暫定版」のコンテンツは
削除するなり統合するなりしないとイカンなあ。と思いました。

▲上に戻る

2006.11.26 [Sun] 今日は真面目に塗り絵してました。

3点+αを仕上げました。

一日中パソコンに向かっていたのでさすがに疲れたよ。
同じキャラばかり塗っていると、使用する色が変わらないので少し飽きてきますね。
って、そんなことじゃイカンのですけど。

本日、これから出るDSソフトを通信販売でまとめて予約してきたのですが
それらが発売になる頃、作業から解放されているかどうかが不安です。

DSは手軽に触れる分、ちょっとだけと思ってやり始めても
ついダラダラと続けてしまうので、自分の首を絞めること間違いなしです。
何でもギリギリにならないとエンジンが掛からない、腐れ性根が恨めしい。

今回お手伝いさせていただいている企画のおかげで
ゲーム製作の難しさとか、スケジュール管理の難しさとか、
共同作業の難しさとかを身をもって体験できて
大変ありがたく思っております。

世の中そう簡単に行きませんなー。
今後自分で何か作るときに、今回の経験を活かせたらいいですね。
簡単なことでも実地経験があるのと無いのとでは、全然違うと思いますので。

この企画が終わったら、知人様にシナリオをお願いして
ノベルゲーっぽいものを作らせていただきたいです。
絵は……他の方にお願いして、自分はまた塗り専かな。

ゆくゆくは「学園トライアングル」の史実を忠実になぞった
SLGを作りたいのですけど、ストーリーが一筋縄では行かないので
(正義が必ず勝つとは限らない、ってあたりがね。)
どうやって折り合いつけていくかが難しいところかなあ、と。

夢を膨らませる前にまずは目の前のことですね。
でも、今日は疲れたのでもう寝ます。

「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終えたため
就寝前が少し手持ち無沙汰になったのですが、
父がウキウキと文庫版「天使と悪魔」を貸してくれたので
続けてそちらを読むことになりました。

「ダ・ヴィンチ・コード」のほうが、映画化されただけあって
エンターテイメント性が高いというか、とっつき易い感じはします。
でも僕は映画を見ていないので、どうせならシリーズの
順を追って読みたかったかもしれない。

あ、「天外魔境II」も、やっと浪華地区まで来ましたよ。
ストーリー自体は知らないのに、以降の展開は
余計なゲーオタ知識として持っているので、ちょっと警戒しています。

▲上に戻る

2006.11.27 [Mon] 某インターネットラジオで

「私はネット依存症です。
毎日毎日、ブログやmixiを見るのにものすごく時間を費やしてしまいます。
時間がもったいないし、このままの状態を続けていくのは良くないと思います。
どうしたらいいでしょうか?」

というような相談に、

「私は電車で移動中などの時間がもったいないので、
ケータイで先に文章を打っておいて、後でアップするようにしています。
ブログやmixiの閲覧も、ちょっと見づらいけどケータイでできますよ。
パソコンだけではなく、もっとケータイも活用しましょう!」

的な回答が出されていました。

えっと、2ちゃんねるでいうところの『釣り』、ですか?
本気で言ってるなら何か怖えぇ〜。

しかし自分も決して他人事ではないですな。
会社から帰ってきたらほとんどの時間をパソコンの前で過ごしています。
ってもサイトめぐりはほとんど出来ていないのですけど……何してんだろ?

久しぶりに友人のサイトを覗いたら、
以前は「更新に命かけてます!」みたいな感じだったのに
9月からパッタリ日記が止まってしまっていて、少し心配になりました。

仕事が忙しいのかなあ。まさか体調崩してんじゃないだろうなあ。
今でもメールは通じるのかな。とりあえず年賀状を出してみよう。
まだ図案も全然準備してないけどね。I・NO・SI・SI!

学生時代に同人絡みで交流のあった方の殆どとは
相手のジャンル変更などがキッカケで連絡を取り合うことは無くなってしまったのですけど、
ごくたまに思い出して、ペンネームをネット検索にかけてみてはこっそり伺ったりしています。

別に何っていう訳ではないのですけど、
それでお元気なご様子を拝見できたら安心できるといいますか。
逆に言うと、それで探し出せない方は今頃どうされているのか
余計に気になってしまうのですが……。

このダッサイペンネームを変えないのも
高校時代のクラスメイトや、昔お付き合いのあった方々が
検索して飛んできてくれたらいいなー、という願いがあるからなんですよね。

実際、ときどき「サイキックフォース」と「神楽幻」の組み合わせで
おいでくださる方もいらっしゃるので、もしここをご覧になっておられるのならば
ぜひ今一度ご連絡いただきたいものです。
コンプリートの出来とか愚痴りましょう。(積年の思いがそれか。)

誰もがみんな、サイトを持っていて、そこそこの頻度で
日記類を更新してくれていたらいいのに。
その点に関しては手軽なweblog・mixiブーム、大歓迎ですよ。

▲上に戻る

2006.11.28 [Tue] 「俺からサイキックフォースを取ったら何が残るのかな」

と友人に問いかけて、ちょっと考えた後に
「エロが残るじゃないか!」と言われる罰ゲーム。

連日軽〜く憂鬱な日記が続き、見てくださっている方に申し訳ないと思いつつ
今日のテンションもどん底です。耳からシェイディクラウド出そう。

なんかこう、パリッとテコ入れになることないかな。
「CLANNAD」やり直してぇな。手軽なテンション底上げ装置・春原陽平。
でもそれはそれでデンジャラススイッチが入って何も手に付かなくなるから却下。

さて、何とは無しに会社で六星占術の話題になったのですが
皆さん結構、ご自分が何星人だとか、ご存じなものなのですね。

細木和子さんのTV番組はそれなりに面白く拝見したことはあるものの、
占いをあまり信じないほうなので、今まであまり興味も無く
当然自分が何にカテゴライズされるのかも知らなかったのですが、
ついでなのでネット検索して占いサイトで調べてみたところ……。

天王星人(+)って、ウチの馬鹿上司と同じじゃんかよ。
同じ系統の性質だとは思えないし思いたくないんだがなあ。

しかも書かれている内容が「楽天的な性格」とか「笑いの耐えない家庭を築く」とか
ポジティブ全開で嘘くさいよ! っていうか絶対嘘だよ!
ちょっと信憑性が……。

アブノーマルセックスや同性愛に走りがちなのも天王星人なんだってさ。
……あれ? 途端に信憑性が。

どんな占いをやっても「快楽主義者」の要素だけは外れてくれない不思議。
我が二つ名は“性愛の申し子”也けり。

▲上に戻る

2006.11.30 [Thu] ウィーッ!!

Wii。そうか。12月2日発売か。忘れていました。

CMを見るたびに、つくづく一人で遊ぶには
キビシいハードのような気がしてきたワ。
みんな友達や家族と一緒に楽しそうでいいワネ。
どうせアタシなんて、この年末もひとりぼっちヨ。

追い詰められてオカマキャラ誕生。

しかし、DSのタッチペン操作ですら画期的なようで足を引っ張っているこの状況で、
あの特殊操作で遊ぶタイプのゲームは果たして定着することが出来るのでしょうか。
CMを見れば見るほど薄ら寒いものを感じてしまうのは
僕がバーチャルボーイを知っているからでしょうか。(比較対象が酷すぎだ。)

今まで臨場感や操作感の向上のために
特定の作品に外部装置が用意されたことはありますが
専用コントローラは「専用の」コントローラだから意味があるわけで、
あのリモコン型コントローラで、どこまで対応しきれるものなのかな、と。

専コンの例としては、ガンシューティングのガンコントローラがありますが、
銃のトリガーを引く動作を実際に行うのと、
Wiiコントローラでそれっぽい動作を行うのとでは
どう考えても前者のほうが、銃を撃っている気分を味わえるじゃないですか。
「より操作感UP!」とか言って、別個に専コンが出るようなことになったら意味無いゾー★

あと、体動を伴うことがデフォルトに組みこまれているというのは、
微妙にゲームマニア層を置いてきぼりにしそうな感じがするのですよね。

つーか、自分がそうなんですけど、体を動かすのが嫌だからゲームが趣味なんだよ。
無力な自分でも手元のボタン捌き次第で何とか出来るかも?ってところに
テレビゲームのお手軽さと奥深さがあるのに。

ぶっちゃけPS2・DCコントローラ(ぷるぷるぱっく……)の
バイブレーション機能ですら余計なお世話で、OFFがデフォルト設定でした。
手元が揺れたぐらいで何を感じろというのかと、疑問でしょうがありませんでした。

中途半端なリアルさの追求はより大きな違和感を生み出すだけだ。
室内でコントローラをつかんでバットを振るフリをするくらいなら、
外に飛び出して友達と一緒に野球をしようよ。
雨が降ったときだけその代替として、ゲームで野球気分を楽しめばいいんだよ!

確かにミニゲーム集で遊ぶ際に、動作が多岐に渡ることは
単純に面白そうというか、お得感はあるのですけどね。

個人的にミニゲーム自体に興味が無いので
そちら方面の楽しさは享受できなさそうです。
大体「ミニゲーム」というゲームジャンルって何なんだ。

そして、RPG等にミニゲームやダンジョンアクションが
無駄に盛り込まれそうで怖いのです……。

もうすぐ「サモンナイト4」が届きますけど、
ミニゲーム盛りだくさんがすでにウリのひとつになっていて、遊ぶ前から憂鬱です。
オマケはどうでもいいから主幹のはずのSLGのゴリ押し感をなんとかしてくれ。
もしくはキャラに走るなら、割り切ってヌルヌルSLGにしてくれ。

閑話休題。

ファミコンが発売された1983年から単純計算で約23年間。
普通のコントローラでテレビゲームと呼ばれるをモノを遊び続けてきた人間として、
既成概念に凝り固まってしまっていることは否定しません。

そして、基本、ゲームはその時代の子供のおもちゃであることを
忘れてはいけないと思うのですが。

日常にゲームがあることが当たり前の世代ド真ん中なので、
あまりの激変に戸惑いを隠せない、って感じです。
まあ、まだ実物を触ってもいなけりゃ拝んですらいないので、
実際に操作できた後で、また一喜一憂したいと思っています。

自分にとって「これだ!」と思えるソフトが1本でも出てくれれば
買って損したとは思わないので、最終的にハードが流行ろうが廃れようが
あまり気にならないんですけどね。その点に関しては大人でよかった。

世の中銭やで。

てな感じで、ほぼ愚痴と間に合わせでしたが、
今月は何とか日記枠を埋めることが出来て安心しています。
2006年も残り一ヶ月、悔いの無い日々を過ごしたいものです。

▲上に戻る