2004.2.1 [Sun] あ〜。

「逆転裁判3」を終わらせてしまったので
ちょっと手持ち無沙汰です。

気の早い話ですが、「4」は出るのでしょうか……。
1〜3でお話がひと段落ついたっぽいので、
次を作るのはかなり大変そうですが。
「3でここまでやっていいの!? 次はどうするの!?」と
余計な心配をしてしまうほど、
いろんな事が放出されまくりでしたし。

ネタバレになるので具体的に何が、とは言えないのですけど。
プレイされた方なら、判っちゃいますよね?

確かに、雑誌で読んだ、「2」の時の製作者インタビューには
「毎回出し惜しみしないで作っています」という
コメントが寄せられていたのですが……。
コイツは本物だ……。

このシリーズの人気も不動のものとなったようなので
今後は今まで以上に続編を望む声が大きくなることでしょうが、
周りに流されずにじっくりと良いものを
作り続けて下さるといいなー、と切に願っております。

乱発されるよりは、焦らして焦らして、
ドーン!と発表して欲しいです。(意味不明)


さて、次は「空の浮動産」ですよ。
バッドエンドから抜け出せない……。
何か選択し忘れているんだろうなぁ。

▲上に戻る

2004.2.2 [Mon] Myエロ本。

オークションで落札した同人誌に問題発生・再び。

以下、若干シモの話を書かせていただきますので
興味のある方だけご覧下さい。

>ここから。

オークションで購入したとあるショタエロ同人誌、
(PSY.Fの漫画を4ページを含む。)
なんと、印刷の上からボールペン(丸ペン?)で
スネ毛と陰毛と台詞が書き加えてありました。

いわば世界に1冊しかない、自分だけの、
自分好みのエロ同人誌に育ててあるわけです。

その情熱たるや凄いもので、小さなコマにも手抜き無し。
(描き忘れはある。)
同人誌の発行者さんのペンタッチや書き文字に似せてあり、
(元々似ているのかもしれないけど。)パッと見では
「そーゆー仕様」なのかと思えてしまうほど。
しかも、写実的で、妙に上手いんですよ……。

なんだろう。
ショタキャラが好きなのか? 嫌いなのか?

それとも
子供に毛がボーボーというシチュエーションに萌え、なのか?

ショタエロ好きの方は登場人物が「少年」であることが
楽しいのでしょうから、「つるつる」である、というのも
楽しみどころであろうと思うのです。
(何を言っているのか俺は。)
子供に毛、というアンバランスさがグロテスクを煽り
ある種のエロさを醸し出す、ということでしょうか。
エロの好みは人それぞれですが……レアな趣向ですな。

無ければ自分で作る、の精神は立派ですが、
それを他人に売っちゃあ駄目だろー!!

>ここまで。

オークションに出した方ご自身は古本屋で購入されたとのこと。
しかし、買ったからには1度くらいは目を通されたはず。
とくに説明書きに注釈がなかったということは
読んだ時に「そういう本」だと思わされてしまった…のかな?
(尚、出品者さんは大変紳士的な方でした。念のため。
返品にも応じていただけるとのことです。交渉中。)


それなりにエロ同人慣れしているつもりではおりますが、
一種独特ですよね、ショタというジャンルは。
分かり合える日は永遠に来ない気がする。(暴言)

▲上に戻る

2004.2.3 [Tue] 嬉しいの、犬だけ。

本日は節分です!
どうですかッ! 皆様! 豆、撒いてますかッ!!
(テンション高。)

我が家にはhttp://psychic.incoming.jp/gallery/inu.html>室内犬が居るため、豆を撒くと食われてしまいます。
なので、ドッグフードが撒かれました。(本当)

まぁ、僕は豆大好きっ子というわけでもありませんから
豆が拾えなくても別に構わないのですが、
情緒に欠けること甚だしいですね。
それでいいのか、我が家の節分。そこにある落花生は飾りなのか。


北海道ローカル番組にて
『ご家庭に"なまはげ"が出現!』
という節分に ちなんだ企画が組まれていたので
何気なく見ていましたら、

「勉強してるか〜?
 ファミコンばっかりやってるんじゃないのか〜?」
(「わるいこは いねが〜」(だっけ?)などの脅し文句の
バリエーションと思われる。)

という問いかけにキョトンとしている
小学生の男の子がおりました。

「最近の子供は表情が少ないと聞いていたが……」
などと、ほんのり憂いてみたのですけども……

よく考えると、今のチビッコはファミコンを知らないのです。

"なまはげ"役の男性(30代〜40代くらいでしょうか?)にとっては
テレビゲームといえば当然「ファミコン」。
しかし小学生の彼には
「ファミコン」が何を意味するのかが判りません。

その後も"なまはげ"は
「ファミコンばっかりやってるんじゃないのか〜」
と執拗に迫っていたのですが、終始 少年は困惑顔。

そんな"なまはげ"が痛々しくて、
誰ぞ止めたれよ、とテレビの前で手に汗握ってみたものの
状況が変わるわけもなく。結局フェイドアウト。
おそらく、その場のテレビスタッフさん達も、
現代の子供に「ファミコン」という単語が通じない
なんてことには気づいていなかったんだろうなぁ。


僕と同年代(20代半ば)でゲームに全く興味のない人が
「ドリームキャスト」と聞いても
それがゲーム機の名前だとはわからない。

などといった「予備知識の無さ」とはまた違うのでしょうね。
この「存在認識の無さ」は。
ファミコンが生きていた時代に生まれていない子供達。
なんだか不思議な感じがします……。

僕の中にも「テレビゲーム=ファミコン」という感覚が
ありますからね〜。3歩譲ってスーパーファミコンだよな。
(セガっ子ではなかったものですから。)
これがジェネレーションギャップ!
自分が急に老け込んだような気持ちになりました。


そういえばGBAで、ファミコンソフトの
復刻版がリリースされるみたいですね。
ターゲットとなる購買層は我々大人なのでしょうが、
今の子供達にこそ、遊んで欲しいなーと思いました。
もちろん、現代のゲームも面白いんですが、
昔のゲームだって負けてないぞ!、と。

ふと振り返ると、「サイキックフォース」は1996年のゲームです。
今年は2004年。8年前です。

2010年まであと6年

という事実に焦りを感じるのは僕だけでしょうか……。

▲上に戻る

2004.2.4 [Wed] ファントム・ブレイブ

ネット通販で限定版を予約していたのですが、
発売日(1/21)をすっかり忘れていたので
体がこのゲームをプレイする準備をしておらず、
(頭の切り替えが出来ていないっていうか……。)
到着してしばらく経つ現在も、未開封のまま
箱に収まっています。

前評判は高かったし、雑誌の評価も上々のようだし、
ネット上の掲示板でも皆さん楽しそうなので
やりはじめたら流れに乗れるのかなーと
思っては いるのですが……
ターン制じゃないSLGって、苦手なんですよね〜。

初めてプレイしたW・SLGが「ファイアーエムブレム」で、
その後シリーズ作をやり続けていたし、
他の作品を遊ぶにしても、ターン制を採用している
ゲームがほとんどだったので
(「スーパーロボット大戦」「ブラックマトリクス」
「魔界戦記ディスガイア」「リトルマスター」とか?)
敵味方入り乱れての戦闘というのに不慣れ……
つーか、頭悪いから先読みしきれないんですね。

「ファイナルファンタジータクティクスアドバンス」(長!!)
では死に目を見ましたよ。
まぁ、このソフトの場合は戦闘不能になっても
特にペナルティがないので、ゴリ押しでクリアしましたが。
ん、「FFTA」の話はまぁ、いいや。
(別に嫌いなわけではないのですが。)

「ファントム・ブレイブ」はシステムが独特らしいので
ターンに拘らない、というのもコダワリのひとつ
なのだろうと思っております。
が、やっぱり、慣れるには時間がかかりそうです。
ううん……、まぁ、そのうち遊びます。

気になることがひとつ。
webショップで普通に予約して購入したので、
特典CDも当然、新品未開封品のはずですが、
ケースの中に誰のものとも知れない毛が3本入っている……。

今後要らなくなってオークションに出品しようにも、
「未開封品って言ったのに、毛が入ってるじゃない!」
と、クレームが付きそうで出せません。どうしろというのか……。
まぁ、交換してもらうのも面倒なので放置してますけどね。
内容的にもインターネットラジオの再録なので
敢えて聴く必要なし★ 記念にとっておきますか。

▲上に戻る

2004.2.5 [Thu] 日記改革。

仰々しいタイトルを付けてみましたが、大したことありません。
実は今、日記にCGIを導入すべきか迷っているのです。

現在のこの日記は、ご覧のとおり、
テーブルを組み合わせただけの普通のHTMLページなのですが、
週が変わるたびにページを複製して、リンクを修正して、
新たなテーブルを付け足して、
月が替わると さらに日記目次の移動・修正も加わって、
色の組み合わせを考えて……

という地味〜な更新作業を行わねばならず、
その作業時間がもったいないなぁ、と感じるようになってきたのです。
(単純に「面倒くさい」、というのが本音ですが。)

あとは携帯電話からの閲覧に対応したい、という
目論見もあります。
同じ内容のHTMLページをパソコン用・携帯電話用と
2種作るのは、手間の面からも有益ではないので、
(ましてや日々流れてゆく日記。そこまでするモノでもない。)
機種判定の部分もふくめて、日記CGIを
利用するのが一番手っ取り早いのではないか、と思ったのです。

レンタルCGIだと広告が入ってしまう&ログを取るのが厄介そう
(自動的に消えるものが多いみたいですし。)
なので、フリーのCGIをいろいろ物色中です。
一応、コレを使わせてもらおうかな?という
目星は付いているのですけどね。

今流行のウェブログに参加するという手もあるな、とも
思ったのですが……結局ただの日記になってしまいそうなので、
自分のネットスキルを上げてから挑戦しようと思います。

ウェブログではトラックバックというシステムが魅力的です。個人的に。
各記事が連動しているのが判りやすいというのが便利っぽい。
まぁ、サイキックフォースを取り扱ったウェブログはなさそうですけど。
(じゃあ意味ないね!)

ちょっと論点がズレるかもしれませんが、
日記で他のサイトの内容を引用するときなどには、
同文中で元のサイトにリンクして、出元を明確にしておくのが
マナーじゃないかな?と思っているので、
最初からその要素が用意してあるのは良心的かも、と感じるのです。

とは言っても、実際どのくらいの人が
トラックバックを活用しているのかは不明。
時間があればウェブログ巡りで調査したいところです。

ま、「日記」と名乗るからには
ネタは自分の日常から練りだすのが一番ですな。
他人のふんどしで相撲を取るのが大好きな
僕が言うのもどうかと思いますが。

▲上に戻る

2004.2.8 [Sun] CGI設置完了。

本格導入は3月からにしようと思っています。
日記目次の都合上、今開始すると2月分が途切れて
中途半端になってしまいますので。
今回お借りしたCGIは、正確には「日記CGI」ではなく、
「日記用HTMLページ自動作成CGI」です。
CGIから文章を打ち込むと、
用意しておいたテンプレートに文字を代入して、
公開用のHTMLページを作ってくれる、というモノ。
携帯電話からも随分見やすくなったと思います。
よろしければ覗いてみてやって下さいね。(3月になったら。)

それにしても、世の中には便利なアイデアを
プログラミングという形で実現出来る方がいらっしゃるのですねー。
スゲー。←自分の頭の悪さが露呈。


尚、テンプレートページは今ご覧になっている
このページと同じような状態にしておきました。
CGI導入後もさほど違和感なくご覧いただけるのではないか
と思っております。

しかし、ページごとのリンクについては
CGIの自動作成機能で作りきれないので、
若干、使いづらくなってしまったかもしれません。

作成後に自分でHTMLソースを修正することはもちろん可能
なんですが、それじゃあ自動作成にした意味がないですからね〜。
フレームページにすればもうちょっと見やすく、というか
バックナンバーの閲覧がしやすくなるのでは……
とも思っているのですが、

「フレーム大っ嫌い! フレームがあるなら見ない!!」

といったご意見も多々あるようなので、今回は保留です。
web業界でもアンチフレームな流れに、という噂も
耳にしましたが……本当かなぁ?

上手に使うと便利でカッコイイページに出来る
みたいですし、その内 当サイトにも導入したいのですが。
ご覧になってらっしゃる皆様的にはいかがなものでしょうか。
やっぱり、お嫌でしょうか、フレームページ。

つーか、フレーム以前にトップを改装して、
サイトマップを作らなければですよ。
デザイン的にも もっと統一感を持たせたいし……。
やることは沢山あるのに、時間が足りないよー。

▲上に戻る

2004.2.9 [Mon] 頭の可哀想な人。

俺だ。

ふと、思ったのです。

現在のネット上に奴はどれくらい存在しているのだろうと。


思い立ったが吉日。

やりたいときが したいとき。(ちょっと違うな。)

地道に検索&リンクを辿りまくること6時間。


う。

結構、あるものなのね……。

軽く鬱。

途中でメンドくさくなって、カウントするのは やめました。


現在も活発に「PSY.F」で活動されているサイト、となると
かなり限られてくるのですが、
コンテンツのひとつとしてPSY.Fの二次創作物が残されているところ
というのは それなりにあるみたいですな。

最終更新の時期は古いものでも、
僕にとっては初めて拝見するサイトも多く、
他人様の描かれるPSY.Fキャラを沢山見ることが出来た
(もちろん奴に限った話ではない。)
という点に関しては素直に嬉しかったです。

全盛期ならもっともっと沢山の作品を拝めたのだろうなー。
閉鎖されてしまったサイトが惜しまれます。
あの頃に帰り……たくはないけど、ホントに、惜しいことした。

それにしても、サイト自体は無くなっているけど、
画像ファイルだけが残っている状態 というのは一体どうしたんだろう。
(検索に画像本体だけが掛かってくるのがいくつかあったのですよ。)
消し忘れ?
それともデータ置き場なんだろうか。

道路脇で片方だけの靴下(靴でもいいや。)を見つけた時
のような気持ちになりました。

って、田舎の人間にしかわかんない例えだな!

▲上に戻る

2004.2.10 [Tue] 昨日の後遺症。

イカン。すこぶる調子が悪いです。
胃液がグツグツ言っています。精神的食あたりだな、こりゃ。
ぅうおおぇぇぇ……。←汚ない。

つーか、俺!
PSY.F関連事による心の動きが体に影響し過ぎ!
この もやしっ子め!!

明日までには元気になりたい。

▲上に戻る

2004.2.11 [Wed] 2月4日は「ぷよの日」でした。

日本記念日協会にも認定されていたはずです。
当時はコンパイルさんがこんなことになるとは
思ってもいなかっただろうに。嗚呼。

店頭告知で知ったのですが、PS2版・2月4日発売の後は、
2月24日、3月24日、4月24日と多機種版が続々発売になるのですね。
昔の僕なら、全部購入していたのだろうなー。
対象は変わっても、収集癖は相変わらずです……。

遅ればせながら「ぷよぷよフィーバー」PS2版を購入しました。
略称は『ぷィーバー』じゃなかったよ。
『ぷよフィーバー』らしいです。って当たり前だっての。

ゲームスタートのSEが今までのシリーズと共通していてなんだか安心
と思ったのもつかの間。やってみて愕然。
以下、個人的な苦言を書いてみたいと思います。

あ、過去にコンパイル製の「ぷよぷよ」が好きだった人間の
言うことなので、参考にはなさらないで下さいね。(意味無いな。)

----------------

その1:"ぷよ"が何か違う。

今作のウリのひとつに、ぷよぷよ(丸くていろんな色のモンスターね。)の
「ぷよ感」がアップ!というのがあったはず。
たしかに、ぷよっとした感じは上昇している。
なんかもう、無駄にぷるぷるしています。
けど、色彩がメタリックなスライムみたいで、
個人的にはちょっと違うなー、という印象を受けました。
透明感が全然ないんだもん。僕の青ぷよを返せー!(?)

ついでにいうと、常時ぷよんぷよん動いているため、
目が疲れます。ドライアイになる〜。

その2:連鎖アニメーションがウザい。

多分オプションでオフに出来るんだとは思うけど……。
アニメしている間は画面全体のぷよの並びを
見られなくなるから、「連鎖終了後の状況」を
把握するのがワンテンポ遅れてしまう(ような気がする)。
目のやり場に迷うっていうか、
次どこに置くんだったっけ、って感じ。

それとも何かい? 連鎖終了後の状況など、
連鎖開始の段階で予想しておけ と言うのかい?
無理!(俺には。)

その3:せっかくの可愛いキャラなのに……

デモシーンのイラスト、ちっさ!!(小さい。)
バストアップにするとか、
今までの「ぷよぷよ」シリーズのように
台詞は吹き出しにするとか、なんかもうちょっと良い
見せ方があるんじゃなかろうか。もったいないです。
テキストスペースをあんなに広く下部に固定した
意図がわからない……。シンプルすぎでは?

その4:3個ぷよ・4個ぷよが嫌。

用意していた連鎖の基盤が総崩れです。
消えなくていいものまで巻き込んで消えます。
まぁ、3個・4個ぷよの存在を想定して連鎖を組まない
自分も悪いんですけど〜。

全部が3個ぷよモード、とかなら、違うゲームと
割り切って対処しようという気にもなるけれど、
時々混ざってる、っていうのが厄介なんだよなー。

その5:キャラ性能の差がイタイ。

フィーバーモードにキャラ差があるのはいいとして、
落ちてくる ぷよの種類に差があるのはどうかと思うんですけども。
落ちモノパズルにおける「落下物」は双方同じであることで
公平を保つんじゃないのかい。

説明書を読んだところ、3個ぷよ、4個ぷよの
出現割合が多いキャラ、というのがいたはず。
ってことは、通常のキャラより短時間で
フィールドに多数のぷよを送り込めるってコトでは?
特にvsカーバンクル戦は相手の連鎖完成速度がやたら早かった
……ような気がする。
ハッキリとした性能は判らないので、あまり強くは言えないのですけど。

その6:フィーバー遅出し最強伝説。

相手が大連鎖を発動するのを待って、
連続の小連鎖でおもむろに相殺し、
フィーバーモードに入ってから一気に押し返す。
というのが基本攻略法でしょうか……?

CPUは全キャラそれで乗り切っちゃったよ。
こちらからの速攻勝負が出来なくなったのが
いいやら悪いやらです。
逆に相殺されてフィーバーに入られると厄介なんだもの。
特に後半。その連鎖ダネはありえないって、マジで。
自力じゃない連鎖に押し負けるのって、屈辱だな……。

----------------

以上、戯言でした! 失礼しました。
もちろん悪いところばかりではないですよ。念のため。

新要素の3・4個ぷよに関しては、
慣れれば活用できるようになるのでしょう。
そういうものだと思えるようになるまでやるべし、ということで解決。
(なげやり。)

フィーバーモードは手軽に大連鎖を味わえて、
確かに気持ちがいいです。
「SUN」の太陽ぷよ よりは逆転させやすそうだし。
視覚的にも楽しいし。(でもやっぱり連鎖アニメは要らないよ〜。)

相殺している間(常時)はおじゃまぷよが降って来ない、
というのはいい感じかも。
大連鎖を食らっても、1連鎖で相殺、相殺、相殺……フィーバー!
で乗り切るということも不可能ではなさそう。
この点では初心者さんにも安心?
(しかしまぁ、極論の「真の初心者vs上級者戦」なら、
相殺させる間を与えない速攻大連鎖で終わっちゃうんだろうけどね。)

相殺を意識しなくてはならない都合上、
「相手のフィールド状況を見ておかなければならない」という要素が
今まで以上に強化されましたね。
「起爆点は高いところに置くべし」、の重要性も再確認しました。
CPUは型にハメて倒してしまいましたが、
人vs人だったら連鎖の出し時で駆け引きができるから
グッと面白くなるんじゃないでしょうか?
ただし、実力が拮抗すると すっごい長引きそうだけど。
集中力を保てた方が勝てるという『神経衰弱』ゲームですな!
(文字通り。)

ま、多少変わったところがあっても
基本は「ぷよぷよ」ですから、それなりに楽しいです。
新要素が不要ならオプションで切って「通」ルールで
遊べば良いわけですし。総合的な感想としては満足しています。
……売っちゃいましたけどね。(おいっ!!)
4,450円で購入したものを、3100円で買い取ってもらえました。
あ、そうだもう1個、残念な点が。

その7:アルルとカーバンクルの声

昔の声に慣れているせいか、すごい違和感です。
(アミティとアルルはキャラが被っているし。)
てゆーか、ツッコミじゃないアルルさんなんて!! ばよえ〜ん!

それにしても「通」は偉大だー。
アレでひとつの完成形だったのでしょうね〜。

▲上に戻る

2004.2.12 [Thu] 巡るもの。

先日……つーても結構前ですが、
サイキックフォース関連物を大量に出品された方がおられたので、
これ幸い、とまとめて落札させて頂きました。
(何点かは、例の体調不良に重なり、落札し損ねてしまいましたけど。)
その出品者さんも「以前オークションでまとめて入手したものです」
とのことでした。

落札したモノは主に紙媒体。
特に欲しかったのが「サイクッキー 和風味」の包装紙。

先に発売になっていた洋風味(?)は、
当時の文通相手の方が送ってくださったので保存してあるのですが、
(包装紙をね。)「和風味」のほうは正直味に不安があり、
自分で買おうとしなかったために入手し損ねてしまったのです。
(ちなみに個包装のヤツも買ってません。)

『お菓子の包み紙』というモノがモノだけに
不要になったら捨ててしまう人の方が多いことでしょう。
もう手に入ることはないだろう、と諦めていたところの
出品だったこともあり、入手できて本当に嬉しいです。
元の持ち主の方々が捨てないでいてくれて助かりました。

ありがとうございます! ありがとうございます!!
(聞こえないと思うけど。)

僕の前にPSY.F関連物を集めている方が居て、
その人が手に入れる前にも、別の人がコレクションしていて。
流れ流れて、僕のところに来たんだなぁ……。
などと感慨に耽ってしまいました。

いつか僕もこれらの物品を手放すときが来るのでしょうか。
その時はまた、PSY.Fを好きな誰かが受け取ってくれるのでしょうか。

てなことを友人に話したら、
「そんな日は来ないと思う」、と笑われました。

▲上に戻る

2004.2.13 [Fri] ポプンムゼーク。

「pop'n music」を何か風に発音してみました。


「ザ・プレイステーション2」2004年2/20号(Vol.370)で
PS2版「pop'n9」の特集が組まれていたので買ってみました。
音楽CDが付いている、というのが釣られた理由です。オマケに弱い僕。
つーても、多分聴かないで終わるのでしょうが。

ちなみに「pop'n9」は早々にネット通販で予約してあります。
でもハマってない。ハマってないぞー。(嘘クサい。けど本当。)

スタッフインタビューを見たところ、
今回のサウンドディレクターは水野氏なのだそうで。
ちょっと嬉しい。好きなんです、水野氏の楽曲。
キャラクターに入れ込んだり、「pop'n」シリーズで同人をやろうしたり、
などの感情は今のところ全くないのですけれど、
水野氏の曲が好きなおかげで、
その曲を担当しているキャラには若干好意的であったりします。

ていうか、スミレがね。
「6」で初めて出てきたときにはアレな意味で衝撃的でした。
なんですか、あのあざといデザイン!
ゲーム中のアニメーションも力入れすぎ!!
勝利ポーズも あからさまにネタを振っているし!
「6」のゲームディスクもスミレ1色だし!

スタッフさんの愛情こもりすぎです。
もしくは『萌えキャラ』狙いすぎ。14歳だしな。←?
ちなみに1Pカラー選択主義者の僕なのに、
スミレに限っては2Pカラーを使用しています。

何故なら、青いから。
「スゴーイ! 青ーい!! 超・青ーい!!」と大興奮でした。←?

睦月は、「7」は好きですが……「8」はちょっと……。
楽曲が大好きなだけに、地味にショックでしたよ。
貴様にスミレはやらん!!
……全国のカップリング大好きっ子さんを敵に回すつもりか。

るり も好きです。アゲハはそうでもないな。何でだろ。
描き手さんが違うからとか? そのあたりはよく判らないのですが。


しかし、今回「ザ・プレ」(笑)を購入して個人的目玉だった記事は
i-mode版「pop'n」の画面写真です。

「SCI-FI」が!!!?(68ページ下部)

ああああ。急に505iSが欲しくなってきました。
お金さえあるなら今すぐ機種変更しに行く勢いです。
僕は村井 聖夜氏のファンなのです。
サービス精神旺盛かつ、洗練されたメロディラインにゾッコンラブなのです!
(アホっぽく。)

だって、僕はキーマニだから!

▲上に戻る

2004.2.14 [Sat] キーマニ。

コナミさんの音楽シミュレーションゲーム、
「KEYBOARD MANIA」の略です。

キースマニアの略みたいで、ちょっと恥ずかしい。


えー。2月14日ですね。キースの誕生日であります。
企画まがいに、http://psychic.incoming.jp/column/q.100/q.100.In.html>「キース好きに30の質問」に回答させて頂きましたので、
お時間のある方はご覧下さいませね。最悪ですが。

当サイト掲示板で、「キースの誕生日なんて忘れそうだよー」と
言っていたのは、一応、ネタのつもりでした。
何だかんだ言っても彼もPSY.Fのキャラですから、
誕生日を忘れるはずなど ありはしないだろうと。


今日に目掛けて回答を公開すべく2月頭からページを用意しておいたのに、
本日アップロードするのを、素で忘れるところでした。



って、マジかよ。

今日の日記タイトルも、普通に「ギブ・ミー・チョコレート!!」とか
書こうとしていました。
13日分の日記のアップロードも本日行っているのですが、
そちらで村井氏の話を持ち出したためにようやく思い出したという……。

だから『キーマニ』なのです。
ありがとう、村井さん。(感謝のポイントはそこなのか?)

▲上に戻る

2004.2.15 [Sun] ネットサーフィン。 (死語)

昨日はキースの誕生日、ということで、
キース中心ファンサイトさんなら何か催してらっしゃるだろうか
と淡い期待を抱きつつネット上を駆け巡ってみたのですが、
企画云々の前に活動停止、更新休止しているとか、
そもそもサイト自体が既にないとか、
なんというか かんというか、そんな感じでかなりブルーになりました。

それでもバーキーイラストを何点か発見できたのですけどね。
根強い人気だー。
コミケのサークルカットがバーンとキースばっかりというのも当然だよなー。


あちこちのサイトのリンクページを駆使して
サイキックフォースサイトを探すのですが リンク切れが大変多いので、
自分用も兼ねてPSY.Fサイトリンクページ・最新版(?)を
作ろうかなーと思いました。

しかしまず、サイトを探すのがキツそうだよ。
デッドリンクを見つけるたび、ヘコむんだよ。

あと、アレ。
僕の精神が持ちますように。ギャフン。

▲上に戻る

2004.2.16 [Mon] インターネット占い。

http://hamanasu.sakura.ne.jp/~yami/qandc/mtypecheck.html>萌えキャラタイプ&心理チェッカ

萌えタイプ&心理 (2004年2月15日9時49分49秒現在)

あなたは無表情タイプに萌える性質です!

タイプ別分析

心を閉ざした子やミステリアスな子にひかれるタイプですね。
心の傷を持ってたり悲惨な過去をもっていたりする子を
癒してあげたいと思ってませんか?
統計的に見て実際の恋愛でもアグレッシブになれる心理のようです。

心理分析結果

気合・根性があれば現実の恋愛で一番成功しそうなタイプ。
割と積極的と思われる。



いっ、いやあああ! 当たってるかも!?
ラナさん然り、椛さん然り。
まぁ、「萌え」とはちょっと違うのですけれど。
(『学園トライアングル』と『もみじ』のキャラ。共にエロゲー……)

僕の「萌え属性」と言えば「眼鏡」だと思うのですが、
「眼鏡」で「無表情」なキャラとなるとあまり見かけないような。
眼鏡キャラには「眼鏡っ子」いう独自のキャラ立てがあるので、
混合技には向かないのかもしれないですね。(?)
って、こんなところで性癖暴露して、大丈夫か俺。
今後の立場が危うくなりそうだぞ

ん〜、そうね。
心を閉ざし、ミステリアスな雰囲気満点のカルロなんてどうだ。

キメ台詞は「こんなノアがあるから……」


ちなみに現実の女性なら明るくて話し上手な方が好きですよ。
何故なら、どっちかっつーと自分自身が「無表情系」だから。
しかも悪い意味で。さ・い・あ・く。

性格改善セミナーでも受けるべきかしら。

▲上に戻る

2004.2.17 [Tue] 妄想と現実の狭間。

サイトの冒頭でお知らせの通り、
近々トップとインデックス(メイン?)を統合致します。
その後は各コンテンツの移動・修正に入りますので、
突然見られないページに行き着いてしまった際には
「改装中のためか」と思って頂ければ幸いです。

再構築にあたり、「サイキックフォース保存会」の
サイト企画書を作りました。
頭の中に思い描いている目標や、コンテンツ企画、
階層図などを目に見える形で整理してみたのですが……

PSY.Fのファンになって約8年。
実現したいことも8年分。

おれ やること すごい いっぱい。
(何故 片言。)

ぬおー! 時間が全然足りません!
出来ることなら、一日中サイトいじりで過ごしたいくらいだ!!
それは無理な話ですが、
妥協はしたくないのでじっくり行きたいと思います。
つーても、あんまりノンビリもしていられないのですけど。
皆様の脳裏からPSY.Fが消えてからじゃあ手遅れですからなー。

とりあえず、「前のほうが見やすかったよ!」
と言われないような作りにしたい、と思っております……。

▲上に戻る

2004.2.18 [Wed] 積みゲー。

買ったけど、まだクリア(中には開封すら)していないゲーム。

  1. ブレスオブファイア4(PS):すでに●年間放置。
  2. ファントム・ブレイブ(PS2):いっそ完全攻略本を待とうかな。
  3. ヒカルの碁2(GBA):「1」はシンプルで良かったのに。
  4. ことばのパズル もじぴったん(GBA):難しいです……。
  5. パンツァードラグーン・オルタ(X-box):本体を持ってないよ。
  6. もみじ〜Happy Story〜(PC):全体的に何か微妙。
  7. 朝の来ない夜に抱かれて(PC):パッケージだけで満足。
  8. 魔法少女アイ壱plus弐(PC):パッケージだけで満足。その2。
最近気が付いたんですけど、
どうやら僕にはエロゲー(ギャルゲー)は向いていない模様。
テキストリーディングが主体なので、読んでいるうちに飽きてくるのです。
しかもパソコン画面で字を読むのって、疲れますねー。

ちなみに「空の浮動産」は無事クリアできました。
システム上、ゲームでしかこの世界は表現できないと判っているものの、
どうせなら書籍で読みたかったかも、と思ってしまいました。

ラストがあっけなさ過ぎることを除けば面白かったですよ。
「泣けません、萌えません、癒されません」
のキャッチコピーは伊達じゃないぜー。
不動産に関する法律に詳しかったらもっと楽しめたのかなぁ。

油断していたら明日は「pop'n9」の発売日です。
全曲出現させるまで、一気に ガーッ!! とやるので
上記の作品群はまたしばらく放置されることとなるでしょう……。

▲上に戻る

2004.2.19 [Thu] 調子に乗って特別版を

購入してしまった「pop'n9」。
箱、でかーい。置く場所なーい。
しかもV-レア サウンドトラック以外は不要だし。

今日は9時(21時)まで遊ぼう、と思っていたのに、
10時(22時)までやり過ごしてしまいました。
とりあえずデフォルトの曲は一通り触れたかな?

まだ、これだ!という曲には巡り会えていないのですが、
「9」はタブランベースとダークネス2と
「コンピューターおばあちゃん」があれば、それでいいです。

僕が初見でクリアできるのは、Lv.24が限界らしい。
これでもやり始めの頃に比べたら、随分マシになったんですよ。
何故か青ボタンと緑ボタンの色を逆だと思い込んでいて、
一桁台の曲すら満足に叩けませんでした。
いや〜、人間、やればできるもんだ。(でもショボッ!!)

それにしても……ギャンブラーZが面倒ですよ……。
新曲をサクサク遊ばせて欲しいです。
個人的には、前作の再収録は邪魔なだけなので。
(前作の時点でアホほど遊んでるから。)
ランキングパスワードのオフ機能も欲しかったなー。

▲上に戻る

2004.2.20 [Fri] 食指が……

全く動かない「pop'n9」。
新曲には目もくれず、好きな作家さんの曲だけで安定してます。
(いや新曲も、好きな作家さんの曲だけは好き、なんですが。)
思えば家庭用「3」「6」でも盛り上がらないプレイをしていたよなー。
3の倍数は僕の鬼門なのかもしれません。

遊びたい曲が限られてくるので、おまけ集めがシンドイです。
さすがにタブランベース・ダークネス2・おばあちゃんの
ヘヴィローテーションばかりじゃ飽きてきますし。
でも、他に(自分にとって)魅力的な曲がないんだもん!
せめてハイパーのレベルがもうちょっと低めだったら良かったのに。

雑誌記事によると「10」からの先行収録と、
eeモール曲も隠されているとか。

「SCI-FI」と「The Least 100sec」希望。
いっそ333秒で。(無理)

しかし、今回「SCI-FI」が入っていたら
家庭用の「10」が出たときにお買い得度が下がっちゃいますね。
やっぱり出し惜しみしておいてー。

「9」を遊んでいて気づいたのですが、
「ぷよフィーバー」で何か足りないなーと思ったら……
オートセーブがなかったんだよ!
リプレイデータの保存画面に誤魔化された!!

タイムアタック系のゲームじゃ今時標準装備でしょうに。
他の機種版には追加されていることを願います……。
しっかりしてくれ、セガさ〜ん!(甘えすぎ?)

▲上に戻る

2004.2.21 [Sat] エミリオの誕生日は

あまりいい思い出がありません。
愚痴になるだけなので多くは語りませんが。古傷を自ら抉る必要もあるまい。
さて、ここでクイズです。

問:0と1と2が並んでいるとドキドキする人
  だーれだ?

 ポク

 ポク

 ポク


 チーン!


答:俺。


「サイキックフォース2012」と
エミリオの誕生日・221日のおかげです。反射的にビクッてなります。(アホ)

普段の生活で今年を西暦で表記するときに、
何の迷いもなく2012年と書いてしまうのも俺です。
2、0、と来たら次は1、2に決まってるだろ!
常識だろ!! プンプン!!

その怒りは自分自身にぶつけるがいいよ。
(今時「プンプン」て、アンタ。)

提出文章を書く時には、「今年は2004年だ」、と
相当意識しながら書いています。
2000年から4年間も(2012年だと)思い続けているこの脳ミソは
はたしてどういう構造になっているのか?
頭蓋骨カチ割って覗いてみたくなります。
(別に、ただの脳だけどな。)

例えば自動車名のノアとかラドとか、
「キャラ名に似た単語に反応する」というのはよくある話ですが、

 タノウ トミオ (人名・敬称略)

に反応した自分を発見した時には、もう駄目だ、と思いました。

▲上に戻る

2004.2.22 [Sun] 切なさ乱れ打ち。Pert.2

「シンパシーLong」解除の前に
ハイパーだけが解除になっちゃったよう!!


地道にプレイし続けている「pop'n music9」(PS2版)。
当サイトは一応、PSY.Fサイトですので
このゲームを遊んでおられない方もいらっしゃることでしょう。

ちょっと判りづらい話題だと思いますので、簡単に説明致します。
ご存じの方は以下数行 読み飛ばしてくださって構いません。
(何か間違っていたら教えてくださいね。)

「pop'n9」にはギャンブラーZというRPG風スゴロクのような
ミニゲーム(ともちょっと違うんだけど。)がありまして、
そちらを進めてアイテムを手に入れることにより
最初から選択可能な楽曲以外に
隠し曲(シークレット曲)を選んで遊べるようになったり、
新たな要素が追加されたりします。

基本的にはアイテム1つ入手で1曲(要素)解除です。
全ての曲(要素)を集めるためには何度もプレイして
アイテムを集めてゆかなければなりません。
(このミニゲームをオプションでオフにすれば、プレイ時間に応じて
楽曲解除になるのだろうとは思いますが。)
1つの楽曲には「ノーマル」「ハイパー」「エクストラ」と
3段階(またはエクストラが存在しない2段階)の難易度が
用意されています。

通常、選択可能な曲は特に何の苦労もなく
好みの難易度を選んで遊ぶことができるのですが、
「ハイパー及びエクストラ譜面を遊ぶための条件を解除するアイテム」
を手に入れないと、難易度選択が不可能という曲もあるのです。

個人的には
「そんなん要らんから、さっさと新曲を解除しやがれ!」
と思ったりもするのですが、
焦らしのテクニックなのかなんなのか、
結構大量に用意されているようです……。
(難易度解除アイテムが。)


僕は「シンパシー」というジャンルの曲が大好きでして、
家庭用限定のこの曲を、それは狂ったように遊んでおりました。
新曲は無理でも、再収録くらいはあるといいな、と
期待していたのですが……。(この辺が えこヒイキだ。)

ギャンブラーZを進めていたら 何と!
その曲を担当しているキャラクター・スミレが
ボスキャラとして登場したではありませんか!

楽曲は「シンパシーLong」。
「6」の楽曲のロングバージョンです。
喜び勇んで譜面を見ると……ハイパーはともかく
オジャマ攻撃が激しすぎて、自力クリアは即・諦めました。

しかし流石は家庭用。
3回負ければ自動的に勝ったことになる親切設計です。
余裕で負ける俺。
アイテムゲット!! これで自由に遊べる!と思ったら。

「シンパシーLong」が解除になったのではなく、
『「シンパシーLong」のハイパー譜面を選べる』ようになっただけ。
(つまり楽曲自体は選択できない。)

ちっちゃいスミレ&クロミミ、可愛いかったなあ……。
などと萌えている場合ではありませんよ!
ギニャー! 生殺しとは、このことだーッ!

▲上に戻る

2004.2.23 [Mon] 降雪量50cm。

馬鹿じゃないの!? 2月に50cm? あり得ねえ。
12月くらいに大雪、というのならまだ納得できますが……。
そりゃあ犬(ミニチュアダックス)も腹を冷やして下痢になるさ。(関係ない。)
こンのぉぉ……
キィィィィィィィィーッス!!(子安バーンで。)

って、八つ当たりですが。
彼は氷使いであって雪ん子ではないしな。


玄関は埋まってしまっていたので、血気盛んに窓から飛び出しました。
こんなの いつ振りかね。高校生の時以来か?
今冬、あまり降っていなかった分を
慌てて降らせてみたのかなぁ。(誰が?)
いよいよ北海道の気候にもガタがきたのか。

で、車も見事に埋まっておりましたので、歩いて会社に行きました。
吹雪に揉まれながら てくてく歩いていると、
すれ違う小学生が「おはようございます」と挨拶してくれました。
それも一人だけじゃなくて、3人も。面識のない僕に対してですよ。

おそらく学校で「あいさつ運動」のようなものが行われているのでしょうが、
現代のチビッコでもそういう言いつけ(?)を素直に守っているんだー。
と思うと、なんだか ほのぼのしてしまいました。
世の中まだ捨てたモンじゃないのだなぁ、と。

その後の道中で出会った大人の人達は誰も挨拶してくれませんでした。
とは言っても、僕から言い出すことも出来なかったのですが。

「変な人だと思われてもアレだしな……。」

という考えが先に立ってしまい、言い出す勇気が出なかったのです。
こういうのが「大人になる」ということなんでしょうかね?
だとしたら、ちょっと寂しいことかもしれません……。

▲上に戻る

2004.2.24 [Tue] CSS。

当サイト掲示板にてカスケーディングスタイルシート
(以下CSS)の話題になったのですが、
そちらでの僕の発言が言葉足らず かつ 語弊を招いているので、
ここで補足させていただこうかと思います。

とは言っても、HTMLを齧り始めたばかりのヤツが
駄文を並べたのでは混乱を招きますし、
(あと単に恥をかきたくない……って、もう手遅れなんじゃ?)
既に無数に存在している
「webサイトに関して詳しく述べられている専門的なサイト」があるのに
畑違いの人間が出しゃばるのも無粋なので、
参考にさせていただいている有名どころのサイトさんへの
リンクをご用意させていただきました。
よろしければご覧下さいませ。というか是非ご覧あれ。

スタイルシート論争について
   (とほほのWWW入門様)

のけぞる本(じゃない)-
  スタイルシート論争について について
   (HTML鳩丸倶楽部様)

いかがでしょうか?
双方とも言葉遣いは丁寧なのですが、なかなか攻撃的な文章ですね。
小心者の僕などは思わず涙目になってしまいました。(泣くな。)

僕はこの「サイキックフォース保存会」を構築するために
HTML他、Webサイトを作成するための要素を勉強中です。

当サイトは確かに「自分の欲望を満たすための存在」ではありますが、
他の方に見ていただけないようなサイトでは意味がありません。
「サイキックフォースを自分なりに保存したい」という一番の欲求を
満たせなくなってしまうからです。

多くの方に正しく、美しい形でご覧になっていただきたい。
そのためには可能な限り正しい知識を持ち、より適切な表現を心がけたい。
世の流れがCSSを主流とする方向に進むのならば、
(そしてそれが明らな利点を持つというならば。)
当サイトとしては柔軟に取り入れようと思っております。

上記のご意見のどちらが正しい・正しくないの話ではございませんよ。
どうか誤解されませぬよう。
何に関しても言えることですが、人の言うことを鵜呑みにするのではなく、
自分の目的にあったものを自分の頭で考えて使用する。
そしてその際には人様の迷惑にならないように心がける、というのが
大切なのだな、と思いました。


……あれ、やっぱり何か中途半端ですね。はしょりすぎた?
つーか、結論を書き忘れた小論文みたいだな。←最悪じゃないか。
刺激的な文章を読んだあとは、何を書いても駄目になるなあ。
いい加減「初心者」を言い訳するのは止めねば。

<追伸>
『「ホームページ」という言葉を「ホームページ」の意味で使うのは
もちろん構わないと思います。ただ、それがホーム以外のページに
適用されると、いらぬ混乱を招くおそれがあります。
たとえば、「Yahoo! をホームページにしたら?」と言ったとき、
ブラウザ起動時に Yahoo! が表示されるように、という主旨が
伝わらなくなってしまうかもしれません。
ホーム以外のページを「ホームページ」と呼ぶのは間違いであり、
そのように呼ぶべきではない、と言う主張には根拠も合理性もあると
思いますから、私はそのような主張を尊重しています。』

『(ホームページを)HP と略すべきで無いという主張がなされる
最大の理由は、「根拠がないから」ではありません。
あるネットワーカーは「Hewlett-Packard社」に対して敬意を払っています。
また別の人は、「HomePage を HP と略されると不愉快だ」という人が
存在することを知っており、人に不快感を与えてでも略さなければ
ならないという理由が思いつかないのです。』

の行には僕も賛同致します。(あえて引用させていただきました。)
頭の硬い、古い人間と思って頂いて結構。
やはり無闇な略語と捻じ曲がった定説(?)は好きになれません……。

<言い訳>
僕の日記には<p></p>が使用されておりません。
何故かといいますと、メモ帳で下書きしたテキストデータを
GoLive上に移動するときに、改行部分全てに<p></p>が
自動挿入されてしまうからです。
(これはもう、ありがたいんだか、迷惑なんだか、ですな。)

挿入された<p></p>を一気に消すため、
空欄に置換する作業を行うのですが、
当然、本当に必要な<p></p>も一緒に消えてしまいます。
なので、<br>で代用するという苦肉の策を取ったのでした。
もしも意地悪なWebデザイナーさんに見つかったら
「悪い例」のネタにされること間違いなしですなー。

本当ならば1つ1つ直すべきなのです。
でも現在のような毎日のアホ日記でそれをやるのは……
め、メンドクサイ……。(最低)
もしも日記のバックナンバー集を作る機会を得たならば、
全編見直そうと思っております。

▲上に戻る

2004.2.25 [Wed] Tvh。(テレビ東京系)

ローカルなのか そうでもないのかよく判りませんが、
本日の「ド根性ガエル」(もう、何回目の再放送なのか不明。)は
ちょっと凄かったです。

ヒロイン・京子ちゃんに
「鼻クソちょうだーい!」と迫るヒロシと後輩。
女の子を壁際に追い詰め、男2人がかりで鼻クソを奪うなんて。
どんな萌えシチュだ。(萌えるシチュエーションの略。)

ちなみにこの回は、
カエル母子の人違い(ピョン吉だから蛙?)から始まって
鼻クソを通過し、子ガエルの成長物語に終わるのです。
たった15分の中に涙と笑いが……。
まぁ、一番泣いていたのは京子ちゃんですけども。


最近は「オタクのためのアニメ」ばかりで、
「子供のためのアニメ」というのが減ってしまったような気がします。
不景気のせい、かな?

▲上に戻る

2004.2.26 [Thu] ガンガンYG。

バカ売れらしいじゃないですか。
「鋼の錬金術師」の全員プレゼントがあるから?
それとも「ロトの紋章」の別冊付録が目玉なの?

かくいう僕は発売日のことすら記憶にありませんでした。
一応、立ち読みするつもりだったのですけど……
即日完売・品薄状態だそうで。夢潰えたりー。
(ちなみに「ハレグゥ」が読みたかっただけなんですが。)

この売れまくり情報を知ったのは、友人(「ロト紋」ファン。)からの
「もしも買ってたなら売ってくれ!」というメールのおかげだったりします。
彼に言われなかったら そのまま忘却の彼方でしたよ。
だって、PSY.Fじゃないんだもん。



で、お得意のネットオークションで探してみました。

うわぁ、いっぱいあるよー。
しかも同じ方(新規)が5冊も出してるー。

1800円で落札。チャリーン。

ちゃんと届くのかちょっぴり不安ですが、
出品者さんを信じてみたいと思います。


結果は、待て、次号!(?)

▲上に戻る

2004.2.27 [Fri] エロゲー回顧録。

高校生時代から購入していた美少女ゲーム雑誌
「パソコンパラダイス」を一斉処分しました。

読者参加ゲーム・「学園トライアングル」シリーズを
読むために講読を始めて以来、
なんとなく惰性で買い続けていたのですが、
今となっては読者参加にチャレンジするわけでもなく、
興味のあるゲームがあるわけでもなく、
そろそろ潮時かなーと思い、見切りをつけることにしたのです。
置く場所もなくなってきましたしね。

捨てる前に軽く目を通すつもりだったのですが、
あまりにも懐かしすぎて投稿ページまで読み直してしまいました。
この頃はみーんな手書きですよ!(当たり前だけど。)
投稿者さんの中にはすでにプロとなり活躍されている方や、
投稿を通じて編集者になった方もおられます。
そんなことになるなんて、当時は思っておられなかったんだろうなぁ。

PC98全盛期の頃のCGは、少ない色数で
いかに原画を再現するかが技術の見せ所でしたよね。
16色CG……。今となっては考え難いですねー。

Windows95への移行期の各メーカーの動向も興味深かったです。
家庭用ゲーム機がSFCからPS・SSに移り変わった時に
ポリゴンを用いたソフトが乱発されたように、
3Dポリゴンエロゲーの先駆者が現れたりもしていました。
ヤ、ヤバイ。女体がカクカクしているよ……。
出しゃあいいってわけではないモノの筆頭だなぁ。

絵柄にもその時々で流行がありますね。
「同級生」シリーズがヒットしていた頃は、
竹井氏の絵を真似た原画がモリモリ見られます。
しかも真似具合が中途半端なので、見ているこっちが赤面します。

ヒットしていたアニメキャラをモデルにした、というか
パクッたキャラが登場するものもありました。
代表的なパクリどころは「エヴァンゲリオン」のレイやアスカとか、
「レイアース」の主人公3人とか、「サムライスピリッツ」のナコルルかな?

当時も思っておりましたが、こういうの、大丈夫だったんでしょうか。
さりげなくテイストを盛り込むのならまだしも、モロパクリ……。
今見直すと逆に笑えますけども。

長くなりました。明日に続きます。

▲上に戻る

2004.2.28 [Sat] 続・エロゲー回顧録。

昨日例に上げた“パクられタイトル陣”に比べると
あまりにもマイナーな「サイキックフォース」ですが、
セガサターン・ギャルゲーからパソコン・エロゲーへの
逆移植ソフト(珍しい。)、「6インチまいだーりん」では
登場キャラがウェンディー(っぽい)コスプレをしていました。

コスプレ癖を持たせるというキャラ立ては時々見かけますが、
題材にウェンディ−を持ってくるなんて、なんとマニアックな。(?)
ま、当時は同人人気に関してならば絶頂期にありましたからね。
……言ってて虚しいですが。

最近のエロ(ギャル)ゲーはみんな似たような絵柄になっちゃって、
どれが誰の絵だか区別が付きにくいです。
瞳の描き方がパターン化しているせいだと思うのですが
いかがなものでしょうか。(知らん。)
原画家のお名前を見て、「これとこれ、違う人が描いてたんだ!?」
と初めて気付かされることもしばしばです。
その点、昔は混沌としてますなー。何でもありですよ。良くも悪くも。

ストーリーに関しても、今のゲームは自分の手の届かないところに
逝ってしまっているので、ついてゆけません。
「泣ける」と評判の某ソフトを泣く気マンマンでプレイして(?)、
あまりの理不尽さに怒り狂って友人にもやらせた馬鹿はこの僕です。
も、萌え誘発ワードとか、ワザとらしくて苦手です……。

うー、雑誌は処分したので、次は積みゲーの消化ですよ。
「朝の来ない夜に抱かれて」と「魔法少女アイ壱Plus弐」と
「Fate/stay night」を順次プレイしてゆきたいと思います。

あ、「もみじ Happy Story」はクリアしました。
慣れたら結構面白かったです。でも、コンプリートするのは無理かも!
ここでプレイ日記を書くワケにもいかないのがエロゲーの辛いところ★

▲上に戻る

2004.2.29 [Sun] 心臓に悪い。

インフォメーションページに
自作便箋の紹介ページとコメントをつけたのですが、
改めて昔の自分の絵を見るのが辛くて、辛くて、
かなり あふあふしてしまいました。

へ、下手くそだ……。

今の絵と何か変わっているかというと、
実はそんなに変わってないような気もするのですが、
自分にだけわかる「変わった」ポイントがあるのだと思います
なんか、落ち着かないんだー。

ううん……。まぁ、今も昔も眼球が大きいのは直りませんね。
瞳を小さくしようと思って絵柄をいじったら余計気持ち悪い絵に
なってしまったので、矯正するのはもう諦めましたが。
本当は劇画調の絵が描けるようになりたいんですけどね……。
(無理。)

それはそうと、最初にコメントをつけた時には相当動揺していたらしく
誤字脱字や言葉遣いのおかしなところが沢山あったので、
先ほど(23:03)修正しておきました。一部直しきれなくてそのままですが。
まぁ、それも僕の歴史ということで。


便箋はまた作りたいです。
絵を目立たせつつ、文字を書くスペースを確実に取る、というのが
僕の便箋作成の上でのコダワリです。(なのですよ。判りづらいけど。)
時々見かける、どこに字を書けばいいのか判らないくらい
書くところの少ない同人便箋は嫌いです(笑)。
僕自身が長〜い手紙を書く奴なので、
便箋の枚数だけがどんどん増えてしまって郵送料がもったいないんですもん。

しかし、今から新しく作ったとしても、使って下さる方がおられないのは残念です。
僕自身もしばらく手紙を書いてないですしねー。
オフセット印刷だと在庫が怖いからコピーかなぁ。
ネット上からダウンロード、というのも今風でいいかもですね。

▲上に戻る