2006.8.3 [Thu] 8月だョ!

誰も集合しないけど。

今月は、お手伝いさせていただいている企画(の色塗り)をお休みさせていただいて
ほったらかしになっている各種保管庫の整備に打ち込む予定です。

かなり前にも同じことを言ったのですが、
サイトの構成は先を見越して作っておかないと痛い目をみるよ、と。
何これ。ファイル名の訂正だけで何日費やさせるつもりだ。

人様の書かれたセンコロ二次創作にタイトルをつけさせてもらうという
大層偉そうなことをやらかしちゃったりなんかしちゃっていたのですが、
一年前に勢いで付けた「ふしぎ軍の☆パーと飴」で不覚にも笑ってしまいました。

酷ェ!! つーか、人様の作品に……勇気あるな! 何考えてんだ。
個人的に「無理無理無理リリ」は語呂良く出来たつもりなので気に入っています。
ネタ師の方の発想とスピード感が凄かったので、それにうまく乗っかれたかなー?とか。

複数のジャンルで似たようなことをやらせていただいているので
ネーミングのネタも尽きてきました。悪乗りしすぎもマズイだろうしなあ。
インスピレーションの神様、光臨待ちです……。

そしてゲームは「Rev.X」のチャンポのストーリーをクリアして放置。
「かまいたちの夜×3」は終エンドを3つ見て放置。
「To Heart2 XRATED」はインストールして放置。

放置プレイ厳禁ってつい最近の日記に書いたばっかなのに。
一応「イヅナ」はレベル1ダンジョン以外はクリアしたので
もう終えてもいいでしょうか。いいですよね。

▲上に戻る

2006.8.7 [Mon] お盆だョ!

霊魂集合!!

反復はギャグの基本基本基本。
というわけで「かまいたちの夜×3」をクリアして売ってきました。
何が“というわけ”なのかはなんとなくわかってもらえると嬉しい。

5000円で購入して3600円で売れましたから、実質1400円で遊べたことになります。
うん、まあ、その値段だったならお買い得と言ってもいいかもしれん。

「×3」には3作目である新作シナリオ(本編)の他に
1作目と2作目それぞれのメインシナリオが収録されていますので
定価買いでも、シリーズ作品初プレイの方なら元は取れるかと思います。

既存のシリーズ作品経験者が定価買い、という場合は
損した気分になっても誰も責めたりしないから、思う存分絶望に浸るがいいよ。
1作目に思い入れの深い人ほどガッカリ度が高いだろうな。

僕は「1」(SFC版)も「2」もリアルタイムで発売時にプレイしてきているのですが、
いろいろと忘れているだろうと思い、上記の収録分にも手をつけた結果
むしろPS版を今から買ってきてやり直そうかと思うくらいに
1作目の完成度が突出していたことがよくわかりました。

「2」は内容がどうのという前に文章が酷いですな。
読むのが苦痛で途中でやめてしまいました。
文字の拡大演出等も含めて読みづらいっつーか、
テンポが悪いっつーか、お寒いっつーか……。

当時はそこまで気にならなかったのになあ。
エロゲーで文章を読むゲームの場数を踏んだからでしょうか。

「3」は文体は「1」に近くなったのに
(同じ方が書いてるのだから当然なのですけれど。)
文字演出が残っていてゲンナリしました。

内容についてはネタバレになるのでここでは触れないでおきますが、
1作目の推理モノ路線と2作目のオカルトホラー路線を融合させて
うまくまとめようとした努力は伝わってくるものの、
混ぜるポイントを間違えて全てが台無しになってしまったように思います。

「逆転裁判」も探偵・推理要素とオカルト要素が一緒になったゲームですが
あれはコメディを多分に含むから許されているのであって……。
誰も「かまいたち」にトンデモトリック(?)は求めていないだろうに。

システム的にはいわゆるザッピング形式を取り入れているのですが
登場人物全員が館に閉じ込められ、殆どの場面で一緒に行動している都合、
視点(主人公)が変わっても置かれている状況は変わらず
解決のための推理に至る道筋も基本的には同じです。

結果、全く同じ場面の全く同じ文章を何度も何度も読まされることになり
飽きましたし、ザッピングである意味がなかったように思いました。

せめて主人公それぞれの視点で考え方が全く違っていれば
「このときコイツはこんなことを考えていたのか!」といった
楽しみ方も出てきたのでしょうけれど、そうも行かず。
舞台が脱出不可能な殺人事件現場という状況が状況なだけに、
単独でオモシロ行動に出るわけにもいかないですしねえ。

それでも終盤では今まで見えていなかった部分が見えるようになるため
やっとザッピングの意味が出てきたか、と思わせておいて
その要素がオープンになることで物語の説得力が一気に失せるという罠が……。
謎解きのタネも、実は偶然に頼る部分が大きいんですよね……。

今作は推理ノベルアドベンチャーというよりは、
フラグ管理ゲームと言ったほうが正しいような気がします。
複数の主人公キャラクターそれぞれの行動を、プレイヤーがコントロールすることで
余計なことをしない・言わないようにしてハッピーエンドに導く。

エンディングに関与しないものも含め、選択肢は非常に多岐にわたり、
この膨大なフラグがしっかりと管理されていることについては素直に凄いと思いました。

特にバッドエンド探しのとき、
遊んでいる自分も面倒くさかったのですが
作る方はもっと大変だったであろうことを想像すると
あまり無碍なことも言えないなあ、みたいな。

ただ上記の、みんな同じ状況に置かれていることが強烈な縛りとなっているため
登録されるバッドエンドは視点が違うだけで同じ場面のものが多く、
「新たなエンドを探し出す」という遊びの部分が薄くなっているのも残念なところです。

正直、水増し感と作業させられている感が強かったです。
いっそひとつ埋まれば連鎖して三つ埋まっても良かったよ。
(プレイすれば言っている意味が判っていただけるかと思います。)

「1」や「2」にはあった、サブシナリオがないのもガッカリしました。
一応ピンクのしおりはあるのですけど、表現規制のおかげで
非常につまらないものになってしまっていたのが萎えました。

こんな中途半端なことになるならば、最初からレートを18歳以上にして
残酷表現も含めて冒険してしまえば良かったのに。
ついでにPSPの「2」もグロ要素が大幅カットされているそうですね。
「2」が「2」たる所以が丸で無しですね。

いや、グロ取ったら何残るの、「2」。

と、一通り文句を言いましたが、
遊んでいる間はそれなりに楽しかったし、やって損したとも思っていません。
みんなが生き残れるハッピーエンドが用意されているので、
なんとなく救われた気持ちで終了できたのが良かったかな?

ちなみに「1」と「2」部分も含め、総プレイ時間は15時間程度でした。

うーんと、次は「ライドウ」を終わらせるかなあ。
攻略本を読んだら満足してしまって、ちょっと失敗したかもしれない。

▲上に戻る

2006.8.8 [Tue] 勘弁してよ。

ウワァー。XBOX360、暑くて熱くて遊べねえー!

何だこれ。一人我慢大会ですか?
真冬はさすがに無理だけど、秋口だったら
ちょっとした暖房代わりになるかもしれない。
……それは言いすぎ?

本日の作業進捗状況。
センコロページ用に検索CGIを仮設置。

設置しただけで内容は登録していません。
その登録作業量に軽く憂鬱にさせられるのですが。
果たして8月中に終るのか。いや、終らせろ。

CGIに触れるのがすごく久しぶりになってしまったため、
各種設定の仕方を忘れていて焦りました。
付け焼刃の知識はどんどん抜けていっていけません。

それにつけてもKENT氏のソースは美しくて判りやすいなあ。
ちょこっと改造したいと思ったときに、どこに何が書いてあるのかを
すぐに見つけられる構造になっているのがステキです。
設置した直後に稼動チェックを行えるのも親切ですし。

設置解説も懇切丁寧。さすがはプロの仕事っぷり。憧れます。
自分もいつかこんな風に作れるようになれたらいいなー。

おっと、ネタも何もない日記になってしまった。
通信販売絡みでなかなか濃い一日を過ごしたのに。
また明日。(書けたら。)

▲上に戻る

2006.8.14 [Mon] 暑い日が続きますね。

でももうお盆も終わるし、北海道はすぐに秋かなあ。

進捗状況。12分の2(実質1.5)終了。
誰にも頼まれてないのに何やってんだろう。
まだまだ先は長い。

さて、先日書こうと思っていた通信販売の話はさて置いて。
さらに「ライドウ」を始めるとか言ってたクセに、「ペルソナ3」を開封しました。

既に積みゲーの「ライドウ」はこのまま放っておいても
積みゲーであることに変わりはありませんが、
「ペルソナ3」は発売1ヶ月後ですので、ギリギリ現役組を
名乗れる範囲に居られるのではないかと思いまして。

で、10時間ほどプレイしたのですが。
んん……こ、これは……!
飽きてきたッ!!

やべえ。DS版「聖剣伝説」を思い出させる単調作業の繰り返しだ。
開始3時間くらいまでは、手堅い良作なんじゃない?という印象だったのですけど、
やるべきことの効率化パターンを構築してしまったときから
急速につまらなくなってしまいました。

主人公のパラメータが戦闘に全く関係ないっぽいことに気づいたのが
ダレた直接の原因なのですけど。
ペルソナパラメータが戦闘用、主人公パラメータは日常用なのですね……。

ならばその主人公パラメータが日常ギャルゲーパートで重要なのかといえば
コミュニティ発生イベントの起きるタイミングに関係しているだけの様子。
「ギャルゲー」と言うには行動可能な時間が足りないし、出来ることも少ないしなあ。
細かなイベントは挟まれるものの同じような日々の繰り返しで、作業感抜群です。
毎日のカレンダー演出効果がスキップできないのもダルいわぁ。

あと、ローグ系システムでもないのにダンジョンが自動生成なのはどうしたの。
ダンジョンパーツ3つくらいしかないですよ。さては構造を考えるのが面倒でしたか。

3Dダンジョン俯瞰型(2と似ている。)に、シンボルエンカウントを取り入れ
カメラ視点をぐるぐるさせることでプレイヤーを惑わせる仕組みになっているのは
多分意図してのものではないのだろうけど、ちょっとした悪意すら感じる。酔うよ!

戦闘システムは工夫次第でラクして殲滅可能、演出も程よく派手で楽しいのですが、
コマンド操作可能なのが主人公のみで、仲間キャラはAIというのがどうにも馴染めません。
その上肝心の仲間AIは、考えているようでアホチンなので気が抜けません。

しかもそのAI戦闘のおかげで、主人公戦闘不能で即ゲームオーバーという作りになっています。
久しぶりにボス戦3連敗という屈辱を味わいました。もちろん主人公死亡で。
別に敵がスゲー強かったってわけでもないのですけど、タイミングが悪かったといいますか……。

主人公しかペルソナ付け替え出来ないのにもビックリしたよ!
ペルソナ合体は「ライドウ」の合体システムを引き継いだのでしょうか?
ランダム継承うっとおしい。別に今までの(むしろ1の)でよかった気がするのですけど。
まあ、この辺は各要素や組み合わせの把握が出来て、慣れてくれば楽しくなるのかな。

ついでに言うと、「ペルソナ3」も昨今のゲームに違わず
ユーザーインターフェースがあまりよろしくないです。
仲間のステータスを見るだけなのに、こんなに手間をかけさせる必要性はどこにあるの?
これはプレイしてまず最初に戸惑う部分だと思います。

つーか、移動時にめちゃめちゃボタン余ってるよなあ……。
そこに閲覧・確認系のコマンドを割り当てればいいのに。

とまあ、ファーストインプレッションはこんな感じです。文句ばっかりですね。
クリアする頃には不満点にも慣れていると思うので、
改めて感想を書けたらいいなと思っております。

一応フォローすると、別にクソってわけではないのでしょうけど
各要素のさじ加減を間違えている、って感じですかね。
RPGと恋愛シミュレーションタイプのギャルゲーの
面倒くさいところを合わせちゃったっていうかなー。

上記のとおり作業をさせられている気分になりがちなので、一気にプレイするのではなく、
ゲーム内時間の1週間をひとつの単位として、チマチマ続けていけば
長く遊べる分、キャラや世界に愛着が持てそうな予感。
リアル時間と日付を連動させれば、なお一体感が味わえる……かな?
そんなに長く付き合うつもりは、自分にはありませんけど。

でも多分、このソフト、手放さないと思います。
何故って、青いんですよ。何もかもが。

パッケージが青い! ディスクレーベルが青い!
ムービーが青い! メニューが青い! 主人公の頭が青い!
そして今作のベルベットルームの青さは異常!!

うひょー。まさに俺のためのゲームじゃないのぉ?
やっててあまり面白くないのですけど、嬉しがっている自分も確かに居て、
まさにペルソナ(内なる別人格)が踊り出ちゃっている状態。それが少し悔しいです。

ムービーと音楽は「はいはい、オサレオサレ」という煽りがピッタリくる感じですが
個人的にはとても気に入っています。特にOPムービーなんて立ち上げるたびに見ているし。
ゲーム紹介を含めたデモのほうは、これだけ見るととても面白そうだよ?

ゲームじゃなくて、そのままの作画クオリティでアニメ作品にすれば良かったのに。
面倒もなこと何もなしに、みんな幸せになれたのではなかろうか。

▲上に戻る

2006.8.21 [Mon] まだまだ毎日暑くて

たこ焼きが焼けやしない。焼きてえー。でもアヂィー。
ゲイツさんの胸の窪みで大きなたこ焼きは焼けますか。
誕生日おめでたかった。忘れていてすみません。

以前、セブンイレブンのたこ焼き(冷凍じゃなくて、惣菜風になっているほう)は、
出来合いのモノにしては加熱後も程よくフンワリしていて
まあまあだなーと思って食べていたのですが。

今日、久しぶりに買ってみたら、食えたもんじゃなかったです。
こんなのたこ焼きとチガウ! やはり焼きたてに敵うものなしですね。

7個しか入っていないのに箸が進まず、完食するのに15分くらいかかりました。
なんとか飲み込むためによく噛んでしまい、満腹中枢が働きまくり、
擬似的に腹いっぱいになりました。たこ焼きダイエット誕生の瞬間ですか?
自分で40個焼いたときに、全部一人で食っても平気だったんだけどな。

さて、暑くて作業がはかどらず、かといって何もせずにゴロゴロするのも効率が悪いと思い、
この週末は「ペルソナ3」を黙々と進めてみたのですが
現在50時間ほど経過したものの、未だ終わりが見えてきません。

一応、始めに提示されるボスキャラ12体のうち、残すは4体だ!
みたいなところまでは来ているのですが、考えるまでもなく
それで終わるわけがないのがバレバレなので警戒しています。
後ろにもっとデカくてスゴいの居るんでしょ? 脅威が全然隠れてねーし。

いい加減この単調作業の終了の目処が付かないと
クリアする前に心が折れてしまいそうだったので、邪道だと思いつつ
他人様の平均プレイ時間をネットで漁って、見てしまいました。

クリアまでに60時間かかるようなら攻略本手に入れてからやるよー。
みたいなことを友人・知人様に吹聴していたのに、そんなもんじゃなかった。

普通に遊ぶと100時間前後かかるらしいですよ。

マジかよ……。まだ半分じゃん。
ゲーム内日付で物語は4月から始まり、1月に終わるらしいですが
現在の僕のプレイデータでは8月中旬……
うむ! 確かに半分でござるな! ふざけるな!!

ちなみに60時間クリアは据え置き機RPGの
ノーマルプレイにおける適正時間だと思っています。
やりこみ要素で80〜100時間遊べるなら尚よし、といった感じで。

SLGだとそれより少し短めの45〜50時間かな。
携帯機は24時間程度遊べれば、ボリュームあるな、と思えますね。

個人的には40時間で一区切りできるのが理想なのですけど。
一日2時間やって20日で終わる。社会人でもそれくらいなら
何とか2周目をやる気になれそうじゃないでですか?

操作には慣れてきましたし、キャラクターにも愛着が出てきたし
何より音楽が好みなので、前回の日記時点のプレイ感覚よりは
相対的に楽しく感じられるようになってはいるのですが。
やってることは明らかに作業だもんなあ。そしておそらく最後まで作業なんだろうなあ。

ゲーム、特にRPG系は本質的に作業するのが目的みたいなところがありますけれど
“作業させられている”ことを勘付かせないように作るのがプロのお仕事なはずなのに。

うーん、何だろう、カレンダーシステムがいけないんだろうか。
日々スケジュールの消化に追われてる感じがしますし。
かといってカレンダーがなかったら、ストーリー的にも
それこそ作業的にも不親切すぎるよな。どうしよう。

学園や日常パートで出来ることが細かく沢山あって、
プレイヤーに取捨選択の余地があればよかったのでしょうか。

そもそも、学園ジュヴナイルのくせして、
登校シーン→黒地に白文字で、午前→昼休み→午後→放課後の自動時間送りで一日終了
ってそりゃないよ! 学園生活満喫できてないよ!

そんな日常パートですが、容量の都合か時間の都合か、
構想段階ではあったのに製作段階で削られたものの名残がある気がします。
本来はもっと自由度が高くて、街や人との繋がりを楽しめる仕掛けが
用意されていたのかもしれませんね……。
「ライドウ」にあった店の常連度システムも本当は組み込まれる予定だったのでは?

とりあえず、半分は終わらせてある。と考えれば少し気が楽になりましたし、
その作業っぽさから一度に長くは遊んでいられないのですが、
一旦手を止めるとまた少し進めてみたくなる、という
ヘンな中毒性は確かにあるようですので、地道に進めていく次第です。

苦痛気味な長丁場のゲームをクリアした経験は
今後他の作品を遊ぶときにある種の耐性や自信となりますし、
ゲームオタクとしてのハクも付きそうなので頑張るであります。

アイギス口調であります。
アイギスは可愛いですね。使いにくいですが。愛でカバー。

事実、過去のペルソナシリーズをクリアしていたおかげで、
3はむしろ楽なほうだと思えないこともないのですよね。
つーか、1の頃はアレでも普通だと思っていたしなあ。それが若さか。

なるほどなー。

▲上に戻る

2006.8.30 [Wed] 毎年恒例。

夏の終わりには「LOBBY」を聴きながら泣くに限る。

先の日記でも少し呟いておりますが
北海道はお盆を過ぎると秋到来、とよく言ったもので
まるで計ったかのように気温が下がりました。

この瞬間を待っていた! 焼きまくる!

たこ焼きを。

いつも大変お世話になっている関西在住の“あ”の方が
たこ焼きにハマっている当方の惨状を見かねて
なんと「たこ焼きようかん」を送ってくださいました。

イ、イヤッホーウ!! これさえあれば暑い日も安心のたこ焼きライフですね!?
というわけで、早速いただいたのですが。

お、おお……。匂いはソース。でも味は割と普通の羊羹です。
ただ、後味が紛れもなく、しかも不必要にたこ焼き風味になるのが不思議。
別にびっくりするほどはマズくはないのですけど、一気食いは無理かなあ。
塩羊羹が好きな方なら変り種として普通にイケるかも?

個人的には羊羹の形状をしたたこ焼きペースト、くらい
逝っちゃってても良かったのですが。それをおかずに飯を食うぜ。

尚、氏の名誉のために申し上げますが、
ちゃんとたこ焼き粉も送ってくださいました。
ありがとうございました! おっぱいプリンありがとうございました!!

日曜日あたりに焼こうかな、と思ったら
今週は会社の行事で出勤だった。来週末までお預けです。

▲上に戻る