2006.9.3 [Sun] まだだ、まだ終わらんよ!

「ペルソナ3」が。

現在80時間越え、ゲーム内時間でやっと12月に入りました。
あと1ヶ月頑張れば終わる! けどメンドイ!!
面白くない、とは思っていないのですけれど(いやホントに。)
とにかく自分自身の「飽き」との戦いになってきました。

日常パートで上昇する主人公パラメータはすでにMAXなので
コミュニティレベル上げに集中できるようになったのは良いのですが、
攻略本を入手したので、選択肢などから展開を知ってしまい
唯一の先を知りたいというワクワク感が薄れ、また作業度がUp……。

初めのうちは律儀にエリザベスの依頼もこなしていたのですが、
レア敵・レアアイテム探索あたりに費やす時間が勿体無く感じてきたので
報酬が有意義なものとクリアが簡単なもの意外はスルーすることにしてみました。

するとどうでしょう。
ダンジョンでの目的がひたすら上に登ることのみになってしまい
これまた「飽き」が訪れるペースが上がるという逆効果……。

自分でもゲームに対する情熱というか
根性が薄れてきているのが実感できます。

あー、あと、サイトの更新作業をしながら
「ToHeart2」をオートプレイで垂れ流しているのですが
こちらも登場人物が多いせいか、何気にボリュームありますね。
全然終わらん。いえ、一応あとは双子シナリオだけなんですけど。

「萌えゲー」を冠するだけあって、女の子との日常を
のんびりまったり享受するのが基本の話なので
暗くて重い話好き(と言うと語弊があるが。)の自分には
話の盛り上がり的に、ちょっと物足りない感じがしております。

キャラはみんな可愛いのですけど、
シナリオ自体に引き込まれるってのがあまりなかったので
これといって語ることはなかったり……。

でもまあ、いい意味で、ぬるま湯ゲーって感じでしょうか。
肩肘張らずに遊べるのはいいと思います。BGMに最適。エロボイスとか。
好きなキャラは花梨、るーこ、草壁さんあたりですかね。

これが終わったら「天使のいない12月」と「鎖」をやります。
Leafさんの欝ゲーと陵辱ゲー。やっぱそっちのほうが自分に合っていると思う。

あと積んでいるエロゲーは

・ふたりでひとつの恋心
・Inclusion
・Hello,world.
・Forest
・Fate/stay night
・Fate/hollow ataraxia
・咎狗の血

ですね。サクサク行きたいぜい。

▲上に戻る

2006.9.13 [Wed] 週一更新すら出来ていない状態

には、さすがに危機感を覚えるので、
またも間に合わせ現況報告でお茶を濁してみよう。

* 「ペルソナ3」、トゥルーじゃないエンディングを見た。
12月31日で終わるほうです。これはこれで納得できてしまったので、
トゥルーエンド扱いらしい1月31日で終わるVer.を見るために
さらに一ヶ月延長プレイをしなくてはならないのが異常に億劫で放置中。

いくら単調作業に耐性があるほうだとはいえ、
これ以上連続でプレイしても印象が悪くなるだけだと思うので
自主的に進めたくなるまではそのまま置いておくことにします。

後半のタルタロスの番人(中ボスみたいなもの)戦のイヤラシさに軽く絶望しました。
強い敵だから難しいっていうのなら納得がいくけれど
どうにもAI戦闘に足を引っ張られているような気がしてなりません。
アイテム使ってくれよ……。

ここまで状態異常を厄介だと感じたRPGは久々(?)かもなあ。
とりあえず、主人公が操作不能になったらゲームオーバーを覚悟せよ、って感じだ。

「異聞録」もそれなりにキツかったような記憶がありますけど
主人公のパラメータを素早さ・運優先で鍛え上げていたので食らう機会を抑えられたし、
パーティメンバーが一人でも生き残れば戦闘自体は続行できましたから
実質的な被害はそんなになかったように思います。

まあ、どっちにしても掛かった時がオワリなんだけどね。
マリンカリーン!

* 購入して暖めまくっていたDVD「蛇イチゴ」を観た。
本編も良かったですけど、ブックレットに書かれていた
本作の原点である、監督・西川美和女史の見た夢というのが
犬を飼っている人間にはエグすぎて泣けました。

* 「もぎチン」始めました。
せっかくだから俺はこの緑のおっさんを選ぶぜ。

「FF3」はいつでも買えるし、いつでも出来るだろ、と思って
「もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド」を優先させたら
何気に「FF3」も品薄状態らしくて、ややしくじった気分。

とはいえ、流通の多いビッグタイトルは、待ってさえいれば
中古なり再販なりでいつかは確実に手に入るでしょうから
知名度の低いソフトを先に確保しておくのは賢い選択であろう。

でも「もぎチン」もジワ売れしているみたいなので
ちょっと安心というか、嬉しく思っております。
発売元は任天堂さんで、一応「ゼルダ」シリーズ関連作ということになっていますが
内容的にはあまり関係ありません。いろんな小ネタは仕込まれていますけどね。

自分は製作がラブデリック系列のバンプールさんなので購入しましたが、
操作性に難アリっつーか普通こんなキーの当て方思いつかねーよ!
ってくらい無茶な仕様でして(やればわかる。思わずタッチペンの存在を恨んだ。)
こりゃハズレを引いたかな、と一瞬萎えたのですけど、慣れてきたら
“いつもの雰囲気”みたいなものを感じ取ることが出来たので、楽しめております。

いや、ちゃんと面白いですよ。腕がダルくなるのが辛いだけで。

って、これについてはまた改めて書きます。
とりあえず公式サイトをご紹介。インタビューだけでも読んでいただきたい。

もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド・公式サイト
『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』開発スタッフインタビュー

この内容にピンと来たならぜひご購入を。
ラブデリック系ゲームをオススメするときにいつも言っていることですが
最初は攻略を見ないで遊んでくださいね。どうかお願いします。

* 今日の絵
自分用に借りた絵掲示板の保守がてらに描いた桃。意味などない。
実物ではなく、ジュースのパッケージに書かれていた絵を見本にしたので
影の付き方が不自然でキモチワルイや。

▲上に戻る

2006.9.19 [Tue] たまたま机の上に置いたチョコレートが

偶然差し込んだ直射日光でドロドロに溶かされる呪い。

世間は三連休でしたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
敬老の日ですので、おじいさんやおばあさんに何かプレゼントしてあげたりしましたか?

ボクはね! たこ焼きを焼いてあげたよ!
ばあちゃんはタコ噛めないからカニカマにしたの!
チョーおいしかった!!

うん。目いっぱい自分休日満喫でしたね。
キムチ入れるとうめえなー。

先日日記に書いた“たこ焼きようかん”の方にいただいた
「くくる」さんのたこ焼き粉を使ってみたのですが
粉自体にはあまり味がないように感じたので
添付の醤油ダレを一袋ブチ込んで焼かせていただきました。

タネの粘度に反してよく膨らむので
ベーキングパウダー的なものが入っているのかな、と思いました。
プクプクした綺麗な球状になって嬉しかったです。

あとは、そうねー。人間頑張れば何でも出来るって感じかしらねー。
「もぎチン」と「ペルソナ3」をクリアしました。半分寝ながら進めてたんだけど。
それぞれいろいろと突付きつつ述べたいのですが、この更新ペースだと流れそうだな。

DSソフトである「もぎチン」を終わらせてしまうと
布団に入ってからの1時間が手持ち無沙汰になってしまってなんだか寂しいです。

あ、DSと言えば妹が「どぶもり」……じゃなかった。
「おいもり」……でもなくて、「ぶつもり」こと
「おいでよ! どうぶつの森」を一生懸命やっています。

妹は一般人(?)と言えど、触る程度にはゲームも遊ぶのですが
こんなに明らかにハマっている状態を見るのは初めてだと思います。
攻略本も買ってきているし、仕事から帰ってきたら必ず起動させていますし。

ソフトのラインナップが微妙に整いきっていない感じのするDSですが
任天堂作品のライトユーザーへの親和性の高さは本物なんだなあと思いました。

発売が任天堂扱いでも開発は別会社、ってのに
地雷作品が多いのもDSの怖いところみたいですが……。
初期のクソゲー乱発さえも、人気ハードの証と思えばいいのかい?

しかし「ぶつもり」なー。すごく売れているソフトだというのは知っていたけれど
雑誌で見るゲーム内容的に、自分には合わないだろうとスルーしていたんだよね。
普段ゲームをやらない人が熱中しているのを見てしまうと、途端に気になってきました。
こっそり買ってきて、家庭内すれ違い通信しちゃおうかな☆(嫌すぎだろ。)

次こそ「ライドウ」に行こうか、それとも頂き物の「カオスレギオン」に行こうか。
何気に「ドラッグオンドラグーン2」が放置中なのも思い出した。やっべ。

▲上に戻る

2006.9.24 [Sun] マママジでっ!?

ダイアキュート一回がけ。
反応するタイミングが遅くなりましたが

ぷよぷよ!Puyopuyo 15th anniversary・公式サイト

DS版が12月に先行発売ってのが、今までの経緯から
バグフィクス等、出来の面でちょっと不安です。
でもまあ、念願のWi-Fiコネクション対応作になったというだけでも
DSの「ぷよぷよ」ユーザーには強い訴求力を持っているのでしょうね。

しかし先行っつっても12月かー。
遠いような近いような。早くやりたいなあ。
というか、曲が聴きたいなあ。

旧シリーズの魔導キャラが参戦というのは素直に楽しみなような、
結局そこに頼る羽目になったのかという残念なような複雑な気持ちです。
が、魔導キャラ同士の対戦では旧作BGMが流れるらしいので
自分としてはそこが欲しいポイントのひとつになっております。

「ぷよぷよ!」発売のおかげで、ぷよ熱がぶり返してきたので
PS2版の「フィーバー」の1と2を通信販売で買い直すことにしました。
中古でいいやと思っていたのですが、意外と値下がりしていないので
セガダイレクトさんのポイントを使って新品を。

プレイしたいというよりは、よりクリアな状態のBGMを聴きたい
と思っただけなんですけどね。PS版の旧作勢も買おうか迷っています。

「ぷよぷよBOX」の1作目と「通」はメガドライブ版の移植だから
ボイスが荒いってのは知っているのですけど、BGMの音質もMD仕様なのかなー。
“おぷしょん”の内容も完全移植なら未使用曲が入っているはずなので
購入意欲が上がるのですが。

「SUN」と「よ〜ん」が出た当時はコンパイルさんの商品展開の
あざとさに嫌気が差していた頃だったため、中古ですら購入しなかったので
この機会に買ってみようかと思ってみたりみなかったり。

うーん、これらも意外と値下がりしてないんだよなあ。
オークションでは新品にえらいプレミア付いてるし。
「ぷよぷよBOX」に22000円とか有り得ないぜ。

オークションと言えば、また凄いものを落札させていただく機会が得られて
大変テンションが上がっております。もう絶対手に入らないかと思っていた
「スーパープレイヤーズリプレイ」ビデオの純正品!

他、販促用資料等とのセットなので、あの値段でも
決して高くはないよなあ、なんて。ウフフ……。

見るな! そんな目で僕を見るな!

▲上に戻る

2006.9.28 [Thu] 進捗状況。

12分の7終了。
8月中に終わらせるどころか9月中でも無理でした。

PS2版「pop'n music13」が届きました。もちろん特別版。
毎回言っていますけど、ポスターいらないです。

結局「12」は自力で隠し要素オープンのコンプリートが出来ずに放置してしまっています。
時間がないのもありますけれど、やはり事前にサントラを聴きすぎたのが悪かったですね。
雑誌付録でセーブデータを入手したので、そのうち確認しようと思っています。

上記の点を踏まえ、「13」はサントラを購入しつつも
お預け状態にして待機しておりました。全部が新曲感覚で遊べるぞ!
ゲスト参加の伊藤賢治氏や下村陽子氏の楽曲が楽しみです。

しかし、雑誌記事で見たのですが……ヒューが黒いじゃないかよ!!
バッカお前…ッ、青さ以外のどこに価値を見出せと……!?
くっそぉ、誰がテメェなんかに鼻を回されたいと思うものか!

酷い言い草。冗談ですよ。念のため。
青髪でスパナを持っているので「CLANNAD」の芳野祐介を
重ねて見ていた、という判りにくいネタです。

担当曲が好きだったのと、スミレの代わりに使用していたため
結構愛着が沸いていたキャラだったのですが。
何やら意図的なイメージチェンジらしいですね。勿体無い。
(勿体無さの基準がよくわからん。)

2Pが青いことに望みを託すとします。
もっと青いキャラがいたら浮気しちゃうけどな。

▲上に戻る