2006.6.6 [Tue] いろいろなことがありました。

しかし文章にしている余裕がない。

■ 「エーテルの砂時計」クリア。
■ 「つよきす」インストールするもプレイできず。
■ PS2版「ゼノサーガ」Ep1・Ep2、ムービーのみで内容を把握。
■ GBA版「マーメイドメロディーぴちぴちピッチ・ぴちぴちっとライブスタート」をお借りした。

感想とかはまた改めたいです……。

▲上に戻る

2006.6.11 [Sun] 最低でも週に一度は日記を埋めておきたい。

何故なら、当サイトは生存報告も兼ねているからだ。

えー、何か、書くことはいっぱいあるような気がするのですが
どうもタイミングを逃してしまって今更取り上げるのもどうかなあ?
みたいな感じがするので、またどうでもいいことで
お茶を濁しておこうと思います。

本日の売却結果。

PS テイルズオブデスティニー  200
PS2 虫姫さま(初回限定版)  1000
PS2 ワンダと巨像 800
PS2 サクラ大戦5〜さらば愛しき人よ〜  500
PS2 双恋  500
PS2 Kanon  500
PS2 フタコイオルタナティブ(初回限定版)  500
PS2 THE裁判  300
PS2 第2次スーパーロボット大戦α  300
PS2 幻想水滸伝IV(初回限定版)  300
PS2 テイルズオブデスティニー2  300
PS2 ファントム・ブレイブ(初回限定版)  300
DS 英語が苦手な大人のDSトレー二ング  2300
DS 大合奏!バンドブラザーズ  1500
DS アナザーコード〜2つの記憶〜  1500
DS 聖剣伝説DS〜チルドレンオブマナ〜  1000
DS コンタクト  1000
DS きみのためなら死ねる  800
DS 直感ヒトフデ  500
合計  14100円

PS2タイトルの値崩れ(?)が酷いな。
そして「虫姫さま」に負ける「幻想水滸伝IV」。
初回限定版とついている作品は、どれも開封せずに売り払うことになりました。
やっぱり、できないなら最初から買わなきゃ良かったのに。

DSは今が旬なので、安いっつーても割とそれなりですね。
「聖剣DS」が1000円で買い取ってもらえたのが意外でした。
そういや「えいご漬け」の話も日記に書こうと思っていたのですけど
手放しちゃったからもういいか。

妹も持ってるんだよね、このソフト……。
流石DS、ライトユーザー取り込みまくり。

ここしばらく春原の話ばかりしていたような印象がありますが、
結局のところ落ち着くのは「サイキックフォース」のようです。

今回の物品整理で、「CLANNAD」の副産物(コミックアンソロジーとか。)を
売ろうかどうしようかは迷ったのですけど、あんなことがあっても
「サイキックフォースCOMPLETE」を手放そうとしない俺のいじらしさに怒りを覚えた。
売れよ!! 6本も持ってんだから!

冷静になって考えると、限定版の4種類を残して2本を手放せばよいのですが
無意味に店に買い叩かれるくらいなら、当サイトで企画でも催して、
その景品にしたほうが救いがあるんじゃないか、なんて思う次第です。

もらって嬉しい景品かどうかが微妙ってのがアレなんですが。

限りある時間とお金。気の向かないゲームをプレイするよりは
魂の赴くまま「サイキックフォース」に費やしたほうが
自分にとって有益だし幸せでしょう。

またオークションにセル画出ている。どうしよっかなー。

▲上に戻る

2006.6.20 [Tue] レイクライシスかよ!

くそー、こりゃまた探すの難儀しそうだなあ。
しかしタイトーダンスってあんなメロディーだったのか。
もっと明るいのを想像していたから、現実とのギャップに戸惑いました。
何だかクセになって連続で13回も見ちゃったけどねっ。えへへ。

わかる方にはわかる話題で始めてみました。
オークションでビデオを漁る僕を見かけてもそっとしておいてあげてください。

そしてオークション繋がりで、

ねんがんの せつなマグカップを てにいれたぞ!

ん。念願はちょっと言い過ぎた。でも探していたのは本当だ。
落札した直後、友人にその旨メールしたら
「それだと何を飲んでも刹那味だね、最悪」的ジョークをかまされ
地味に凹みました。連想ゲームなんて嫌いだ。(悪いの自分じゃねーか。)

ところで、この2012キャラマグカップはクレーンゲームの景品でしたっけか。
それともイベント販売グッズでしたっけか。全キャラあるのかな。

以前オークションで落としたエミリオのは手元にあったはず。
ウォン氏のも持っていたと思う。レジやんのも持っていたような気がする。

若い通常選択可能キャラはまず確実として、ウォン氏のがあるってことは
隠しキャラであるバーンとキースのもありそうですが、Gトリオのはどうだったんでしょうか。
製作されても購入した人がいなくて、この世に現存していなさそうなんですけども。

いろいろあって素晴らしくなあなあになっておりますが
サイキックフォース関連グッズを出来る限り収集して、資料としてまとめる
ってのが当サイトの一番の目的なのですけど
イベント販売グッズに関しては実物がないどころか、
メーカーに資料すら残っていなさそうで、かなり不安です。

当時の現場を知らない田舎者にどう頑張れと。妄想か? それとも捏造すればいいのか?
購入された方、購入しないまでも売っている品物を見たことがある方、
どうかお知恵をお貸しくださいませ。不用品は買い取りいたしますぜ。

カルロマグカップにポーションをなみなみ注いで
振り返りなから一気飲みするのが僕の夢だよさようなら!

▲上に戻る

2006.6.26 [Mon] 「つよきす」フルコンプ、「MOTHER3」クリア。

双方ともクリアにかかった時間はゲーム内時計の表記で23時間程度なのですが、
平日に1〜2時間、休日に3時間程度という自分にしてはのんびりペースで進めたため
実際のプレイ時間よりもボリューム感がありました。

えーと、まず「つよきす」(エロゲー)。

いわゆるツンデレ属性を持っていないので楽しめるのかどうなのか
不安に思いつつのプレイだったのですが、
普通の学園コメディ風味で、割とすんなり遊べました。

噂では日常シーンがとにかく笑える!みたいなことを聞いていたのですが、
既存作品のパロディと2ちゃんねるネタに頼りっきりな感じで、
個人的にはあまり好みの演出ではありませんでした。
2ちゃんねる用語覚えたての方、もしくは2ちゃん廃人を自称される方ならば
終始ニヤニヤしっぱなしになるのも頷けるかなー、みたいな。(嫌味か?)

とはいえ、日常シーンもエロシーンもテキストのテンポが良く、
キャラの掛け合いに勢いがあって中だるみみたいなものは感じませんでしたし
「強気な女の子」というテーマが一貫していても
個性が被ることなく成立しているのは流石だなあ、と思いました。

あちこちで見かけた「全員ツンデレキャラ」というのは
評価が一人歩きした結果のキャッチーコピーなのでしょうかね。
パッケージ裏にも「ツンデレにこだわる」とは書いてあるけれど
全員がツンデレだとまでは書いてないですし。

ツンデレというカテゴリーに入れても違和感がないのは
椰子なごみくらいじゃないでしょうか。
PS2版で追加になった子が正統派ツンデレキャラなのかな?

「かっ、勘違いしないでよね!
 別にアンタとずっと一緒に居たいとか
 そんなんじゃないんだから!」

みたいな。

PC版はエロイベントを“テンションに任せる”という名目で
自然にストーリーに取り込んでいるのが上手いと思ったのですが、
PS2版ではどうやって調整しているのでしょう。
エロメインのシナリオは丸ごと削除というのはともかく、
流れでエロイ雰囲気になるところとか、無いと不自然になってしまうような。

内容についてですが、主人公とヒロインが仲良くなる過程を
奇をてらうことなく描いていて、ラストも清々しいハッピーエンド。
いまどき珍しいような気もする真っ直ぐな青春謳歌ストーリー。

おかげで読後感は良好ですし、この賑やかな雰囲気が気に入った人ならば
繰り返しプレイしてキャラクター達のやり取りを何度も反芻したくなることでしょう。

と、客観的には人気があるのも理解できるし、面白そうだとも思ったのですけど、
望んで日陰で生きてきた自分にとっては、主人公含むキャラクター達の
言動に納得のいかないこともしばしばありました。

いくつも具体例を挙げるほど明確には覚えていないのですが
なごみんの作った手料理を無下にぶん投げるカニとか。
フカヒレの大事にしていたペットのザリガニを腹が減ったから食ったというカニとか。
って、思いつくのカニ(蟹沢きぬ)ネタばっかじゃん。

カニはなあ〜。主人公に対して傍若無人なのはコソバユイからいいんだけど
矛先が主人公以外に向くと若干洒落になってないのがなあ〜。
親友である主人公とスバルが行き過ぎた行動に釘を刺したり
フォローに回ってくれるので、そんな行動も親愛の証という
演出だというのは理解できるのですけど。

祈先生の「いじめはありません」ネタも、一連の騒ぎも含めて
あまり気持ちのいいものではなかったです。
もちろんギャグだというのは判っていますし
そんなに重く捉えているわけでもないのですが

某絵板のコメントにあった
『いじめっ子の思い出はいつも綺麗という調子乗った話ですね』
ってヤツを思い出してみたり。
自覚がないのが一番危険、ってのは在り来たりですが僕の持論ですので。

エリー(霧夜エリカ)にも何回かイラっとしたんだけど何だっけな。
ボトルシップと別れる別れないのあたりか?

これが「CLANNAD」の岡崎に共感できない、とか
春原関連のギャグがイライラして受け付けない、という類の
受け容れ難さってやつなんだろうなあ。

結構誤解されていると思うのですけど、春原ネタを笑う春原ファンは
春原が酷い目にあっているのが面白いんじゃなくて
どんなとんでもない目にあってもどっこい生きてる春原!ってのに
安心感を見出しているんだと思うんですよね。つーか僕がそうなんですが。

辞書をぶつけられたり、ダストシュートに落とされたり、
目潰しされたり、顔がへこむほど蹴られたりとか、
普通に考えれば酷い仕打ちですけど、次のシーンで確実に
復活しているのが判っているから笑いに転化出来るのですよ。

しかもそれを笑うためには、細かいトンデモネタを積み重ねることで、
プレイヤーの意識に「コイツなら何をされても大丈夫」という下地が出来ていることが前提。
何回も申しておりますが、彼の場合は哀れまれたり
現実的に救いのないオチを想像した時点で本当に殺されてしまうのです。
ですから、基本深く考えるなってのが春原を愛でるポイントだと思っております。

えーと、また春原の話で終わるのも頭が悪すぎるので軌道修正。

「つよきす」内での過激ネタを受け流せなかったのは
基本的にはみんな普通の人だ(変人・超人的ではない)ってところに
中途半端な生々しさや薄ら寒さを感じてしまったのだと思います。

その割にスポーツだと理不尽なまでに主人公チームが成績優秀なのが
ご都合主義だなあ、とかね。ドッジボールのアレはねーだろよ……。

乙女さんのビームのことではない。念のため。
ビームはギャグなの。それはいいの。
それをなんとか出来ちゃう友情パワーに説得力がねえんだよ。

立ち絵のあるキャラが限られている都合だと
ぶっちゃけてしまえばそれまでだけどね!

キャラの好みについては
鉄(くろがね)乙女、佐藤良美、椰子なごみが同点で
時点が伊達昴って感じでしょうか。

乙女さんは体育会系真面目キャラなので
他のキャラの暴走を実力で止められる唯一の人であり、頼りになったのと、
エロとのギャップおよびエロへの葛藤と、弱点である雷を怖がる様子が可愛かったです。

でも出来れば同居期間でエロエロになってしまうよりは
溜めて溜めて、ラストでどーん!とやりたかった気もしないでもない。
それだとエロ少なすぎ!って苦情が来ると思うけど
物語的にあそこでオチるのはちょっと安直だったかな?なんて。

よっぴーは、まあ、やればよくわかるでしょう。
俺が好きそうなキャラです。

なごみんはツン状態のときは一番好きなキャラだったのですが
デレ状態で一気に興醒めしたのが自分としても残念。判ってはいたけど変わりすぎだ!
もうちょっとクールさを残したまんまでも良かったのに。
いや、それじゃツンデレじゃなくなっちゃうんだろうけど。
ツンデレキャラに入れ込めないのがこの辺りなんだよなー。

でもストーリーは彼女のが一番好きです。みんな将来に向けて頑張っているし。
一番最後にプレイしたので自分的に大団円ENDでした。

スバルは普通に男気溢るるいい奴ですね。
露骨にホモネタを煽ってくるのが癪に障りましたが
作中でスバル本人の思い人も明らかになるので、まあ、問題はないかと。

エリーはお嬢様ぶりがいい感じなようなちょっとアレなような。
ヒロインとして選んだ際に、最後まで強気のまま変わらないのはイイんですけど
変わらなさがおかしい方向に進んでいたのでちょっとモヤモヤしました。
むしろこの娘こそ屈服させて泣かしてやりたい。性的な意味で。

流行に乗ってみた。

カニも別に嫌いじゃありません。上に書いた無茶苦茶ぶりも持ち味です。
馬鹿だけど根はいい子なんだろう。まだまだ子供なんだよ。多分。
他のヒロインルートでのヤキモチ状態は普通に可愛いかったですしね。
あとはボクっ子じゃなければ、もっと好きになれていたはずだ……。

結論:僕自身がツンデレだから、ツンデレキャラとは相性が悪い!

……お前のデレ期はいつ来るんだ、って話ですが。
あ、あたしは兄さんのお嫁さんになるんだから、いいんだよっ。(レジやん風)

▲上に戻る

2006.6.28 [Wed] 「ゲームセンターCX」DVDボックス大人買い。

超・手に汗握る。見ながら色塗り。タブレットもヌメるぜい。

うーん、昔のゲームはおもしれーな! つーか、難しいな!
そしてどこまで計算づくなのか判らんけど、神懸かったバランスだ。
「スーパーマリオブラザーズ2」はともかく、
「アトランチスの謎」や「魔界村」の自力クリアは無理でした。
このDVDで積年の思いを果たせた気分です。ありがとう有野課長代理。

ちなみに「いっき」もクリアしてないよ。

昔の攻略本や雑誌の画面写真は継ぎ接ぎで哀愁が漂っていました。
モノによっては写真じゃなくて、イラストのときとかもありましたし。
当時はそういうものだと思っていましたが、
アレ、いい画が取れない時の苦肉の策だったのでしょうね。
今は撮影機器が発達したから、その点においては随分楽になったのだろうなあ。

昔はゲームも「一人の遊び」ではなかったのに。
ファミコンのある友達の家にこぞって、あーだこーだ言いながら遊んだじゃないですか。
難しいからこそ、みんなで越えたときの喜びもより大きかっただろうし。

子供にゲーム機を買い与えるなら、ファミコンから順を追うべきかもね。忍耐力付くよ。
むしろ今の自分がやるべきか。「コンボイの謎」とか。弾見づれえー!
これ、小学校の特殊学級にあったファミコンに何故か刺さってたソフトなんだよねー。
意味深…………か?

■ Amazon・ゲームセンターCX DVD-BOX
今さら攻略 スーパーマリオブラザーズ 2
アトランチス人 様(アトランチスの謎・攻略)
魔界村入門
Site K4 様(トランスフォーマー〜コンボイの謎・攻略)

ネット検索って超便利。いやー、皆様お疲れ様です……。

▲上に戻る