2006.10.1 [Sun] サントラ聴かないでおいて良かった。

PS2版「pop'n13」、隠し曲は8割ほどオープン出来たようです。
発売日からこんなにぶっ通しでプレイしたのは「9」以来?
叩きすぎで左手の小指を少し痛めてしまった軟弱者でございます。

さて、自分のプレイ環境がモノラル音声なためかもしれませんが
今作はいつも以上に音のバランスが不安定であるように感じられます。
叩く部分、つまりプレイヤーが担当するパートの音が小さすぎやしませんか。

曲選択で流れているサンプルはどれもカッコイイのに、
実際遊んでみると思ったよりも乗れないというか……。

ベストな状態に調整されているはずのサントラバージョンを先に知ってしまっていたら、
今以上の違和感でまともにプレイできなかったかもしれません。
サントラの「SCI-FI」は鳥肌が立つほど大好きだけど
PS2版では数えるほどしか遊んでいないというアレな状態再び、みたいな。

プレイし始めたときには「やべえ、今回好きな曲ほとんどないかもしらん」
と、モヤモヤした気持ちを抱えながらの作業プレイで、
黙々と続けているうちに担当部分の音を把握できるようになり、
そこからやっと普通に楽しめるようになりました。

でも「好きな曲」と「遊んでいて面白いと思う曲」が
一致していない感はありますので、微妙に欲求不満なんですよね。
あとどれもそこそこ好きな割に、これが今回の(自分的な)目玉だ!という曲が無いです。
油断すると「7」〜「9」からの再収録曲ばかり遊んでしまっています。

新曲から選ぶならメガネロック・ハードPf・グライド・
フライングデュオ・チップトロニカ・チキンハート辺りが好きです。
特に前者二つは担当音がハッキリと聞こえるのがいいですな。
メガネ=カルロを思い出す……。PF=サイキックフォースを思い出す……。

「少年マガジン」タイアップ楽曲の“もうしま”(もう、しません。)も
ネタに徹しきった脱力ぶりが面白かったです。ムービー凝ってるなあ。
一曲が長いのがちょっと難点だけど、これも結構遊んでいます。

尚、2Pヒューは馬鹿じゃないのかと思うくらい青かったので満足しております。
本人が青いのにバイクも青いから、表示部分が真っ青です。やりすぎ。
特に青い背景だと紛れてしまって、そこにいるのかいないのか判りません。
だがそれがいい。使用決定。

ヒューの基本モーションは足でビートを刻むだけ、という
予想していたよりも地味な動きなので、視覚的な面白さはありませんね。
テキーラダンスというジャンル名とイメージチェンジという前情報から、
もっとハッチャケ兄ちゃんになるのかと思っていました。カルロのことじゃないぞ!

むしろこの2Pヒューならば、前回のビートロック3の
担当キャラにしても良かったんじゃないのかなあ。
丁度再収録されているので、プレイしながらそう思いました。

今回もスミレの担当曲がないのが寂しいです。
まあ、シンパシー3部作は完結したから役目は終えたってことか。
仕方がないのでPS版「6」公式サイトを眺めて
当時の彼女のプッシュされっぷりにウットリしておいた。

公式サイトも回を重ねるごとにどんどん豪華になっていっているのですね。
曲にしろキャラにしろ作り手側のコメントが沢山読めるようになったのが
一番ありがたくて興味深いところかもしれません。

ところで今回、水野氏は参加していないのでしょうか?
今のところスタッフロールが見られないので、確信はありませんけど
収録楽曲から氏の雰囲気が嗅ぎ取れないのですが。

▲上に戻る

2006.10.3 [Tue] ポップンランド&ワールドコンプリート。

というわけで、ネット情報およびサントラ解禁です。
今回のオープン条件である神経衰弱は楽チンで助かりました。

2ちゃんねるのコンシューマ版スレッドによると
ミニゲーム3種類の連続クリアで出現する曲があるようですが、
ミニゲームそのものがダル過ぎたので、自力クリアする気は皆無です。

すでに時限解除式に切り替えたので、適当に遊んでいるうちに出てくることを期待しています。
まあ、時間に達するより先に、雑誌にセーブデータが収録されてしまうかな、
とも思っているのですけど。それならそれでもいいや。

そしてサントラ。
聴きながら日記を打っているのですが……。

ゲェ! 何だこれ! 音が全然違うよ!
プレイ中は、他ゲーム楽曲のメドレー作品が多すぎるなあ。ぶっちゃけ要らないぜ。
なんて思っていたのですけれど(事実1回ずつしか遊んでいません。)
サントラで聞くとガラリと印象が変わってしまいました。
麻雀格闘倶楽部ってこんなカッコいい演出だったのか。軽快でいいですね。

やっぱりステレオとモノラルの差なのかなあ。
テレビを買い換えたくなってきました。

サントラの楽しみというとブックレットで作曲者さんをチェックすることなのですが、
先日書いた好きな曲のうち、ハードPfとフライングデュオが
村井氏の作曲だったのでちょっと嬉しかったです。オイラの耳も捨てたものじゃない?

ハードPfはキーマニでも遊んでみたいなー。ダブルプレイでさ。
自分が実現できるかどうかは置いておいて。
というか、この曲こそ裏譜面が作れそうじゃないですか?

SFポップはハート(Pink Rose)に似ていたので
すぐに村井氏っぽいと気が付いたのですけど、
特別好きというほどでもないです。もちろん嫌いではないですが。

ついでにコンシューマ新曲のチキンハートも
A.I.Unit名義なので、調べるまでもなく氏の担当曲ですな。
“もうしま”のアレンジも村井氏なんだそうですね。スッゲエ。(笑)

スゲエと言えば、今作には版権曲でエレクトリカルパレード(BAROQUE HOEDOWN)と
ゲットワイルド(TM NetworkのGET WILDのアレンジ)が収録されていることにビビリました。
pop'nシリーズの原点、なんちゃって曲のホンモノが来ちゃったよ。
公式サイトのコメントを見たところ、その点に関しては作り手さん方も感無量のご様子ですね。

既に13に少し飽きてきたので、振り返る意味も込めて
過去作品をザッと触ってみたのですけど、自分的な原点というと
やはりNAKATEK氏の楽曲でしょうかね。「7」は手放せません。

素人目(耳)にも、初期の曲でありながら完成形という感じがいたします。
自分の手で叩いて鳴らしているのが実感できますもの。無駄な音がないよ。
ただ、低難易度曲ばかりなので、操作に慣れた今となっては少し物足りない気もします。

もう新曲は出されないのかなあ。澄んだ電子音が恋しいです。

▲上に戻る

2006.10.9 [Mon] 忘れた頃にパルック。

以前線画の段階で放置していた絵を、完成させてみました。

本当はセル塗りにしたかったのですけど、どうにも力が及びませんで、
路線変更して髪の表現は、Photoshopが一般に普及しだした頃によく見られた
テカテカ塗りを目指したつもりなのですが、いかがでしょうか。

今現在でもさらに絵柄が変わってきているので、
他人様の絵を塗る感覚に近かったです。紛れもなく自分の絵だけどね。
線画のときにも言ったけど、目ぇデケェなー。

現在、練習用にお預かりしている「リトルバスターズ」のクドリャフカも塗り途中。
当サイトでは表立って公開できませんが、見かけたらよろしくお願いします。(何をだ?)

えーと、掲示板等でお世話になっているあおみん様より
DSソフトの「NEWバブルボブル」と「NEWレインボーアイランド」をお借りしました。

出来についてはある程度覚悟していたのですが、
「サイキックフォースCOMPLETE」に勝るとも劣らないクソっぷりです。
(両者のクソの方向性は違うのですが。)

あおみん様もおっしゃっていましたけど、
ベタ移植も駄目ならリメイクも駄目って
老舗ゲーム会社としてどうなのよ。ねえ、タイトーさん。

移植・リメイクの実作業は外注に丸投げするにしても、
ゲーム内容自体は自社内で決めているのでしょうか。
だとしたら、遺産をドブに捨てるような真似はどうかおやめください、と。

ホント、どうなってんだ……。

今は時間がないので書きませんが、次回更新で是非文句を垂れてみたい次第です。
っても、そんな語れるほどは遊べてないんですけどね。
息抜きにもなりゃしない、どころか余計なストレスを抱え込みました。

▲上に戻る

2006.10.18 [Wed] たこ焼きうめえ。

土曜日に焼いたのに、また焼いちゃった!
タコは足のほうが丁度いい歯ごたえになりますなー。
店のたこ焼きに入っている小さい足だけのって業務用タコなんだろうか。
どこで買えるんだろう。欲しいぜい。

さて、前回の日記にチラッと書きました
「NEWバブルボブル」と「NEWレインボーアイランド」。
貸してくださった方が大のバブルシリーズフリークであるにも関わらず、
「隠しキャラを出す気になれず放置しています。」とおっしゃるだけあり、
かなり厳しいデキになっております。

前者は旧作の移植版(しかし完全移植ではない模様)が
オマケ収録されているために、最悪そちらだけを楽しむ、という
使い方もあるのですが、後者はそれすらも叶いません。

それどころか元のゲームと全く違うアレンジになっている上に
操作性が劣悪で、憎しみが二倍にも三倍にも膨らみます。
ワンダースワンで白黒だった「レインボーアイランド」を
そのままカラーにして移植したほうがまだ有意義だったのでは。

バブルボブルのほうはねー、DSソフトだけれど、
敢えてタッチペン操作を排除したところにまだ救いがあったのかな。
元作品の基本ルールを周到しつつ、グラフィックを派手にしたけど操作性を悪くした。
って感じなので、言わんとしていることは何となく伝わってくる分、
全く遊べないということはありません。楽しくもないのですけど。

何が悪いって、調子こいてダブルスクリーンでプレイさせようとするから
視点が定まらなくなって気持ちが悪いということに尽きるのではないでしょうか。
さらにゲームフィールドに対して、プレイヤーが
一度に注視出来る部分が狭すぎるのだと思います。

ひとつのスクリーンにつき見える部分は、フィールド全体の1/4くらいでしょうか?
いわゆる“カメラが近すぎる”状態なので、境界を跨ぐときに眼球がうろたえてしまいます。
まあ、まだ慣れていないせいもあるのでしょうけど、
慣れたとしても、根本的な解決にはならないですよね。

どうしても上と下の画面を使わせたいのならば、
素直に縦長フィールド2画面構成にすればいいと思うのですが。
もしくは今の視点でもいいから、実際に稼動するスクリーンは
どちらかひとつにすればまだマシだったかも。

広大な感じを出そうとしてこんな形になったのならば勘違いも甚だしいですね。
つーか、テストプレイはやったんですか!(出た、お決まりの台詞。)

泡の判定が妙にシビアな気がするのも、やっていてイライラしました。
横からちょっと触れただけですぐ割れてしまうんだもの……。
上方に上がるための飛び乗り操作がなかなか出来なくて辛かったよ。

ってここまで書くための内容の思い出しに対して気疲れしてきたぞ。
文字バブルを全部集めて100面までクリアすれば
隠しキャラの一人が出てくるらしいので、面セレクトを駆使してやってみよう

……と思うだけならフリーダム!
昔のファミコンの、クソゲーと呼ばれた難しい作品群も
頑張って攻略している方が多数いらっしゃるのだから、
これくらいで音を上げるようではゲームオタクを名乗れないですね。
うーん……でも、ごめんなさい! 面倒くせえ!!

本日の絵は裏のお絵かき掲示板で描いたドット絵春原です。
「CLANNAD」のリミックスアルバム「memento」の裏ジャケットを目視パクってみました。
いやいや、こっちのほうが全然メンドくないですって。

登録したものの、全く活用していないmixiのトップ画像用に
と作ったのですが、見てくださる方が限られるのが寂しくて
結局こちらにも載せてしまう貧乏性。

作っている最中、変なところにギアチェンジしそうになって参った。
冬コミ発売時の動揺は、忘れようとしても忘れられない。

▲上に戻る

2006.10.30 [Mon] ごわー。

時間が無いよ! 相変わらず勤務中は中途半端に暇なのに……。
間が開きすぎるのも不安になるので、近況報告だけでもさせていただきます。

■ タコが100万個欲しいぜい。
と、書こうとして思いとどまった形跡が前回にありますが。
その後気になってしょうがなくなり、googleで
「たこ焼き用 たこ」で検索して見て回ってしまいました。

敢えてリンクは張りませんが……
あるんスね、カットたこ専門店……。

でも、明確に値段や送料が書かれていないサイトだったので、
お問い合わせするのもなんだか気が引けて、放置してしまいました。
足だけとか頭だけとかが指定できるらしいのは魅力的だったのですが。
お客を一人逃してしまいましたね。

Yahooショップでも冷凍カットタコが出ていたのでチェックしてみたら
タコ自体は800円チョイで買えるものの、送料が1500円もかかるので諦めました。
送料でタコ2つ買えるじゃんよ。地方への冷凍便って高いんだなあ。

僕のタコ探しの旅は続く。

■ DS版「天外魔境II」プレイ中。
これもお借りしたソフトです。寝床で一日1時間くらいずつ進めています。
PS2やGCに移植されたものはあまり出来が良くなかったようですが、
DS版は基盤はそのままに、ハードに合わせたアレンジが施してあり
なかなか好感触ですね。(っても、戦闘のアレンジ部分、使ってない。)

PCE版は中学時代に友人宅で触らせてもらいました。
正確には友人がハマっていたのを横で眺めていたのですが。
そして本体もソフトも本当の持ち主は友人の兄ちゃんなのだけど。

友人がカブキの立ち回りのモノマネとかしてくれて
ゲームそっちのけでゲラゲラ笑ったんだよなあ……。
今思うと何がそんなにおかしかったのか判らんが……。
いわゆる雰囲気に流されたって奴だ。

そしてその友人はRPGが得意ではないので、
暗黒ランの5本目だったかを切る前に挫折したはずです。
ちなみに僕は今4本目のイベントを進行中です。
確かにこのへんから若干面倒くさくなってきている気はする。

あ、記憶に残っていたよりもシナリオが枡田節全開でびっくりしました。
これ、町人とかもほとんど枡田氏が書かれたのでしょうか。
量的にも質的にも凄いボリュームのような気がするのですけど。

■ PS2版「うたわれるもの」が届いた。
また無意味に初回限定版で。予約特典が増えまくっていてビビッたよ。
特典類はいっそ時期を見て売っちゃったほうがいいのかなあ。
というか、いつ遊べるのかなあ……。

SLG部分をフライトプランさんが手がけたというあたりにも話題性がありましたが、
実は個人的にはフライトプランさんのSLGで面白いと思ったことってあんまり無かったり。

え? フォローは?

■ pop'n music14とee'MALLサントラ到着。
家庭用に「14」が来るまで我慢しようかと思ったのですが、
作業に対するBGMが追いつかなくなってきたので開封してしまいました。

んー。これと言って好きな曲も無いけど、嫌いな曲も無いですな。
いいかも、と思うのはやっぱりいつものコンポーザーさんの作品ですし。

家庭用「13」に今までのコンシューマスタッフさんが参加されていないらしいことは
2ちゃんねるでの各種書き込みを参考にしつつ、何となく察したのですが、
退社説とかスタッフ不仲説とかの深読み的な噂すら立たないで
本当に何の前触れもなくプッツリと音沙汰がなくなってしまったのが余計に心配です。

一応「14」サントラに同梱されている家庭用「12」サントラのコメントとして
水野氏の記述も収録されていますが、いつ書かれたものかは不明ですしねえ。
そして昔のサントラを見直してみたら、土屋氏って自分より2歳も年下だったのか……。

新しい企画が立ち上がって忙しいとか、例え「pop'n」シリーズからは引退されたとしても
どこか別の作品でご活躍されるとか、なんかそんな感じで
また各位様の楽曲に触れられる機会があることを心から願っております。

▲上に戻る